マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
D&D5eキャンペーン、一段落
友人がDMしてくれているD&D5eのキャンペーンが取りあえずの第一部完。
DMおよびプレイヤーの皆様、お疲れ様でした^^。
私的にはPCが活躍も出来、とても楽しめるプレイになりました。

今回は3人プレイヤーでファイター、クレリック、ウィザード、プラスNPCローグというパーティー。
プレイヤーが3人ということで、どのクラスをNPC任せにするかでは最初結構議論もあったよーな。
↑が必要最低限のクラス構成なので。
ファイターがNPCではいかにも露払いな感じ。
楯というか(汗)。
かといってローグがNPCではアイテム扱いみたいだし…。
クレリックやウィザードという、スペルキャスターがNPCというのも何だかなぁ、と。
スペルキャスターはやはりTRPGにおける花形、というかシナリオ進行の鍵を握る存在になるので。
結局↑のようなキャスティングにはなった。
DM側も単に道具としてのNPCローグにならないように苦心していたように思える。
なかなか印象的なローグだった。

最終シナリオでは「邪神の代理人」的敵役NPC討伐が目的となり、既女…ならぬ鬼女とシャーマン、さらには「アンデッドドラゴン?(だかスケルタルドラゴン?)」と「代理人」との戦闘が(汗)。
こちらは全員3レベル。
相手の強さがわからないので、かなり怖い敵だった。
シナリオを終えた感覚としては鬼女は2HD、シャーマン3HD、ドラゴン6~8HD?(特殊能力無し)、「代理人」4HD(魔法による防御あり)ぐらいかな、とは思うのだが。
NPCローグは死にかけるし、随伴していたNPC戦士は一人で突撃するし(結果的には殊勲賞ものだが)で大変な戦闘場面だったが、なんとか全員生き残れた。

私の戦士キャラは今回特にいいとこなし><だったが、露払いとしての役は果たした(笑)。
てか「隠密」に失敗していきなり戦闘場面に突入!させてしまったのは大チョンボだった。
そのためにNPCローグを瀕死の状態にしてしまったのだが、一人で突っ込んだローグにも責任はあると思う。
その後、「戦闘が予想される場面では俺の傍から離れるな」とは言っておいたのだが(PCの特性として隣接する友好クリーチャーに対する攻撃は「不利」になる)。
以前も同じような事は言ったような気がするのだが、この辺の天衣無縫さ、というかマイペース?が魅力的なNPCだった。

ドラゴンはターンアンデッドでクレリックキャラが足止めし、NPC戦士がとどめを刺す。
その後、私の戦士は二回移動で「代理人」に接敵。
「代理人」は後退するがここで「機会攻撃(近接戦から離脱する敵に対する攻撃)」が可能となり、一撃を浴びせる。
が、バリアーの様なものに大半は弾かれてしまう。
「代理人」は後退して私の戦士キャラに呪文投射。
大ダメージを受け(HP-19)一時的に行動不能となる。
その後、ウィザードが(連戦で呪文スロットが無くなっていたので)ワンドチャージの「マジックミサイル」を投射。
これがバリアーを撃ち破り、クレリックの「ガイディングボルト(導かれし雷?)」でとどめを刺した。
バリアーと書いたが、おそらく一定のダメージを吸収・軽減する楯のような魔法だったのではないかと推測している。
吸収可能な累積ダメージを超えると、無効になってしまうような。
…正直、もう一発ダメージ19の魔法を受けたらHPが1になってしまう状態だったので、クレリックとウィザードキャラクターには感謝なのだった。

その後、報酬を受け取り、宝捜し。
更には経験点をいただき、めでたく全員レベル4に成長することとなった。
が、ここでローグNPCが個人的理由でパーティー離脱を宣言。
代わりに?NPC戦士がパーティーに入ることになった。

クレリックキャラも前線での戦闘可能だが、金属鎧を身につけていることで隠密行動不可であること(これは隠密技能を持った私のハーフリング戦士がむしろ特殊なのだが)、またクレリックは最後の命綱なのでなるべく後方で援護してもらっていた。
クレリックキャラからは、前線で戦いたいような雰囲気を感じてはいたのだが…
もちろん回復や攻撃魔法で活躍はしているが、彼は自ら「騎士だ」と常に名乗っているのでそういう勲しも欲しいのかな、と。
で、ここでまた騒がしい戦士キャラが一人パーティーに増える(笑)。
戦術的には今までのやり方がベストだとは思うが、戦闘キャラ三人で突撃も今後あるかもしれない^^。
特にNPC戦士は言うこときかなそうだし(汗)。
クレリックの「サイレンス」呪文が使えれば便利だが、5eにあったかな?
あとで調べてみよう。

あと…
今後偵察は私のハーフリング戦士がするとしても、鍵開けとかどうするんだ?とちょっと思った(笑)。
魔法があったかな?
これもあとで調べてみる(汗)。
関連記事

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム


コメント
あるよ
ノックの呪文取っておきました。
2016/04/12(火) 07:54:40 | URL | 橘翼 #3ItBdoaY[ 編集 ]
Re: あるよ
あ、「ノック」ってD&Dの呪文でしたね。
今確認しました。
しかし300フィートまで音が響くって…(笑)。
「サイレンス」も健在みたいで、戦闘時以外でもこういう時にも使いであるかもしれませんね~。

戦士の4レベル、確認したところ一つの能力値+2、又は二つの能力値各+1しか得られる特徴はないようで。
3レベルで有利な特徴得られたので、そのバランス取りかな?
少し悩みますが、私のキャラの場合はやはりDEX+2かな。
修正値が+4になり命中率もダメージもアップするし、関連技能成功値もあがりますもんね。

しばらく休憩のようですが、今後も楽しみです^^。
2016/04/12(火) 19:44:50 | URL | マッドハッター #QxbLVY.o[ 編集 ]
プレイお疲れ様でした。
前回までのプレイでPCがかなり強くなっていると感じたので、あえて1戦目は物量で攻めてみました。
それほど強力な敵でもなかったのですが、さすがに装甲の薄いローグだとなますになってましたね。
本当は「メイジアーマー」で身を固められると鬱陶しい砲台になるウィザードから潰したかったのですが、さすがの熟練プレイヤーで、中々前線には出てくれませんでした(笑)

ザイはPS2のD&Dアクションゲーム「デーモンストーン」の主役の1人を、名前から何からまんまパクりました。
ずいぶんと勝手な行動をしてましたが、アライメントが混沌なので、まあむべなるかな。

それでは、次回のプレイもよろしくお付き合いください!
2016/04/14(木) 01:10:37 | URL | @2c #SFo5/nok[ 編集 ]
Re: タイトルなし
お疲れ様でした!&楽しませていただきました^^。

>ウィザード潰し
PL・PCの性格的に(笑)厳しそうですね。
私のファイターは少々無茶しても突っ込みそうですが。
ザイは…ちょっと突っ込みすぎですよねぇ。

戦闘時のオプションも増えて、なかなか戦術的に考える余地のあるプレイでした。
ファンタジーTRPGってやはり戦闘メインで考えるべきなんでしょうかね?

こちらこそまたよろしくお願いします!
2016/04/14(木) 23:02:29 | URL | マッドハッター #QxbLVY.o[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック