マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
恐竜時代の鳥の羽根が琥珀に包まれた状態で発見される!
「ジュラシックパーク」なニュース。

恐竜時代の鳥の翼、琥珀の中でありのまま保存
白亜紀末に絶滅した鳥は、現代の鳥にそっくりの翼をもっていた
2016.07.01


以下引用。

 1億年近く前に生きた原始的な鳥の翼が、琥珀に閉じ込められた非常に保存の良い状態で見つかった。羽毛の重なり方、模様、色、配列など、現在の鳥類にそっくりの形態が、当時の鳥類にもすでに備わっていたことがわかる。

 科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」の6月28日号に論文が掲載された。白亜紀末期に絶滅した鳥類の系統、エナンティオルニス類のものである可能性が最も高いという。ナショナル ジオグラフィック協会もこの研究を支援している。(参考記事:「琥珀の中から新種の吸血バエ化石を発見」)

「我を忘れるほどの発見」

 恐竜の多くが羽毛に覆われていたという事実は1990年代から一般に浸透してきた。一方、当時の鳥の羽毛に関する手がかりは、これまでのところ、炭化・圧縮された化石に残る羽毛の痕跡や、琥珀の中で化石化した個々の羽毛くらいしかなかった。(参考記事:「驚きの恐竜展を開催、もはや鳥展、米NYで」)

 羽の痕跡からその並びがわかることもあるが、たいてい細部までは保存されていなかったし、色に関する情報が残っていることもまれだった。他方、琥珀に封入された1枚切りの羽毛では、その持ち主である動物までたどり着くことができなかった。

 今回、新たに見つかった翼のサンプルは2つ。それぞれ重さ1.6グラムと8.51グラムしかないが、骨の構造や羽毛群、軟部組織を備えている。論文の共著者で中国地質大学のリダ・シン氏によれば、動物の本体から抜け落ちたのではない羽毛が研究されるのは白亜紀のものとしては初めてという。

「琥珀内の羽毛を調べていて一番問題なのは、わずかな断片だったり、体から離れたものだったりして、どんな動物に生えていたのかが永遠にわからないことです」と語るのは、共著者の1人であり、カナダのロイヤルサスカチュワン博物館で無脊椎動物の古生物学を担当する学芸員、ライアン・マッケラー氏だ。「これほどのサンプルが見つかることはまずありません。我を忘れるほどの発見です」
後略。

画像もあるので是非リンク先を見て頂きたいのだが、素人目に見ても鳥の羽根、羽毛ではなく翼そのものにしか見えない。
最近ではすっかり鳥=恐竜の末裔、が周知されてきた。
全てではないが、鳥は恐竜の一部でもあったと言えるわけで。
わかっちゃいるけど、実際に現物を目にするとそれなりの感動がある。

樹液である琥珀に包まれて保存されている、ってのもロマンだよな。
まさに生命の神秘というか…
…樹液に溺れた鳥にとってはそんなこと言ってられないだろうが(汗)。

私が子供の頃にはゴジラのように直立型のティラノサウルスが、恐竜図鑑に描かれていたものだが現在の図鑑では上半身と長い尻尾を含んだ下半身それぞれを、後ろ脚を軸にしてバランスをとったティラノサウルスが描かれている。
尾の長いインコが止まり木にとまっているような。
うーん。
その時歴史は動いた、って感じだ。
前から言われていたことではあるが(笑)。

映画「ジュラシックパーク」では琥珀に閉じ込められた蚊から吸血された恐竜の血液のDNAを取り出していた。
この状態の翼なら、そのまま細胞核取り出せそうだが…無理なのかな?
「ジュラシックパーク」を再現しろ、と言っているわけではないが、技術的に可能なのかどうか興味がある。
マンモス再生計画とかもどうなったのかな?

そーいえば最近、ドイツの研究室でSTAP細胞が再現された、ということがニュースになっていた。
ただ、小保方氏の実験とは方法が異なる様である(対象となる細胞も)。
この琥珀に閉じ込められた翼からは無理だろうが、冷凍マンモスから生きた細胞が採取され、それを幹細胞に変異させる事が可能なら…マンモスをそのまま再生することも可能かも?とか素人見識で考えてしまう。
どーなんだろうな?

そーいえば藤子・F・不二雄氏の短編に「どことなくなんとなく」という作品があった。

どことなくなんとなく←ウィキペディア。

ちょびっと怖いお話しでもあった。
一種観念論的ストーリーでもあるのだが…どんでん返しもあったりして(汗)。



↑「どことなくなんとなく」収録短編集。
表題作「カンビュセスの籤」は初見で背筋が凍った。
怖ろしいまでの傑作!
ネタバレになるが、一言だけ「続きを読む」に書いておく><。
















藤子版「冷たい方程式」。
関連記事

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック