マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
「すみませんねぇ」といきなり謝られた…と思ったら(汗)
先日、所用で外出した。
目的地に予想外に早く到着。
ちょうどお昼時だったので何か食べておく事にしたが…適当なお店でオーダーして食事するほどの時間はなかった。
20分程度しかない。
なのですぐ傍のスーパーのベーカリーで調理パンを二つ購入。
スーパーの休憩所でパンをかじりつつ、缶コーヒーを飲んでいた。
10分程も経った頃。
二つ目のパンを半分ぐらい食べ終えたタイミングでいきなり後から声を掛けられた。
「すみませんねぇ」
振り返ってみるとショッピングカートを押すオバサマ二人組。
最初は私に話しかけられているとは思ってなかったのだが…
彼女たちは私の方をみて、ニコニコしながらもう一度同じセリフを繰り返す。
??
何が言いたいのか、最初理解出来ていなかった。
「本当はせかしちゃいけないんだけど…」
私が着席した時は4つあるテーブル、全てが空いていたのだがいつの間にやら他のテーブルも一杯になっていた。

つまり食事中の私に立ち退いて、自分たちを座らせろ、ということか、とやっと合点がいった。
「あぁ、いいですよ、もう終わりましたから(本当は終わってないけど)」
といって席を立った。
4人掛けの席を一人で使っていたということもあったので席を譲ったが、図々しい人達だなぁ、とは思った(笑)。
もう二、三分もすれば食べ終わる事はわかっただろうに。
せめて食べ終えてから声を掛けられたなら、それほど違和感もなかったのだが、後から思うとなんだか釈然としなかった。
オバサマといっても60代とも思えない。
足腰が弱っているようにも思えなかったが…
世の中色んな人がいるな(笑)。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック