マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
ハリウッド版実写「ドラゴンボール・エボリューション」脚本家がファンに謝罪
「ドラゴンボール・エボリューション」は甥っ子に誘われて(笑)映画館に観に行った。
ひどい映画だった…ひどさでは日本実写映画「デビルマン」には及ばないが(汗)。

映画「ドラゴンボール・エボリューション」の脚本家がファンに謝罪

以下引用。

原作とは完全に別物ですものね。

テレビゲームやマンガなど、すでに大成功している作品をもとにハリウッド映画化すると……コケることが多いです。

マンガ「ドラゴンボール」を実写映画化した2009年の「ドラゴンボール・エボリューション」も、まるでその法則が発動したかのような作品でした。それはクリエイターの良心やキャリアにとっても痛手となるわけで、今でも後悔しているという脚本家がファンへ謝罪しています。

これは「ドラゴンボール」の大ファンにしてライターのデレック・パデューラさんが、執筆中の本のために「ドラゴンボール・エボリューション」の脚本を手がけたベン・ラムゼイさんにインタビューを行った時のもので、デレックさんのブログに掲載されました。

いつかこのような日が来るとは思っていました。「ドラゴンボール・エボリューション」は私のものづくりの人生にとって、非常に痛々しい楔を打ち込むことになりました。あのようなかたちで世界的に私の名が知られるのは、断腸の思いです。それに世界中から怒りと憎しみがつづられたメールが届くことにもまた、心を折られました。

私はこれまで何年もかけて責任から逃れようとしてきたのですが、最後の最後に言葉としてページに書かれたことで、ファンの皆さんをガッカリさせてしまった全責任を負うことにしたんです。これまで(良い物にしようと)全力を尽くしてきましたが、結局私は「ドラゴンボール」を失墜させてしまいました。

私は「ドラゴンボール」のファンとしてではなく、ビジネスマンが業務を請け負うかのように、この仕事で大金が支払われることに目がくらんでしまったのです。私はこのことから、創造的な仕事に情熱なく取り組んだ場合には、最低の結果が伴うこと、そして時として作品を薄っぺらいゴミにしてしまう副作用もあることを学びました。

そのため、私はこの責任を誰にもなすりつけず、自分自身のものとしていきます。他のシリーズのいちファンとして、もし自分が愛して楽しみにしている作品にガッカリさせられたら、どういう気持ちになるのかは良く理解しています。

世界にいる「ドラゴンボール」ファンの皆さんへ、心からお詫びします。

これを償うためには、わたしが情熱を注ぐことができ、なおかつ皆さんが好きになってくれる、それでいてすごくクールで娯楽性にあふれた作品を創ることだと考えています。いま私がやることはそれだけです。

こうして製作者が謝るのは珍しい例なだけでなく、お金に目がくらんだという告白はそれ以上に希少なものでしょう。それほど世界中にいる「ドラゴンボール」ファンたちを怒らせてしまった、そして駄作にしてしまった反省があるのだと考えられます。

とはいえ、「ドラゴンボール・エボリューション」がこれほど酷評されるのは脚本だけが原因ではありません。作品に対する愛情がない人を起用したスタジオやプロデューサーはもとより、映像を作る現場にいた監督などなど、もっといろいろな人たちがあーだこーだやった結果が本作なのです。

(C) 2008 Fox,Based on DRAGONBALL series by Akira.Toriyama. DRAGONBALL TM & (C) Bird Studio / Shueisha, Inc.


漫画の実写映画化に限らないが、製作者側が謝罪表明するってのはあまり例がないのではないかな、と?
あの映画の脚本書いて約5500万円の報酬だったそうで…
簡単なお仕事だな(笑)。

あの映画の失敗、ってか駄目なところをごく主観的に述べさせて貰うと…
まず原作を理解していない。
だから原作ファンが何を望んでいるのかわかっていない。
原作ファンを意識しないのなら(興行的にも)、原作付きでなくオリジナルでやれ!
…って、まぁこんなところだろうか。
脚本だけでなく舞台設定やキャラ設定の責任も大きいよなぁ。

結果として世界的ネームバリューのあるコンテンツだけに批判殺到した、ってことだろう。

「ドラゴンボール」の原作に関しては…
これまた20年以上前の作品ではあるが、わたしは好きだった。
今までもブログで何度かとりあげたが、私世代か私より少し若い世代には共有体験のあったコンテンツと言えるのじゃないだろうか。
そして時間差をおいて世界的に有名なコンテンツとなった。

そういう意味ではトールキンの「指輪物語(ロードオブザリング)」と同じだ。
「指輪」と漫画を比較するな!、と言われそうだが全世界にファンを持つ有名コンテンツという意味では同じだ。

映画「ロードオブザリング」では、原作ファンからの批判も勿論あったがそれほど大きな反発ではなかったと記憶している。
私も不満に思う部分はいくつかあるが…(以前も書いたので割愛するが)。
映画自体は楽しめた。
一番の問題は字幕翻訳者の戸田奈津子訳だったよーな(汗)。
いや、もう言うまい。

「ドラゴンボール・エボリューション」ではキャラクターの再解釈や舞台(世界観)が原作とはかけ離れすぎていて「どこがドラゴンボールなんだよ」って感じだった。
本当にオリジナルでやって欲しかった。
まぁ、いい歳して漫画の映画化なぞ観に行くな!って話でもあるんだが(笑)。






…再度言うが日本実写映画版「デビルマン」よりはましな映画だった。
関連記事

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック