マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
逆まつげの脱毛?料金
先日、目の診察に病院に赴いた。
白内障手術をしたことは書いたが、その後手術をした総合病院で術後経過の診察を一ヶ月おきにして貰っていた。
取りあえず経過は良い、というか悪くはないそうである。
元々その予定だったのだが、落ち着いたら最初に紹介して貰ったうちの近所の医院に診察を引き継いでもらう事になっていた。
総合病院遠いので。
で、目薬が無くなったのでその病院に診察してもらいに行った。
最後の診察からちょうど一月ぐらい経っていたからである。

以前も受診したので診察券はあるし、手術した総合病院からの紹介状もある。
が、当然予約はしていないし出来るような状態でもない。
ほぼ初診のような扱い。
受付のおねえさんに「時間掛かりますよ?」と言われたがやむを得ない。
患者さんは結構多い。
待合室で待つ事三時間(汗)、ようやく名前を呼ばれる。

例によっての視力検査、眼圧検査の後、診察室の前でさらに一時間ぐらい待たされる><。
で、診察は5分ぐらい(汗)。
目の中を機械越しに医師にのぞき込まれ、その時医師がこう言った。
「逆まつげがあるので抜きますね~」と有無を言わせずピンセットのような器具で抜かれる。
ちくりっ、とした痛みはあったがほんの一瞬だった。

逆まつげが自分にあるなんて自覚した事もなかった。
今まで何度も眼科医の診察を受けているし…特に手術後、ここ三ヶ月は頻繁に目の中をのぞき込まれている。
これまでは何も言われずに(知らずに?)処理されていたのだろうか?
しかし今回みたいな痛みを感じたのは初めてだった。
次回の予約をして、処方箋を書いて貰い会計して病院から出る。
で思い出したのだが、確か義兄が逆まつげがひどくて長くなると目が刺激されて痛くなるのだそうで自分で抜いている、と言ってたなと。
…これまで自分はそんな事が気になった事もないのだが…

今日、嫁に行った姉に「そういえば○○兄(義兄)、逆まつげ自分で抜いているんだっけ?」と聞いてみた。
やはりそうなんだそうで。
で、自分で抜く理由が「病院で抜いて貰うと一回千円ぐらい取られるから」なんだそうだ(汗)。
病院に行けば待ち時間もあるし、自分で出来るならそりゃ自分でやるよな…千円支払うぐらいなら。
姉が「領収書見てみたら?」というので、今回の診察の領収書を見てみたが…よくわからない。
逆まつげ脱毛代が含まれているのか??
二千円代の支払いだったのだが…(三割負担でこれは義兄も同じはず)。
うーむ。
よくわからない(笑)。
まぁ、脱毛(汗)なし?でもだいたい一回の診察料をこれぐらい払っていたし。

次の診察で医師に訊いてみる、ってのもちょっと怖いってか失礼なような。
機嫌を損ねて「サービスでしたが今後脱毛料金別にいただきますね」、とか言われるのもなぁ(←セコイ)。
しかし、逆まつげの脱毛が「治療」にあたるのなら支払って当然ではある。

以下、ごくごく個人的な少々気味の悪い話になるので「続きを読む」に書いておきます。
最近はしないが、若い頃は(汗)それなりに脱毛処理とかもしていた。
主に腋とか脛とか><。
それほど毛深いわけではないが、あまり親しくない…主に女性と一緒に海水浴とかプールとか行く時にはちょっと気になったので。
主に大学のサークル関係とかの付き合いでだ。
やはり見苦しいのではないかと。
剃ったりとかはしなかったが…

で、初めて脱毛ムースみたいなものを購入したときのこと。
お風呂で泡状の物を腋などにつけて数分おき、洗い流すとひどく縮れたむだ毛が洗い流されていく。
便利だな、とは思いつつもあまり身体というか皮膚にいいものでもないのだろうなぁ、と思った。
私が購入した脱毛ムース、その頃私が使っていたシャンプーと同じような形の容器に入っていた。
シャンプーするときに、もし間違ってこのムースを使ったら…

と想像すると、その結果が妙に可笑しくもあり怖くもあった(笑)。
シャンプーする前は髪を濡らしていたので、目を閉じてからシャンプー捜してたものなぁ(汗)。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック