マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
重力波の初観測に成功!
昨日さんざんニュースで報道された重力波の初観測。

重力波をブラックホールから「観測」 アインシュタインが予言
2016年02月12日


以下抜粋引用。

国際研究チームの欧州リーダー、独ライプニッツ大学教授でマックス・プランク重力物理学研究所所長のカルステン・ダンツマン教授は、今回の観測についてBBCに対して、ヒッグス分子発見以来、最も重要な科学的発展のひとつだと評価。DNA分子構造の発見に匹敵し、「ノーベル賞ものだ。間違いない」と述べた。
「重力波を直接観測するのはこれが初めてだ。ブラックホールを直接観測するのもこれが初めてで、相対性理論を裏付けるものだ。観測されたブラックホールの概要は、アインシュタインがほぼちょうど100年前に予測したものと完全に合致する」


SFなどでは普通に使用される言葉で、今さら感もあるが(汗)天文学的には大きな意義のあることのようで、とにかくめでたい^^。
ちなみに私が初めて重力波なる言葉を知ったのは「宇宙戦艦ヤマト」だったか「キャプテン・ハーロック」だったと思う(笑)。

↑の記事でもアインシュタインについて触れられているが…もうン十年昔のこと、アインシュタインの伝記ドラマをテレビで観た。
こんなシーンが印象に残っている。

少年アインシュタインは学校でユダヤ人蔑視する教師に嫌味を言われる。
そこでアインシュタインは応える。
「イエス様もユダヤ人でした」

アルベルト・アインシュタイン←ウィキペディア。

↑に以下のように書かれている。

アインシュタインは敬虔なアシュケナージ系ユダヤ人ではなかったため、5歳から3年間、ミュンヘンにあるカトリック系の公立学校へ通ったが、その校風になじめなかった。卒業後はミュンヘンのルイトポルト・ギムナジウム(英語版)に入学。以後7年間、ドイツに行くまで教育を受ける。しかし、ここでもまた軍国主義的で重苦しい校風になじめなかった[5]。

これだけでは実話だったのかどうか判断できかねるが、実話であるならこの時期の出来事だったのかも知れない。

大学の教職についてからも、講義に学生の履修がなく理解ある友人が聴講してくれた、みたいなエピソードがあった。
履修生の数によって報酬が増減するという印象だった。
天才物理学者にも苦労はあったようで…

今ウィキペディアの関連リンクを見ていて気付いたのだが、こんな映画があったんだ…

アインシュタインの脳

BBC製作のドキュメンタリー映画、ってことだから実話を元にしているのか???
アインシュタインの脳が保存されている、って話もそうだがそれが盗まれた、ってのも実は初耳。
しかも作中にウィリアム・バロウズが登場ですと?
バロウズとはアメリカのSF作家。
うーむ。
ちょっと観てみたい^^。
関連記事

テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック