マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
ラッキーデー♪
ラッキーな日というのはあるのかもしれない。
昨日友人達と例によってTRPGしていたのだが…
決定的成功のダイス目が出るわ出るわ…
今思い返してみても覚えているものだけで4回は確実に出ていた。
4時間ほどのセッション中にである。
長年TRPGをしてきたが、こんなことは初めてだ。

実はD&Dをプレイしていた。
このゲームでの行為判定は20面ダイス一個をロールする事で行う。
基本高いダイス目の方がよい結果となる。
ダイス目で20が出た場合は決定的成功となり、高難易度で20以上のダイス目が必要とされる場合でも成功となる。
また、その行為が実に上手くこなせた事となる。
戦闘では攻撃した武器ダメージのダイスの数が2倍になる、など。
パーティー中唯一のファイターだったのだが、おかげさまで自キャラは無傷でセッションを終える事が出来た。
罠で傷ついた仲間はいたが(汗)。

しかし何故か決定的失敗のダイス目1もそれなりに振った。
2回か3回でたんじゃないかな?
だが種族がハーフリングで、行為判定での1の目は1回だけ振り直せる特殊能力を保有しており、難をのがれた。
1d20で1の目が連続して出る可能性は…
0.25%かな?
可能性としてはかなり低い。

セッション後、経験点をいただきめでたくレベルアップ。
新たに獲得するヒットポイントをダイスで決めたら、これまた最大値の10が出た!
「明日きっとなにかあるよ」と冗談で言われてしまった。
運を使い果たして…という意味だろう。
とりあえず今のところ特に不運なことは起こっていない…

リアルの運を消耗してしまうなら、いっそ宝くじでも当たってくれると嬉しいんだが(笑)。
関連記事

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム


コメント
先日はお疲れ様でした。あれは大活躍でしたね〜。
将軍の稽古部屋でテルグレルのスリープ→ギャレット猛追してもう1匹に決定的成功、一撃で葬り去る、の流れはまるで映画のようでした(笑)最後のドラゴン殺しも決まりましたね。
ミロスラフのガイディングボルトも大ダメージを与える必殺技で、やはりD&Dは全体に英雄志向なゲームだなと感じました。
それにしても文中でも触れておられましたが、〆のヒットダイスの10の目は出来すぎなほどでしたね(笑)またよろしくお付き合いください。
※戦士の類型の選択については、また教えてください
2015/12/27(日) 23:33:40 | URL | @2c #SFo5/nok[ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 先日はお疲れ様でした。あれは大活躍でしたね〜。
> 将軍の稽古部屋でテルグレルのスリープ→ギャレット猛追してもう1匹に決定的成功、一撃で葬り去る、の流れはまるで映画のようでした(笑)最後のドラゴン殺しも決まりましたね。
> ミロスラフのガイディングボルトも大ダメージを与える必殺技で、やはりD&Dは全体に英雄志向なゲームだなと感じました。
> それにしても文中でも触れておられましたが、〆のヒットダイスの10の目は出来すぎなほどでしたね(笑)またよろしくお付き合いください。
> ※戦士の類型の選択については、また教えてください

昨夜はDMお疲れ様でした!
ダイス目も良くて久々にヒーローらしい結果出せましたし、面白かったです(笑)。
初回(街道)と二回目のセッション(農場)ではあまり活躍できず、スペルキャスターの二人とNPCシーフにいいところ攫われてましたから(汗)。

>英雄志向
そうですね、剣と魔法の世界での英雄、・・・をとりあえず志向するタイプのゲームなのかも。
一方で仮に戦士一人がいくら強くても(他のクラスのキャラもですが)、回復魔法や攻撃魔法、シーフのスキル無しでは目的を達成できないクラスシステムのゲームですし、一人でなんでも出来る(キャラも作成できる)スキルシステムのTRPGにはない多人数ゲームとしての面白みがあるのかもしれません。
なんとなくクラスシステムのゲームは「不自由」な気がして敬遠していたきらいがあるのですが、今回見直しました(笑)。
どんなTRPGしても器用貧乏なPCが好きですからね、私…

最後にLGのPCとNECNのPCとの議論になったのも面白かった。
しかも自キャラ、論破されて譲歩してるし(汗)。

戦士の類型はまたメールしますね。
2015/12/28(月) 23:18:45 | URL | マッドハッター #QxbLVY.o[ 編集 ]
どもですー。
D&Dは仰られている通り、クラスシステムのRPGとしてチームで事に当たるのが前提のゲームですが、今回の5版では「背景」で道具に習熟を持たせることでシーフやクレリックもどきなことができたり、マルチクラスで他のクラスを兼任したりすることで、冒険者としてはやや幅を持たせられるようになってますね。
時代とプレイ環境の変化から、短時間かつ少人数でもミッションをこなすための、ディベロッパ側からのアンサーかも知れません。

過去作である4版は露骨にオンラインゲームを意識しており、PCは防御役や撃破役(ネットゲームで言うところのタンクやダメージディーラー)などと言った『役職』に則っており、プレイヤーも4人以上が推奨されてました。これはこれで戦術級シミュレーションみたいで面白かったのですが、はたしてコレTRPGでやる必要があったのかと言うw
そういえば大昔のセッションは、プレイヤー参加者が5〜6人とかザラでしたね…いい時代だったなあ〜


関係ないですが、テルグレルの属性は「混沌にして中立(CN)」ではなかったでしょうか?
まあ何となく「中立にして悪」でもおかしくない気はしますけど(笑)
2015/12/29(火) 16:47:48 | URL | @2c #SFo5/nok[ 編集 ]
Re: タイトルなし
どもども。

> 道具に習熟、マルチクラス
あー、そういえばそうですね。
マルチクラスという手もありました。
習熟ルールのおかげでキャラクターをイメージしやすいというのも、ポイント高いです。
私の戦士も隠密習熟でシーフと伴に偵察兵的な働きができますし。

> プレイヤー参加者が5〜6人
そういやそうでした。
プレイヤー人数多いと時間が余分に掛かるというデメリットもあるし、マスター負担も増えるので私がGMするならやっぱり2~3人プレイヤーが理想なんですが。
ロードス島戦記も6人プレイヤーでしたねぇ(笑)。
なんとなくウィザードリーっぽいというか。

> 関係ないですが、テルグレルの属性は「混沌にして中立(CN)」ではなかったでしょうか?
おぉ、そうでしたっけ?
申し訳ない。
修正しておきます!
2015/12/29(火) 23:07:15 | URL | マッドハッター #QxbLVY.o[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック