マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
「寂しくないですか?」と問われた(笑)。
今月の週末、自治体の某施設でワークショップイベントを行うことにしたのは以前も書いたと思う。
で、本日行ってきたわけだが。

先週はそれほど忙しくもなかったのだが、今日は忙しかった。
先週はGW明けの次の土日だったので、その反動があったのか?
正直よくわからない。
ただ、3家族ぐらいの知り合い同士と思えるグループの子供さん達(総勢10人ぐらい)が一気に押し寄せて一時はてんやわんや状態だった。
各自二つずつぐらい作っていかれたので、これだけでもそれなりの数になる。
彼らが去ったあとも参加者は絶えず、昼食を摂ったのは14時半ぐらいだったか?

ちょうどその頃、私が机を拡げている場所のすぐ横に別のグループが会議用長机を拡げてなにやらやっている。
3~4人ぐらいのスタッフと思える方々は、揃いの制服姿。
施設の関係者か?とも思ったのだが、少し様子が異なる。
遠間から簡単に挨拶ぐらいはした。

私が参加者に説明などしていると、そのスタッフのお一人の女性(おそらく私よりも年上)が興味深げに傍で見ている。
少し手すきになった時に話が出来た。

その方達もボランティアでワークショップをされているらしい。
施設内のものを使用し(通常入手しづらいアイテムもある。モンハン的な/笑)、切り絵の要領で来場者に絵を描いて貰う、という主旨らしい。
それはそれで面白いな、と思った。
で、その方達の正体?もわかった。
この施設に長年関わっているボランティア団体だ。
特に良くない印象があるわけではないのだが、私は団体に所属すると不自由になりそうな気がして今まで関わってこなかった。

女性の言に寄れば、絵を作ることだけで終わってしまう、とのこと。
それはそれでいいのじゃないか?と私は思ったのだが…それ以外に何を期待しているのか?正直よくわからなかった。
缶バッジ作りは初めて見たそうで、パーツの原価などを訊かれたりもした。
調べればすぐわかることなので、正直に答えたが(笑)。
「お金のないボランティア団体なので」とおっしゃっていたが、私も全て自費でやっている旨は伝えた。
というか施設側から素材の提供があるなら私よりも恵まれている。

「印刷物(テンプレートやポップのことだろう)とかも全て一人でやってらっしゃるんですか?」
と訊かれたので肯定したら…
タイトルのようなことを言われた(爆笑)。
「寂しくないですか?」と。

まさに「ハイ???」って感じだった。
自分一人で出来るように、出来るだけの事をしているだけである。
偶然、数日前にこのワークショップをしている理由を書いた。
ただそれが目的なだけである。
寂しいとかなんとかはそもそも関係無い。

「一人でやってると色々不便ではありますけどね」
程度で返したおいたが。
実際、お手洗いに行ったり(汗)忙しければ食事をとるのも難しかったりといった不便はある。

今日はGW並みに忙しかったのだが、帰り道その女性の言葉を考えていた。
その女性にとってボランティア活動とは、何かのコミュニティに参加すること、を意味しているのかも知れない。
人との出会いや、社会貢献しているという充足感が目的なのでは?と勘ぐってしまった。
特別非難することでもない。
それはそれでOKだろうと思う。

以前も書いたように、私には完全にボランティアのつもりはなくてそれなりの目的もある。
しかし、「子供達に郷土の思い出を作る」という、芯がなければやはりこんな事をやってはいなかっただろう。
同じ志を持つ同志がいなければならない、とはちっとも思わない。
コミュニケーションに関しては、対面する来場者・参加者とのコミュニケーションで満足だけどな。

良いとか悪いとかの問題ではないのだろうが、少しびっくりしてしまった。
自分のやっていることに同意してくれる人がいなければ、評価してくれる人がいなければ出来ない人っているのだろうな。
…そりゃ評価されれば嬉しいけどさ。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
まあ、余計なお世話ですよね(笑)ホットケ!て感じで。
こういうのは悪気がないのが逆に始末悪いですね
2016/05/22(日) 16:57:58 | URL | @2c #SFo5/nok[ 編集 ]
Re: タイトルなし
全くです(笑)。
ま~、私のやり方に共感出来なかったってことなんだと思いますが。
「一人でやるのは寂しいのじゃないか?」とその女性が考えたということは、彼女の価値基準はそこにあったのじゃないかと推測してみました。

今日も昨日ほどではなかったですが、忙しかったですよ。
子供達の笑顔を見るのは楽しい^^。
それだけでも価値ありますね。
2016/05/22(日) 21:46:01 | URL | マッドハッター #QxbLVY.o[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック