マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
ライブRPGの夢
数日前に観た夢。
すでにうろ覚えの部分があるが、一応記録。

見知らぬ街にいる。
大都会というわけではなくてほどほどの中都市。
一人のこれまた見知らぬ若い男性と連れだって歩いており、彼の店に招待される。
その店とはライブRPGのアトラクション体験とコスプレ用品を販売する店だった。
店内には販売用の西洋ファンタジー世界風衣装やアクセサリー、模造品の武器や防具が陳列されている。
今まさに数人のパーティーが、アトラクションのダンジョンの入り口に向かおうとしている。
そのうちの一人が身につけているブレストプレートを間近に観て、「良くできてるなぁ」と思った。

ここのアトラクションはどうやら「ウィザードリー 狂王の試練場」の10階がモデルになっているようだ。
道を間違えるとテレポーターで地上に戻されてしまう。
あっという間にエントランスに戻ってくるパーティーもいて、妙に可笑しかった。

見知らぬ彼が近所にある二号店にも案内してくれる。
そちらはアトラクションはしていないようだが、コスプレ関係の商品が充実している。
そこに大学時代の友人が居た。
どうやら店主とは知り合いらしい。


…という夢だった。
アトラクションがとても面白そうで体験したかったような(笑)。
ちょっとだけ中を覗いてみたのだが、どういうギミックになっているのか理解出来ないものの良く出来ていた。
なにぶん夢なので(汗)。
「ウィザードリー」の10階はラスボス魔道士ワードナの部屋へはほぼ1本道なのだが、道を間違えると前述のように街へのテレポーターが作動する。
逆に言えばパーティーの怪我がひどかったりとか、魔力が残り少ない時にはテレポーターで地上に簡単に戻れるわけで、経験点稼ぎには便利な場所なのだった。
メイジの集団による「マダルト」集中砲火とかは痛かったが…

そういえば「ウィザードリーオンライン」思わず懐かしくて最近インストールしてみたのだが(もちろん無課金で)「DirectX」うんちゃらかんちゃらで何故かクライアントが起動しない。
最新版のDirectXになってるはずなんだが…
Windows7なのが一つ問題みたいなのだが、解決策がよくわからない。
コマッタモンダ><。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
ウィザードリィのライブアクションロールプレイ(LARP)は楽しそうですね。
向こうではD&Dはもとより、ヴァンパイアとかクトゥルフとかのLARPはずっと盛んなようです。一種のコスプレ会場な気もしますが。

最近30年ほど前のTRPG雑誌を見てると、ホビーショップに軒並みSLGやTRPG、ボードゲームが満載で懐かしくなるやら羨ましいやら。
ああいう時代はもう来ないでしょうが、ジャンルの趣味は細々とでも続いていってもらえたらなと感じました。
2015/12/23(水) 18:18:33 | URL | @2c #SFo5/nok[ 編集 ]
Re: タイトルなし
「ライブTRPG」なんて変な書き方してました、修正しました。
ライブロープレはやってみたいのですが、準備と周辺の理解が難しそうで。
商業ベースでやるには金掛かりますし。

大学生の頃、地元の近所のおもちゃ屋さんも結構ゲームコーナー充実してました。
タクティクスの付録ゲームの別売りユニットとかも販売していた(笑)。
近所で顔見知りだったんで、オーナーのおばさんがいつもレジで一割引してくれていたのがありがたかったです。
地元に帰る度にどんどんゲームコーナーが縮小されてしまって、寂しかったですね。
iMacの初期ブームの頃、そっち関係に店舗スペースを割かれてたりもしてましたが、結局数年前に閉店されてしまった。
特に地方じゃ生き残りが厳しいですね。

東京神保町の奥野かるた店、まだあるんだと最近知りました。
私が初めて東京に行った時ぶらりと立ち寄ったんですが。
当時はほんとにクラッシックボードゲームやカードゲームを扱っている店でした。
それから東京に行く機会が有る度に行ってたんですが、ここ10年以上行ってない。
現在どういうお店なのかよくわかんないですが、東京では専門店としてやっていけるんだろうなぁ。
2015/12/23(水) 23:44:12 | URL | マッドハッター #QxbLVY.o[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック