マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
自動運転自動車が事故ったらしい
タイトル通りのニュース。

2016.3.6 16:00
自動運転の夢遠のくグーグル過失事故 人間、AI…責任は誰に?


以下引用。

 2017~20年の実用化をめざして米グーグルが開発中の自動運転車が2月中旬、公道の走行実験中、路線バスと接触事故を起こしていたことが明らかになった。グーグルでは09年から53台の自動運転車を使って計224万キロの走行テストを実施。17件の事故が起きたが、これらはすべて相手に過失がある「もらい事故」だった。しかし今回は初めて、自動運転車側の過失で事故が発生。グーグル側も自ら過失を認め、自動運転用のソフトを変更するなど対策を取ったと説明した。これまでと異なる“重大事故”で、夢の自動運転車の実用化はまだまだ先になりそうだ。(SANKEI EXPRESS)以下略。

以前、このブログで↓のようなエントリーを書いた。

10年後にはロボットカー実用!…こんなのヤダ(笑)

今回事故を起こしたグーグルの副社長が、ニュース中でコメントしているから、同じ計画なのだろう。
このエントリーで私は、

こういう形でのロボットカー実用の為には、事故防止の為のあらゆる措置が施されていないと無理だろうな…
人間が全く操縦に関知しないのであれば、事故が起こったときの賠償等はどうなるのだろう??
メーカーが賠償!?


と書いているのだが今回の事故、まさにこの点が焦点となっているようだ。

しかし有責事故率が、かなり低い事にはびっくりした。
18件の事故中、もらい事故が17件…
0.0555555…%の有責率ということになる。
人間のドライバーよりは既に有能なのかも…とはいえメーカーとしてはリスクはもっと抑えたいだろうな~。

TRPGシャドウランではオートパイロットは当たり前だったけれども…
あれは2050年が舞台。
果たして何年後に実用されるだろうか?
関連記事

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック