マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
暖かくなったんだなぁ
先日のこと。
ちと買い物に出掛けた。
缶バッジ関係で(汗)。
なにせ地方の不便な街なので、ちょっとした買い物をするにも車がなければバスや電車を使用しなければならない。
しかも本数が少ないときている。

近所の百均ショップには思うようなシールがないので、少し遠征することにしたのだ。
文具店も商品は少ないし、少々割高。
で、隣の市のダ○ソーへ行ってみる事に。
ここは以前行ったダイ○ーとは異なる。
電車だと駅からかなり歩かなければならない、またはバスにさらに乗り換えになるので、バスの路線を調べ「このバスなら近くに停まるだろう」と思えるバスに乗った。
…ちなみにネットで調べたのだが、バスの路線図ものすごくわかりにくかった。
最近更新されたらしいが、以前よりさらにわかりにくくなっていた。

休日だった為か、途中の停留所で女子中学生の一団が乗り込んできた。
私服で。
いや、中学校前のバス停だから中学生だと思ったのだが、ひょっとしたら小学生高学年だったのかもしれない。
五人連れで私の後の席(最後部座席)に一列に陣取る。
ぺちゃくちゃ他愛もないことを喋っているようで、車内がとたんに賑やかになった。
別段不愉快ではなかったが。

やがて私の目的地に近づいてきたが…どうやら私の思っていた路線とは違う経路のバスだったらしく、目的地をかなりオーバーしていた。
乗り過ごしたわけではなくて、私の目的地前を通らないバスだったのだ。
最初の目的地には1kmぐらい歩いて戻らなければならない。
それはまぁいいのだが。
某ショッピングモール前で下車することにした。
ついでにショッピングモール内にある百均ショップを先に見てみることに。
余裕があれば寄るつもりだったのだ。
私が席を立つそぶりを見せると、どうやら後の席の女の子達もここが目的地だったらしく鉢合わせした。
「どうぞ、お先に」と言う一人の少女。
…こんな事を言うとロ○コンだと思われてしまうかも知れないが、めちゃ可愛い女の子だった。
またその時初めて気付いたのだが、チュニック?にスパッツといったコーディネートだった。
最近の子供はおしゃれだなぁ。
「いや、両替しなければいけないから、お先にどうぞ」と譲った。
実は料金表を確認するのに私は時間が掛かるので、バスはいつも最後に降りることにしている。

バスを降りてから歩いていると、やはり目的地は同じらしくショッピングモール方面に少女達も向かっている。
途中に小さな川があるのだが、先ほどの少女が「きたな~い。生き物いないよね」みたいなことを言っていた。
通りすぎざまに「昔はこんなでっかい(30cmぐらいの)鯉がいたよ」と声を掛けた。
実際、私が子供の頃にはいたのだ。
親戚の家が近くにあったので、このあたりのことはよく知っている。
護岸工事をしてからドブ川になってしまったが…
特に少女達からの反応を期待していたわけではなかったが、やはり無かった(笑)。
まぁ、長髪髭のおっさんには警戒するべきだろう。

その後百均ショップでシールを探す。
大概玩具・事務用品売り場にあるのだが、ここにはなかった。
空振りか?と思ったら、シールはシールだけで別コーナーが設けられていた!
ちょうどいいサイズの仔猫キャラのシールなどが手に入って助かった。
また、デコパージュの素材なども販売していた。
以前から押し花をバッジに出来ないかな、と思っていたのだがそんな素材もある。
少し考えたが今回はパス。
取りあえずは五月の連休に向けて子供向けに考えてみることにする。
今回はネイルアート用のシールも購入してみた。
デコパージュ素材はまた時間のとれる講座ででも考えよう。

で、前置きが長くなったが暖かくなったんだなぁ、と感じたこと。
あいもののジャケットを着ていたのだが、やたらと暑かった(汗)。
文字通り汗をかく陽気だった。
また…女性の着こなしがあからさまに変化している。
日曜日だったから、ということもあるのだろうがミニスカートやホットパンツ(と、今でも言うのだろうか?)姿の女性が多くてびっくりした。
幼児を連れた若い母親らしい方もそんな格好だ。
いいのか?
いや、悪いわけではないが…
また脚を露わにした女性の姿を見ていると、日本人の身長というか脚の長さって長くなってるんじゃないだろーか?とごく主観的な感想ではあるが思った。

…ほんとに陽気の良い日だったので、涼しい格好で過ごしたかったのかなぁ。
少し眼の保養になった眼の毒だった。
関連記事

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック