マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
ひとりっきりのラーメン屋
本日は夏物の衣類の買い物に出掛けていた。
買い物が一通り済んだらもう13時を回っていたので、昼食を摂ることにした。
ぶらぶらしているとココ壱を発見。
また隣にはラーメン屋が。
ココ壱はまたいつでも来れるし、と思いラーメン屋に入ってみることにした。
チェーン店ではなかったので。
結構大きなお店で客席スペースだけで20坪以上はありそうだった。
席数は50以上はあっただろう。
入店するが「いらっしゃいませ」というお言葉は頂けなかった。
お昼の時間を少し過ぎていたせいか、お客さんはちらほら。
窓際の明るい席に座ろうとすると…前の客の丼がそのまま残っている。
そのテーブルだけでなく、別のテーブルにも。
そんなテーブルが私が確認した限り三つはあった。
なんか変だぞ?と思い始めた。
結局一番奥の厨房に近いテーブルにつくことに。
メニューを見てみると…「人手不足のためセットメニューは平日のみ」と書かれていた。
バイトが急にやめたりしたのかな?と思ったが、席について数分まだ店員の姿を見ていないのだが…
やがて店主らしき男性が水を運んでくれ、オーダーする。
どうやらその人一人で切り盛りしているようだ。
前述したが、席数は50以上ある。
満席になったらとても彼だけでさばききれるはずがない。

程なくしてラーメンがやって来た。
味の方はまぁまぁである。
休憩がてらのつもりもあったので、食べ終わってからも10分ぐらいゆっくりさせて貰っていた。
席はたくさん空いているし。
そのお店に30分ぐらいいたと思うのだが、結局その人物以外のスタッフを見かけることはなかった。
帰り際にスタッフ募集の張り紙に気付いた。

あれだけのキャパのある店なら、満席の時には厨房に3人、ホールにも最低3人ぐらいは必要なんじゃないかなぁ。
立地は必ずしも悪くないはずだし、広いので家賃もそれなりだろう。
あれだけのキャパを活かすためにもスタッフは必要だと思うんだが…

何かトラブルがあって、アルバイト店員が一斉にやめたとかかなぁ、などと妄想を逞しくしていた(笑)。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック