マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
TRPG「ストームブリンガー」のルールブックが読みづらい
先々週から友人がGMしてくれる「ストームブリンガー」のキャラ作成をしたり、初回プレイをしたりしているのだが…
キャラ作成をした数日後、ルールブックを入手。
HJのボックス版「ストームブリンガー」と「エルリック!」は所有していたが、エンターブレイン社の「ストームブリンガー」は購入していなかった。
キャラ作成は既に済んでいたので、所持品を買っておこうと思っていた。
また今回のキャラは魔術師にしようと思っていたので、そのあたりのルールも確認しておきたかったのだ。
…ルールブックがものすごく読みにくいんですが(汗)。

関連のあるルールがあちこちに散らばっていたり、誤植が多すぎる。
落丁までは行かないが、ページの最後の行が完結していないまま続きがなかったり。
元々の文章が良くない部分もあるのだろうが、日本語版の編集がこれまたよろしくない感じ。
旧版を確認したりで、なんとなく意味はわかるのだがちょっと問題のあるルールブックだ。

ダガーの基本成功率が24%ってのもなんだか納得が行かない。
他の武器は全て5%刻みになっているのに…誤植かな?
基本同じルールである旧版「エルリック!」では25%になっている。
誤植だろうな(笑)。
ちなみに翻訳は「エルリック!」がグループSNEの北川直氏、エンターブレイン版「ストームブリンガー」は同じくグループSNEの江川晃氏だ。
江川晃氏は確か旧版の「シャドウラン」の訳者じゃなかったかな。
HJボックス版の訳者は安田均氏となっている。
うーむ。

ゲームシステム的には(まだ全て読んでいないが)ボックス版の戦闘ルールが少し改定されている印象。
以前も少し書いたかもだが、ボックス版でプレイした際一回のセッションでシーアックスが何本も折れた、ってのが印象に残っているのだが、今回はそれはなさそう(汗)。
旧「ストームブリンガー」では戦闘中の攻撃側クリティカルヒットを受けた武器(楯)は必ず破壊されるルールになっていた。
また受けファンブルでも。
エンターブレイン版ではそれはなさそう。
RQ同様、武器に耐久力が設定されている。

今回INTとPOWの高いキャラだったので魔術師にしようと思っていたのだが、共通語しか使えない設定にしてしまったのは失敗だった。
混沌どっぷりというキャラではなく、もともと法の司祭なのだが混沌の柔軟性に触れて両者のバランスをとることを目的としているキャラ、という設定。
彼自身はまだ天秤の概念は知らない。

共通語で少しずつ魔術覚えるしかないな(笑)。
天秤を目指しているならそのぐらいで丁度いいのかもしれない。
デーモン召還してみたかったんだけど(笑)。





↑Amazonリンク。
「エルリック!」のイラストは以前も書いた韮澤靖氏。
「ストームブリンガー」は天野嘉孝氏だ。
韮澤氏の絵も嫌いではないが、天野氏の絵の方が好きかな。
HJボックス版も天野氏だが、流石にAmazonには出てないな…
もう30年ぐらい前の作品だもんなー。
関連記事

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム


コメント
どもお疲れ様です。
エンブレ版ひどいですね(笑)
「エルリック!」(HJボックス版も実質的に)翻訳者は北川氏ですが、誤植や乱調落丁はそれほど無かったような…。
特にボックス版は今と違ってルールや魔法がカテゴリに分けてまとまってましたので、チェックがしやすかったのかも? 明らかに見やすいですしね。

戦闘ルールはボックス版の豪快さ(というか荒くたさ)を懐かしむ人が多いようですが、新版は達人同士のチャンバラがうまく再現されてるのと、得物の距離のルールがいい感じで働いてるので、どちらかと言えばこちらの方が好みです。
まあ、デーモンウェポンとかを喰らったら大概死ぬのは変わらないようですが(笑)
2016/06/10(金) 19:05:13 | URL | @2c #SFo5/nok[ 編集 ]
Re: タイトルなし
乙です。

エンターブレイン版は、もうしょうがないかな…
面白い題材のゲームだとは思うのですが。

すみません、色々疲れてましてこの辺で(汗)。
2016/06/10(金) 23:46:07 | URL | マッドハッター #QxbLVY.o[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック