マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
アメリカNASA、月面の宇宙人基地を核攻撃!?
な、ななな、なんとー(ピカゴロ、どっしゃ~~~ん!!)なニュース。

【衝撃】2009年10月、NASAは月面の宇宙人基地を核攻撃していた!? 真実をひた隠す米国の思惑とは?

以下抜粋引用。

前略この時は“真実”に気づくことはできなかった。だが先日、当時のライブ配信映像を切り取ったYouTube動画をたまたま目にした時、その“真実”を見抜き、それは確信に変わったことを自身のブログ「UFO Sightings Daily」で表明している。

「2009年にNASAが月面の宇宙人基地を核攻撃したことは、これまでのところひとつの仮説に過ぎなかったけれども、(この動画を見て)今、それが100%真実であることが証明できます」(スコット・ウェアリング氏)

 では、この動画のどこを見てウェアリング氏はアメリカ政府(NASA)が、月面宇宙人基地を核攻撃したと“100%”確信したのか。それはこの動画の3分59秒から4分4秒に登場する2人のエイムズ研究センターの科学者、アンソニー・コラプリート氏(奥、黒いシャツ)とカレン・ガンデイ・バーレット氏(手前、エンジ色のシャツ)の挙動である。この数秒の間、LROから送られてきた月面の画像を凝視している2人は同じタイミングで頭をかいているということだ。これはやはり、月面クレーター・カウベスに衝突したエルクロスがなぜ大爆発を起さないのか、そしてなぜ噴煙を巻き上げないのか「そんなバカな!」という感情に襲われているからであるという。そしてそもそもNASAが事前にこの瞬間を“一大スペクタクルになる”と吹聴していたのも、衝突するエルクロスには核弾頭が装備されており、月面でキノコ雲を立ち昇らせるほどの大爆発を起すことが“予定”されていたからだという。…
以下略。

…その「核攻撃」も宇宙人の科学力により無効化され、そのためオバマ大統領は翌年火星探査に切り替えたのだとか。
うーん。
核攻撃だと主張する根拠が薄弱なんだよな~。
Youtube動画で研究者二人が「大規模な爆発が起きなかったことに意外そうな反応を見せている」が根拠なのだ。
ニュースを全文読めばわかるがサスペンス映像になること(大規模な爆発が起こること?)は当初からNASAにより広報されていたこと。
それが起こらなかった…から、宇宙人基地への核攻撃ってのは少々飛躍しすぎではないか?
そもそもそこまで秘密裏にしておきたいなら、なぜライブ中継をしYoutubeで動画を流すのか、と。

エイリアンクラフトたるUFO、宇宙人の存在肯定論者ならではの主張のように思えて仕方がない。



↑問題の動画。

スコット・ウェアリング氏のサイト↓。

CONFIRMED! NASA Did Drop The Nuke In Oct 2009 On An Alien Base. April 2016, Video, UFO Sighting News.
関連記事

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック