マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
1000円札を捨て、5000円札をゲットした話
一昨日、昨日と店舗の前で「母の日のプチギフトにオリジナル缶バッジはいかが?」みたいなことをやっていた。
市の某施設ほど人通りは多くないので、参加者も少ない。
わかりきっていたことだが、お店の販促がてらやっていた。

昨日、1000円札で参加料をいただいた。
勿論そういうことは多いのだが、元々参加者は少ないだろうしと思ってお釣りはタッパーウェアに500円玉と100円玉しか入れていなかった。
いつもは手提げ金庫を持ち歩いているのだが。
10000円札とかで出されたら、店舗の金庫で両替すればよいし。
で、そのタッパーにはお札が入りにくそうだったのでお札はズボンのポケットにねじ込み、お釣りを渡した。

その後終了時間になって後始末をしていたのだが…
私にはその場のゴミをポケットに入れてしまう癖がある。
すぐ傍にゴミ箱が無い時には。
缶バッジワークショップでは、台紙の紙を丸くくりぬいた余白が出る。
あらかじめくりぬいた円形の台紙を渡せばいいようなものだが、それだと絵が狭っくるしくなりそうでいやだったのだ。
絵を描いて貰ってから(あるいはシールをレイアウトして貰ってから)切り抜くようにしている。
その時、昨日書いた某トラブルがあり切り抜いた台紙を取りあえずポケットに入れた。
で、紙ゴミとしてゴミ箱に捨ててしまった。

トラブルはたいした事は無く、帰宅している途中で「そーいえばポケットに入れた1000円札があったよな」と思い出した(汗)。
ゴミ箱を漁ると…出てきましたよ、1000円札(笑)。
まぁ、思い出して良かったのだが。

本日。
以前使っていたバッグの整理をしていた。
ジッパーが壊れてしまって、いきなり使えなくなった。
一応とりあえず必要なものは取り出して、別のバッグを使い始めたのだがお薬手帳は元のバッグに入ったままだった。
前回の目の診察の時、馴染みの薬局に薬を取りに行ったところ…
「お薬手帳を持参だと、少額だが割引がある」:とのこと。
へー、知らなかった。
どうやらこの4月から法改正?があったようだ。
例えば今回の熊本震災のような事があっても、服用していた薬の履歴がわかれば薬剤師は医師の診断が無くとも薬を出せるらしい。
そのための制度のようだ。
なるほど。
というわけで使えなくなったバッグから薬手帳を発掘(汗)し、貯まっていた薬の効能を書いたシールを貼付したりしていた。

その他大事なものは取り出したつもりだったのだが…
古いバッグの中を漁っていると、封筒が一枚。
なんだこれ?と思いつつ開いてみると樋口一葉さんが!
5000円札…
…これ何だったっけ?と思った。

表書きに何もなかったが…多分バルーンアート教室をした時の謝礼だろう。
90分のバルーンアート教室の謝礼がそのぐらいだから(実際は二時間ぐらい掛かるが)。
私がバッグにしまい込んでそのまま忘れてしまったんだな、多分。

少し得した気分である(笑)。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック