マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
たいらいさお氏(63)「復活のイデオン」を熱唱!
本日三日連続の外販最終日(汗)。
あいにくの雨でものすご~く暇だったのだが(笑)、BGM替わりにラジオをつけていた。
音楽番組が多いのでNHKFMを聴いていたのだが、午後2時より「アニソンアカデミー」なる番組が。
パーソナリティ(生徒会長)は中川翔子氏。
で、本日のゲスト(講師)はたいらいさお氏であった。
生徒会長とか講師とかは一応番組名がアカデミーなので、それにちなんでの番組内でのローカルな呼称であるようだ。
今ウィキペディアを調べてみたら歴代講師には別の肩書きがつけられていたりするのだとか。
ウィキペディアより引用。

なお、ゲストの中には講師とは別の肩書きが付けられている場合がある。※は中川がコンサートツアー等で番組欠席時の代理パーソナリティを担当した人物。
名誉大王兼理事長:ささきいさお
名誉校長:田中公平
名誉講師:水木一郎、松本梨香※
名誉宇宙刑事:串田アキラ
名誉ラスボス:小林幸子
名誉さくらたん:丹下桜
キッズアニソン部:山野さと子※
環境委員:牧野由依※
料理部副部長:佐咲紗花※
給食委員:松澤由美
天文部:スフィア
視聴覚委員兼放送部兼妹:春名風花
ガンダム女子部:春奈るな


「名誉宇宙刑事:串田アキラ」ってなんだよ(笑)。
水木一郎氏は↑以外に単に「アニキ」と呼ばれていたな、今日。

たいら氏、J9シリーズやイデオン、トライダーG7主題歌でのエピソードを色々物語っておられ、さらにはスタジオで「復活のイデオン」等4曲を熱唱されていた。
収録なのだか生放送なのだかわからないが…(ツィッターがどうとうか言っていたので、生放送なのかな?)。
お声が往事そのままに若々しいのにびっくり。
というか「この人今年何歳だっけ?」と思って調べてみたら63歳だったので二度びっくり。

「復活のイデオン」でのエピソードが印象深かった。

普段そんなことはしないそうなのだが、この時は作曲家すぎやまこういち氏のところへレッスンに行ったのだとか。
で、元々のオリジナルからたいら氏が唄いやすいように部分的にキーを変えて貰ったんだとか!
こんな事は通常ありえないそうだ。
やるな、すぎやまこういち…

「復活のイデオン」は最初語りかけるようなアルペジオから始まり、ロックに曲調が変化する。
当時イベントで…特にデパートなどでの営業があったようなのだが、とにかく周囲がうるさい。
子供達の歓声もそうだし、ゲームコーナーの音などが。
で、たいら氏本人には演奏が聞こえなかったとか(笑)。

「space runaway」という歌詞部分。
今ではついつい「スペースラナウェイ」みたいに歌ってしまいがちだが、当時は「スペースランナウェイ」と日本語的に発音をする事が求められたそうだ。
なんだかんだ言いつつも、当時アニメはまだ子供を対象として製作されていたのだ、ということらしい。
番組中では「スペースランナウェイ」と唄っていた。

この曲では二番の最初「戦うか、戦えるか?怯える心よ」という歌詞が特にお気に入りだそうである。
そして「悪」とは他でもなく自己の内部にあるものだと常に自戒しているとのこと。



↑は2013年ライブのもののようだ。
確かに「スペースラナウェイ」になっている(笑)。



↑は「スペースランナウェイ」だな、やはり。


Densetsu kyoshin ideon opening 投稿者 Xakiru

↑一応テレビ版も^^。
関連記事

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック