マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
お客さんとコミュニケーション
先日、甘酒(うちの店で販売している)を所望された母娘連れのお客さん。
母娘といっても娘さんは私より年上。
…てか、年金が貰える年齢の方だから母上はおそらく…というか確実に80歳は越えてらっしゃるだろう。
ものすごくお元気そうだったが。
私は初めて接客する方だったのだが、何度もお店に来ておられ姉とは世間話などするらしい。
ちょうど私しか店にいなかったし、店の前のベンチで甘酒を召し上がるとの事だったので少し話のお相手をしていた。
というのも、どうやらその娘さん、大阪に長らく住んでおられたそうでそんな話からだった。

具体的な職業名は伏せるが、昔は随分と華やかな仕事をしておられたようである。
しかし大病して手術・入院。
帰省されたようだ。
で、始まる病気自慢(汗)。
ご自分でも「病気自慢だね」とおっしゃっていたので自覚はあったようだが(笑)。
なかなか人生経験豊富な方で、知識もある。
話し上手でもあったが、少々疲れた。
ついでに言えば自意識過剰な自信家、かなぁ(笑)。

病気の話から自分も先日目の手術をした、みたいなことも話したのだが、「ハンデがあるからといって、○○は出来ない、なんて自分で決めつけちゃダメよ!」みたいな事も言われた。
そんなこと言われても、どんなに望んだとしても現状、自動車免許なんて私にとれるはずないんだが。
精神論というかなんというか…
それだけならまだいいのだが、「私は公営住宅の入居権を一回で引き当てた!」みたいなことまで言い始めた。
「自分は自身の望む通りのものになれる(←これはある程度同意する)。その証拠に妹は何度申し込んでも外れていた公営住宅の入居権が私には一回で当たった(←意味不明)」
ここまで行くとオカルトだ(汗)。

超能力で願望を実現する方法、を紹介しているサイトが無数にあったりする。
正確には「願望が強ければ超能力によってそれが叶う」の方が正しいかもだが。
さらに細かく言えば個人の超能力というよりも、守護霊や神に働きかける方法だったりとか。
無論私は信じてなどいない。
奇跡を売りにする霊感商法の類だろう。
広義では全ての宗教にあてはまるかもしれないが…
ひょっとして偶さか何の因果か、何の努力をせずともその願望が達成される事もあるだろう。
霊や神のような不可知の存在の介入があって願望成就したことの、因果関係が証明されなければ実践する意味はほとんどない、と私には思える。

私の視力と自動車運転免許の事に関して言えば、医学の進歩のために寄付でもした方がより実践的で前向きな努力だと思うんだよな。
わけのわからない精神論よりも。

話は変わるが、漫画家の蛭子能収氏とお会いできるかも知れない。
仕事関係で。
特にファンでもないが…
会うというより見る、というか「見物に行く」感覚になるかもだが(汗)。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック