マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
義兄が猫のイラストを描いた!(「クララが立った」のイメージで)
非常に身内ネタで申し訳ないのだが、タイトル通り。
メモ替わりのブログなもので(汗)。

数日前猫画像のリタッチをしていた事は書いたが、結局義兄自分で猫のイラストを描く事にしたらしい。
実を言うと少しびっくり。
義兄が絵を描くなんて事は…知り合ってン十年、ついぞ無かった事だったので。
写真が趣味なのでリタッチはそれなりにやっていたが…
イラストを描くというのはまた別問題だ。
前回の写真のリタッチ、私が作成したものがどうにもイメージと異なるようだった。
どういうイメージなのかを私がよくよく訊いてみたところ、「それは写真をトレースするしかないかも」と言ったのがヒントになったようだ。
私が言うトレースとは写真画像をテンプレートとして、その上からパス(実線)を描く事を指していた。
もちろん義兄は不慣れなはずなので、依頼されれば私がするつもりだった、Adobeイラストレーターで。
が、ひょっとしたら義兄は私が面倒くさがっている、またはさじを投げた、と思ったのかも知れない。
だとしたら申し訳なかったが…
結局義兄のイメージするものは義兄にしかわからない(見えない)ので本人が納得いくものが描ければそれが一番だったかも。

仕上げ前のイラスト(JPG)を見せて貰った。
前回のアインシュタイン猫とは別の画像。
思いの外上手く描けていたので(汗)、少々びっくりした。
上の姉談では、義兄が自分で撮影した猫の画像をトレースしたようだ。
数日前に話した時にはレイヤーやトレースの言葉の概念もよく理解していなかったはずなのに、凄いなと正直思った(笑)。
実際に何というアプリを使用したのか知らないが…ペイント系のツールだろう。
あるいはアナログ作業でトレーシングペーパーでトレースし、スキャンしたのかな?
まだ完成品ではなかったようなのだが、私なりに塗り残しやバランスの悪い点は指摘させて貰った。
「義兄のイメージが大事なので、必ずしもそうしなきゃダメという訳じゃないけれど」と一言添えては置いたが。
バルーンアートの講師をする際にいつも言っている事だが、作者のイメージが第一なのだ。
しかし塗り残しは最低限修正しておくべきだとは思う(汗)。

あと「完成したらパスデータ(ベクターデータ)にしておく事」をすすめておいた。
3cm四方のロゴを打刻する型としては必要ないかも知れないが、ポップや看板として使用する際に拡大が必要になるかも知れないから。
まぁ、これは私がやってもいいのだが…ってか義兄はやり方がわからないだろう。
実際義兄が描いたものをA4サイズに印刷したらジャギが出ていた。
「俺の名前をいってみろ!!」の「北斗の拳」の悪役キャラではない。



うちの家族や親族で多少なりとも絵心があるのは私と下の姉…だと思う。
下の姉は器用で二次元、三次元問わず造形物を作るのは得意だし、好きなのだと思う。
若い頃は砂絵をやっていたりもしたし、祭りがあればコスプレ衣装を作る。
コスプレと言ってもお笑い系のものをダンボールで手作り(汗)。
ツタンカーメンの面とか、馬とか(二人で前脚後ろ脚を担当する)、ヌリカベとかだ。
結構上手く出来ていて、大阪にいる頃帰省したら私の部屋にそれらコスプレダンボール衣装が保管されていてびっくりしたことがある。
去年のハロウィンでは「デス・ノート」のリュークの実にチープなコスプレをしていたな(チープなのが笑いを誘う「つかみ」である)。

今回の義兄のロゴの件でも下の姉が「自分がトレースしようか?」みたいな事を言っていた。
もちろん善意からだろうが、私は余計なお世話じゃないかと思った。
↑でも書いたが、義兄の抱いているイメージは義兄にしかわからない。
せっかく義兄が自分でやる気になっているのなら、義兄が自分で試してみるべきだと思った。
頼られた時にはフォローするとしても、自分から買って出るのはでしゃばりではないかと。
それと…姉の絵確かに器用に描いていて上手いと言えば上手いのだが、正直あまりオリジナリティを感じなかったりする。
このあたりは個々人の感受性や好みの問題にもなるとは思うが。
下の姉の絵、目の前にあるものを模写すれば巧妙に描くが、ディフォルメしたイラストは記号化されすぎていて無難なものになってしまう。
どこかで借りてきたイメージの再現というか…
まぁ、私の描く絵も他の人にどう見えているのかわからないが(汗)。
そういえば砂絵はお手本を参考に描いていた。

お手本で基本の技術や構図、様式、歴史を学ぶのはもちろん重要な事だが、残念ながら姉には「自分のオリジナルのイメージ」を描くことは出来ないのかな?と思ってたりもする。
というか「絵を描く」「造形物を作る」ことは姉にとっては「模倣する」事なのかも知れない。
「クックパッド」の料理レシピを再現するように。

それが理由なのかどうかよくわからないが、著作物の模倣というか侵害というかに対しては寛容な考え方をしているようだ(図々しいというべきか/汗)。
私は多少なりとも著作物でお金をいただいている身なので、それなりに一線引いている。
個人的に楽しむ分にはともかく仕事で使ってはダメだ、といつも指摘するのだが。

そーいえばもう一昔前の事だが、ネットが普及し始めた頃「HPなんてデータをダウンロードしてタイトルを変えれば簡単にできる」みたいなことも言っていた(汗)。
姉はWebスキル低いので、誰かの受け売りだろうが…
Web初期は確かに混沌とした時代だったようでもあるが、あまり恥ずかしい事を公言しないで欲しい、とは思った(汗/汗)。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック