マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
北朝鮮で人糞争奪騒動!賄賂も(汗)
現在色々お騒がせ…というか話題の北朝鮮で以下のような騒動が起こっているらしい。
あまりお上品な記事ではないので注意!

北朝鮮、「人糞集め」に苦しめられる住民たち…糞尿めぐりワイロも
2016年02月15日 | 北朝鮮社会


以下引用。

北朝鮮では、毎年この時期になると全国的に「堆肥戦闘」、すなわち「人糞集め」が繰り広げられる。各地に化学肥料工場は存在するが、生産量が需要に満たないため、糞尿を集めて肥料にしなけれならない。

北朝鮮当局は「2月16日の光明星節(金正日氏の誕生日)までに作業を終えよ」と指示。住民たちは、人糞集めのノルマに苦しめられていると、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。

糞尿泥棒も登場

慈江道(チャガンド)の情報筋によると、当局からは次のようなノルマが下されたという。
「17歳以上のすべての国民は、1人あたり糞尿1トンを集めよ。家畜の糞尿なら3トンだ。集めた糞尿は協同農場に収めなければならない」

しかし、情報筋によると、ノルマを満たそうにも、出せる糞尿を出しきったため、困り果てているという。達成できなければ処罰や批判が待っていることから、全国各地で「糞尿泥棒」が相次いでいる。

両江道(リャンガンド)の情報筋によると、今月4日の夜、肥溜めの警戒に当たっていた恵化中学校の生徒8人が、糞尿泥棒と思しき集団に襲われる事件が発生した。
以下略。

そんなわけでノルマの人糞が集められない人による強奪事件や、更にはノルマをこなしたことにして貰う為の役人への賄賂が横行していると。
当事者としては笑い事ではないのだろうが…
肥料が不足している、ということはやはり食糧事情が悪いのだろう。
しかし引用はしなかった部分に賄賂は6万北朝鮮ウォン(約900円、コメ12キロ分)という記述もあったりして、日本の感覚では米は安い。
おそらく日本であれば1/10、1.2kgぐらいしか買えないだろう。

で。
成人一人が一年間1tの糞尿を確保する事が可能なのか?考えてみる。
実際に可能なノルマなのか?ということだ。
成人一人が一年間に1t分の糞尿を確保するためには…自分でそれを作ればいいわけだが…
以下参考リンク。

一人の人間が一生にする糞や尿の量はどれ位になる

↑の記事によれば一日あたり尿で1.5L、大便で0.2kgとある。
尿は以前牛乳瓶(200cc)8本分みたいなことを聞いた事があるし、大便もウィキペディアの記事と比較しても信頼できる数値のようなので、これを目安としてみることとする。

尿が水と同じ比重と仮定すれば(それほど変わりはないだろう)一日あたり1.7kgを自前で確保出来る。
これ掛ける365日だから…
620.5kg。
これでは圧倒的に足りない。
ノルマの2/3以下だ。
仮に結婚して17歳未満の子供がいればその分も利用できる。
17歳以上夫婦で子供が一人いたとする。
子供の糞尿の量は…年齢や身体の大きさにもよると思うが平均して成人の1/2としてみる。
成人夫婦二人+子供一人の家庭ではノルマ2tとなるので…
620.5×2.5=1551.25
となる。
やはり足りない。
成人夫婦2人+子供二人の場合だと…
620.5×3=1861.5
これでもまだ足りない!
子供三人の場合…
620.5×3.5=2171.75
これでギリギリだ。
一年近く保管していれば水分も蒸発するだろうし(なんだかあまり具体的に想像したくないのだが><)、本当にギリギリだろう。
逆に文字通り水増し、とかもありそうだけど。
てか…発酵させなければ肥料として使用出来なかったのでは?とかも思ったり。
だとすればガスも排出するし、その分目減りするはず。
…うーむ、書いてて気分悪くなってきた(汗)。
有機肥料を使って農業してらっしゃる方には申し訳ないけども。

栄養事情のよくない北朝鮮では、でるものもしっかり出ないかもしれない(汗)。
となると、成人二人+子供三人の家族でも厳しいかもだ。
身長138cmでも徴兵されてしまう国だものなぁ。
徴兵される、ってことは日本では小学生並みの身長であるにもかかわらず成人扱いという事だろう。

ノルマを果たせなかった場合の罰則は↑のニュースにも書かれていなかった。
なんらかの処罰はあるようだ。
糞尿泥棒が逮捕されると戦争捕虜のように見せしめで縄で繋がれ連行されるのだとか。

以前のエントリー金正日総書記の奇跡、伝説。ゴルフで38アンダー。で書いたが・・・
金正日氏は大便はしなかったそうで、こういうことでは国に貢献してなかったんだな(笑)。
関連記事

テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック