マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
ヴォイニッチ手稿pdfファイルが無料ダウンロードできるぞ!
こんなニュースが↓。

未解読の奇書「ヴォイニッチ手稿」「コデックス・セラフィニアヌス」が無料でダウンロード可能に
2016年1月27日10:59 by 深海 | カテゴリー カルチャー


以下引用。

現時点でも未解読の奇書「ヴォイニッチ手稿」と「コデックス・セラフィニアヌス」が無料で手に入ってしまいます。詳細は以下から。

謎の言語で書かれ、解読不能とも言われる奇書「ヴォイニッチ手稿」。1912年にアメリカ人の革命家で古書収集家のウィルフリッド・ヴォイニッチがイタリアで発見したため彼の名前が付けられていますが、240ページの羊皮紙からなるこの写本は作者も執筆時期も正式な題名も不明の奇書。

ヴォイニッチ手稿に描かれた文字は暗号とも人工言語とも推測されるものの現在でも未解読。実在しない植物や天体図を始めとした奇妙で詳細な挿絵が随所に描かれています。

放射性炭素年代測定により用いられた羊皮紙が15世紀初頭のものであることは分かっていますが、執筆時期の特定には至っていません。また、書かれた目的も異端とされた錬金術や薬草学の知識を密かに伝承するためとするものから、実際の異世界の記述である、金儲けのための偽造、ついには薔薇十字団との関係まで囁かれるなど、いろいろな意味でマニア垂涎の奇書です。

このヴォイニッチ手稿をPDFで無料ダウンロードできるサイトがHolyBooks.com。聖書やコーラン、マハーバーラタから各種仏典まで世界中の聖典を無料でダウンロードできてしまう、なんとも素敵なサイトです。

ここから同時にダウンロードできるのが「コデックス・セラフィニアヌス」。こちらはイタリアの建築家で工業デザイナーのルイジ・セラフィーニさんが1976年から78年にかけて書き上げた書物。こちらは人工言語を用いて描かれた百科事典形式の書物で、架空の動植物から謎の機械、架空の文明の人物や歴史などが鮮やかな挿絵とともに描かれています。

じっくり眺めて楽しむもよし、自らの創作活動の元ネタに使うもよし、もちろん本気で解読を試みるのもよさそうです。気になった方は永久保存版として手元においてみてはいかがでしょうか?DLページは以下から。
←DLページへのリンク有り。

私がヴォイニッチ手稿の事を知ったのは荒俣宏氏の本からだったと思うのだが、何というタイトルか覚えていない。
面白そうだったので早速ダウンロードしてみた(笑)。
凄く重いのでは?と予想していたら56MBほどでそれほどでもなかった。
100年以上にわたって解読に成功していない書物。
無論の事私が解読してみよう、なんて気はさらさらないのだがイラストを見てみたかった。
羊皮紙は15世紀のものと鑑定されているようだし…その後書かれたにしても色が鮮やか過ぎるのでは?とちょっと思ったが、ウィキペディアによれば17世紀に売買された記録があるのだそうで、その直前に書かれたとしてもやはり300年以上前に書かれた事にはなる。

ヴォイニッチ手稿

ウィキペディアに「フィクション上のヴォイニッチ手稿」という項目があった。
ここにちょっと興味深い事が書かれている。
以下抜粋引用。

フィクション上のヴォイニッチ手稿[編集]
英国の作家・評論家のコリン・ウィルソンの小説『賢者の石』『ロイガーの復活』等は、怪奇小説作家ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの「クトゥルー神話」の系譜に属する。ウィルソンはそこで、ヴォイニッチ手稿は、ラブクラフトが創作した想像上の文書である『ネクロノミコン』の写本であったという架空の設定を記している。
ウィルソンの小説のなかでは、暗号に使われた文字はアラビア文字であり、しかし言語はアラビア語ではなくラテン語であったとされる。アラビア文字は右から左へと綴るが、現実のヴォイニッチ手稿は記述されている言語こそ不明ではあるが左から右へと綴られていることはまず間違いない。
ダン・シモンズの長編SF小説『イリアム』とその続編『オリュンポス』では、ヴォイニッチ手稿が重要な役割を果たす。小説中でヴォイニッチ手稿は偽作という設定になっているが、手稿の真偽を確かめるために行なわれた時間旅行実験が大災害を引き起こす。またヴォイニッチにちなんで命名された「ヴォイニックス(Voynix)」という人工生物が登場する。


クトゥルフ神話にも取り入れられていたのか(笑)。
コリン・ウィルソンの「賢者の石」「ロイガーの復活」、私は未読だが(コリン・ウィルソンの文章は少し苦手なのだ。ラヴクラフトもだが)、ネクロノミコンの写本という設定かぁ。

銀河を表している、とされる画像を見てみたが…うーん、なんとも言えない。
なんだか卵子の周りに精子が集まっている様子にも見える。
女性の入浴とされているものも、いずれの女性も下腹部が大きく突きだしていて妊婦を意識して描いているように思えるんだが。

ご興味のある方はダウンロードしてみても良いかもである^^
関連記事

テーマ:文学・小説 - ジャンル:小説・文学


コメント
こんばんは。
以前から興味があるものだったのでこれは嬉しいニュースです。さっき私もDL後斜め読み(笑)してきたところですけど、架空の植物の絵というのはそれだけで惹かれるものがありますね。ご紹介感謝します。

「賢者の石」と「ロイガーの復活」は一応何年か前に読みました。
設定的にいろいろ興味深いところはあった印象ですが、文章が…というご意見にはおおむね同意かも(汗)
一言でいうと”インドア派のクトゥルフ”なので、うまく生かせれば個性的なCOCシナリオの素材にできそうかなどと考えたりもしましたが。

最後になりましたが先日はお疲れさまでした。ドリームランドが舞台というのはちょっと意外で楽しめました(炬○の不調、一時的なものだったようで一安心です)
2016/02/03(水) 04:45:10 | URL | eHolly #-[ 編集 ]
Re: タイトルなし
こんばんは、先日はお疲れ様でした。

>植物
リアリティがあるような無いような(汗)って感じで、その部分が興味深くもあり薄気味悪かったですね。
解読不明な文章といい、本当に異世界を描いた本なのでは?と思わせるところが。

>「賢者の石」「ロイガーの復活」
インドア派クトゥルフですか^^。
そういえば以前友人のKPでヨグ・ソトスの体内に飲み込まれた密室から脱出する、みたいなシナリオをやった事あります。
あれはストレス貯まったなぁ…
私のキャラクターは死亡しました(笑)。

>ドリームランド
本当にお付き合い頂きありがとうございました。
私にとっても初めてのドリームランドKPで少し準備が慌ただしかったような(汗)。
続きは考えているのですが、@2C氏が最近ちょっと忙しいようですしどうしたものかと考え中です。
ドリームランドでの冒険は、20年代と異なりあまり事後処理を考えなくてもいいので、その点楽かもしれません^^。
またお付き合いの程よろしくお願いいたします!
2016/02/03(水) 23:05:56 | URL | マッドハッター #QxbLVY.o[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック