マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
東日本大震災から5年…
タイトル通り。
その関係でドキュメンタリー特番なども多いようだ。

私は幸いにして被災地に知人や親戚は無かったが、それでもかなりテンパっていた。
地震津波にあわせてさらに福島原発事故。
私は西日本に住んでいるので直接の被害はなかったが…
原発事故の経緯によっては、大量の避難民が西日本に移動してくる可能性もある。
食糧や水の供給は大丈夫なのか、と思ったりもした。
食糧に関しては、商売柄もち米だけは何百キロ単位で在庫が常にあるのでそれほど心配はしていなかった。
しかし避難民の流入があればそれもどこまでもつか。

また避難したくても出来ない方に何か出来ないだろうか、とも思った。
心情的にどうしても知人を優先して気に掛けてしまうわけだが、東京の水道水が放射能値基準を超え乳幼児の飲料には適さない、という報道があった時には、ポリタンクで水を送ろうかな、とも思った。
水道水だが(汗)。
ペットボトルのミネラルウォーター、近所のスーパーでは常に完売状態だったのだ。
あるいは入荷がなかったのかも知れない。
結局必要ではなかったようだが…

家族はと言えば災害の大きさに驚いていたし、被災者の方の苦痛に同情してはいたもののわりとのほほんとしていたよーな。
想像力の違いかな(汗)。
私が心配しすぎなのかも知れないし、家族が無神経過ぎるのかもしれない。
カタストロフもののSF小説の一つでも読んでれば、少しはリスクヘッジに動くと思うんだが…
さいとうたかお氏の「サバイバル」でもいい。
結果としては少なくとも私の住んでいる地域にはこれといったトラブルはなかったけれども。

昨日気付いたのだが、↓のようなニュース?が。

「菅直人氏はマッカーサー気取り」 元原子力安全委員長・班目氏が描く「マンガ」がスゴイ
2016/3/ 9 19:09


この記事の当時の原子力安全委員会の委員長を務めていた班目(まだらめ)春樹・東大名誉教授作のマンガは↓で読める。

パブリックアウトリーチ

絵が下手とかなんとかよりも、コマ割りが下手でどういう順番で読んだらいいのやら最初わからなかった。
どうやら左上から、右、左下、右下の順で読むようだ。
左開きのアメコミ風の読み順で、日本では一般的な読み方ではない。
東大教授も日本人向けのマンガの描き方は知らないようだ(笑)。
コマを区切る枠線が等間隔で狭すぎるのも原因の一つだが。
いっそ縦に四コマ並べればよかったのに…。

↑のニュースでは当時の総理大臣菅直人氏について触れられている。
斑目マンガでも頻繁に触れられているようだ(流石に全部は読んでいない)。
斑目氏が「(当事者であるにもかかわらず)他人事過ぎる」との指摘もあるようだが、このマンガが部分的にでも真実を伝えているのなら菅直人元首相の責任は重いだろう。
…だいたいこの人、この震災が無ければ外国人献金問題で辞任していたはずなのだ。

外国人献金問題、菅直人前首相は「不起訴相当」 東京第3検察審査会
2011.12.23 00:47


この件は結局不起訴とはなったようだが、この方には北朝鮮拉致事件実行犯への釈放嘆願書に署名したという過去もある。

在日韓国人政治犯釈放の要望書について←ウィキペディア。

以下少しだけ引用。

1989年7月、韓国の民主化運動で逮捕された在日韓国人政治犯29名の釈放を嘆願するという趣旨の要望書が、当時の日本社会党・公明党・社会民主連合・無所属の議員有志133名の署名とともに韓国政府へ提出された。このとき釈放要望対象となった政治犯29名の中に辛光洙や拉致共犯者とされるKなど北朝鮮スパイの名が複数含まれていたことが判明し、金正日が北朝鮮による日本人拉致実行を認めた2002年9月以降、同年10月19日に当時官房副長官であった安倍晋三が土井たか子・菅直人を名指しで「極めてマヌケな議員」と評するなど、署名した国会議員は保守政治家や日本共産党から激しく批判された。こうした批判に対して菅直人は、「釈放を要望した人物の中に辛光洙がいるとは知りませんでした。 そんな嘆願書に署名したのは私の不注意ですので、今は率直にお詫びしたい」 と謝罪した[2]。

署名したのは他に村山富市、千葉景子、江田五月議員など。
村山氏を除いて、民主政権で閣僚を務めた左翼議員ばっかり…ってか村山氏も元総理だよな…
村山氏は確か昨年の中国軍事パレードにも出席してたな~。
わかり易すぎて溜息が出る。

震災の時の自分の心情を再確認するために書くつもりだったのだが、余計な事を書きすぎてしまった。
そのぐらい当時の政権に腹立たしく思っていたと言う事もあるのだが。

犠牲者の方のご冥福を心よりお祈りいたします。
関連記事

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック