マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
メガトラベラーのルールおよび設定の確認をしていた(汗)
タイトル通りで…
久しぶりのゲームなのでルール・設定の確認をしていた。

いざシナリオを具体的に考え始めた時に、「あのルールどんなだったけ?」「この設定だとルール上どう処理すれば良いんだ?」といった疑問がいくつも浮かんだから。
戦闘ルールの確認も…メガトラルールの戦闘は結構面倒なのだ。

で、今回一番気になったのはS型偵察艦の扱い。
PCの一人が除隊恩典で保有していることになっている。
PC作成の時にも言ったし、このブログでも書いたが、S型偵察艦は一人で運用できる艦艇である…はずなのだ。
旧トラベラー(CT)ではそのように明記されていた。
私の記憶ではパイロット技能だけで運用できたような…
今回メガトラのルールを読み返してみたが…そんな記述はメガトラにはない(汗)。
ルール的には、おそらく一人でも運用できるのだろうがそれは最低でもパイロット技能とエンジニアリング技能を保有している場合に限られるようだ。
エンジニア技能がないとエンジンに点火出来ない(汗)。

で、CTを引っ張り出して再読。
一人で運用する際には、やはりパイロットとエンジニアリングが必要だった(汗)。
今回のPCでエンジニアリングを保有しているキャラクターはいない。
NPCを加えるという手もあるが、偵察局としても一人で運用不可能な局員に偵察艇を恩典として与えるとは思いがたい。
また、既に偵察艇を使用出来る前提でシナリオを作り始めている…
元偵察局員PCのスキルを一つエンジニアリングに書き換えて貰うか、あるいはプラスしてエンジニアリングを与えるべきだろうな…
プラスする、となると他のPCにも公平にスキルを一つ余分に与えた方がいいか…
この際技能修得表を振らせるべきかどうか(汗)。

色々考えたが、二つの選択肢をプレイヤーに与える事にしてみようかと。

選択肢1
元偵察局員PCが既に有しているスキルを保持し、プラス〈エンジニアリング-1〉とする場合。
他PCも経歴技能修得表から獲得可能なスキルを一つ、ダイスで判定して獲得。

選択肢2
元偵察局員プレイヤーが保持しているスキルの一つを〈エンジニアリング-1〉に書き換える場合
他PCも同様にスキルの書き換えを行う。
ただし、技能修得表から獲得可能なものに限られる。

それとは別に各キャラともに趣味のスキルを0レベルで一つ与えようかと思っている。
これは出身世界のUWPによる制限を受けるものの、経歴による制限は受けないという前提で。

トラベラー、メガトラベラーのキャラクターって…
経歴システムでキャラ作るのは確かに楽しいのだが、場合によっては戦闘系技能ばかり保有していてキャラクターの性格とか嗜好が全く想像出来ない殺人マシンみたいなキャラクターが出来上がることがある(汗)。
今回も偵察局員キャラクターは宇宙船運用や機械メンテナンス系には有用なキャラだが、ひたすら輸送機器やメカが扱えますよ、ってキャラで精神的バックボーンが想像しづらい。
陸軍キャラも同様でひたすら戦闘技能、潜入工作の技能で人となりが見えてこないのだ。
そう言う意味では外交官の貴族はキャラが立ちまくっている(笑)。

他のPCはともかくこの貴族キャラだけは出身世界をはっきり決めておかなければならない。
外交官をやっていた、ということはおそらく爵位はまだ継承してはいないのだろう。
封土の経営や行政官としての仕事を考えれば、出身世界を離れる必要のある外交官などやってられるわけがない。
なので適当な世界(星系)を捜していた。
「研究基地ガンマ」付属の「スピンワードマーチ宙域」を読んでいたら・・・
ダイスを振って決めた出身世界の特徴に似通った星系がリジャイナ星域にあった。
ブーギーン。
A型宇宙港があり、TLはD。
ダイスで決めた大気は「濃厚」だったがここは「異種(腐食)」となっている。
しかし他に適当な星が見あたらなかったのでここに決めようかな、と思っていた。
が、とんでもない落とし穴が!

「研究基地ガンマ」の「スピンワードマーチ宙域」は第五次辺境戦争前の地図だ。
第五次辺境戦争終結後、帝国で反乱が起こるメガトラベラーでのUWPを見てみると…
なんと!
ゾダーン領になっていた(笑)。
2016.07.17追記:勘違いだった(汗)。
星系のヘクスナンバーを読み間違えていた。

…どうしたものか…
第五次辺境戦争前を舞台とするか…
実は少しばかりハードタイムズの時代を扱うのは厳しいのでは?と思い始めていた。
今回トラベラー初参加の方もいらっしゃるので。

少し考えてみよう。
関連記事

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック