マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
(日本の)共産党は破防法の対象と閣議決定!?
ちょっと驚いたニュース。

2016.3.23 07:30

政府が「共産党は破防法調査対象」と答弁書を閣議決定


以下引用。

 政府は22日の閣議で、共産党について「現在においても破壊活動防止法(破防法)に基づく調査対象団体である」との答弁書を決定した。破防法は、暴力主義的破壊活動をした団体の活動制限などを定めているが、政府が調査対象の団体を明示するのは異例。答弁書では、共産党が「暴力革命の方針」を継続しているとの認識も示した。

 鈴木貴子衆院議員(無所属)の質問主意書に答えた。答弁書によると、警察庁の認識として、共産党は「『いわゆる敵の出方論』に立った『暴力革命の方針』に変更はない」と明記。「敵の出方論」とは、共産党が唱えているとされる「権力側の出方によっては非平和的手段に訴える」との理念を指す。

 さらに答弁書は、平成元年2月18日の衆院予算委員会で破防法の不当さを訴えた共産党の不破哲三中央委員会副議長(当時)の質問に対し、「敵の出方論があり得る」と述べた石山陽公安調査庁長官(同)の答弁を引用。「(石山氏が)答弁しているとおり」とし、現在も共産党が「暴力革命」を捨ててないとの認識を明らかにした。

 共産党は戦前、非合法組織だったが、終戦に伴い合法組織となった。共産党員は当時、党内外でさまざまな暴力事件を起こしていたが、今回の答弁書も「政府としては共産党が日本国内で暴力主義的破壊活動を行った疑いがあるものと認識している」と明記した。
以下略。

一昨年ぐらいから日本国内大規模テロがささやかれていたが…いよいよ大詰めを迎えつつあるのかな?とか思った。
ちなみにこのテロとは「イスラム国(IS)」によるものではなく、国内反日勢力によるもの、とされていた。
(日本の)共産党による過去の大規模テロは…調べれば色々出てくるのだが一つだけ↓にリンクしておく。

阪神教育事件

国内外の反日活動の大元って結局共産主義なんだよな…
慰安婦問題しかり、南京事件しかり。
慰安婦問題が1990年代、ソ連崩壊とともに取りざたされるようになった、というのは実にわかりやすい。
朝鮮人慰安婦(戦時売春婦)を人狩りにより強制連行された、と捏造した吉田清二の父親は共産党員だった。
本人がそうだったのかどうかはわからないが、思想的に影響を受けた可能性は高い。
有田芳生議員も共産党員だったとされている(後に除名)。
芳生(ヨシフ)という名前は旧ソ連の指導者「ヨシフ・スターリン」からとのこと。
ツィッターなどの発言を見てみると、「こいつどこの国益のために働いている議員なんだ?」と思わざるを得ない。

韓国の反日も従北派(親北朝鮮派)の煽動だとも言われているし(民族性もあると思うが)、操っているのは中国、ロシアだろう。
中国と北朝鮮の関係は言うに及ばずだが、今回の北朝鮮制裁に関して条件を付けてきたロシアこそが現在の北朝鮮の真の黒幕かも知れない。
これによって、制裁は骨抜きになってしまった。

国連の北朝鮮制裁決議は本当に「最強」?――核・ミサイルを止められない5つの理由

↑あまり適切な記事でもないのだが、とりあえず今見つかったニュース。

中国、ロシアにとってはそれだけ日本が邪魔だということだ。
太平洋覇権のために。
だから在日米軍を批判する(私も日本は日本人によって安全保障を確立するべきだとは思うが)。
日本の共産党はその中国・ロシアから援助を受けている、少なくとも過去には金銭的な援助を受けていた。
テロ組織として公安の監視対象になっても仕方ないよーな。

次の選挙、どうなるかな~。
関連記事

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック