マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
TRPGとジェンダーのこと(D&D5版)
実は先日からD&Dをプレイしていたりする。
わたしはプレイヤーで参加。
D&Dは昔々に新和版でプレイしたっきりで、しかもプレイヤーをしたことは殆ど無いのだった。
理由の一つは…当時学生でルールブックが結構高価だったから、ってことはあると思う。
ベーシックの赤箱、ぺらぺらのルールブック2冊で4800円だったもんね(汗)。
エキスパートの青箱で野外へと冒険の範囲が広がり、またマジックアイテムの作成などのルールも加わってプレイしやすくなった。
しかし廉価が売りだった後発のT&Tやほぼ同じ価格でルールの充実したルーンクエストなどと比較すると、やはりルールブックの出来映え的に問題は感じたかな。
コストパフォーマンスは言うに及ばずだが。
TSR新和版D&Dは日本語版のマスター(黒箱)まで持っているが結局あんまりプレイしなかったのだった。

で、今回5エディションのプレイヤールールのpdf版が無料公開されているとの事で、プレイする事となった。

ダウンロードページ

現在はマスター用ルールも日本語版が公開されているようだ。
ほとんどルールを読まないままに(汗)キャラクター作成。
たまには品行方正なファイターでもやってみようか、と思って今回はローフル・グッドのハーフリングファイター(笑)。

既に二回プレイしているのだが、この度メモをまとめてキャラクターシートの整理をしていた。
遠方なので基本DMとのキャラクターシートのやりとりなどはメールで行っている。
ルールブックを改めて読み直したりしていたのだが…

キャラクターの性別に関して、なかなか興味深い記述があった。
p.35、四章:個性と背景の性別に関する記述。
以下引用。

 男性と女性のどちらのキャラクターをプレイするにしても、そのことで特段の利益や不利益が生じることはない。より広範な文化における生物学的性別、社会的性別、および性的な振舞に関する先入観に対し、君のキャラクターがどのように従うか、あるいは従わないかについては考慮すること。例えば男性のドラウのクレリックはドラウの社会における伝統的な性的役割分担に反抗するものであり、それは君のキャラクターがドラウの社会を捨てて地上に向かう理由となりうる。
 君は生物学的あるいは社会的な性別に関する二元論的な考えに縛られる必要はない。例えばエルフの神であるコアロン・ラレシアンはしばしば中性あるいは両性具有の存在としてあらわされ、多元宇宙におけるエルフたちの中にも中性あるいは両性具有の存在として生れてくる者がいる。また、男性として振る舞う女性のキャラクターをプレイしてもよいし、女性の身体に囚われてしまったと感じている男性をプレイしてもよいし、男性と間違われることを極端に嫌う髭の生えた女性のドワーフをプレイしてもよい。
同様に、君のキャラクターの性的指向も君が決定してよい。


現実の人間を対象として考えた場合、平均的な男女の体力差というのは明らかに存在する。
殆ど全てのスポーツが男女別に競技するのも、それ故だろう。
TRPG、特にD&Dのような剣と魔法のファンタジー世界を舞台としている場合、以上の事を踏まえればプレイヤーキャラクターは男性の方が有利な身体的特徴が得られる、とする方がよりリアルであると考えられる。
そのゲーム世界内の人類が現実の人類をモデルとしているなら、だが。
しかし私の知っているTRPGで、プレイヤーキャラクター作成の際に男女で能力値差が設定されているゲームは…思い浮かばない。
ルーンクエストではNPCに限ってだが、SIZ(サイズ、体格の大きさをあらわす能力値)を男性の場合は2d6+6、女性の場合2d6+3とするというルールがあったな、そういえば。
しかし、冒険者となるプレイヤーキャラクターに関してはそのような制限はなかった。
冒険者は一般的な枠組みに収まらない、という解釈かもしれない。
男顔負けの体格をもった女戦士などが再現できるわけでプレイの幅も拡がり、意義のあるルールだと思う。

今回↑の引用部分を読んで少しびっくりしたのは「君のキャラクターの性的指向も君が決定してよい」と明言されていた事だったりする。
この記述に抵抗があるわけではない。
役割を演技して物語を創造していくTRPGでは、むしろそんなことは当たり前だからだ。
私自身もオカマっぽいキャラクターをプレイしたことがあるし、NPCでそんなキャラを出した事もある。
ただ、少し違和感を覚えた。
そんな当たり前の事を何故注釈しなければならないのか?ということに。
…フェミニストとか同性愛者の団体がうるさいのかな(汗)と思った。
アメリカのゲームだもんなぁ。

ちと話はそれるが、ごく最近もアメリカの最高裁が同性婚は合憲であると判断を下したばかりだし、日本でも東京渋谷区で同性パートナー証明書の発行なんてのが行われるようになったようだ。
正直なところ、私は結婚という制度は生まれる子供を保護するための制度だと思っているので、同性同士で結婚する意味がよくわからないのだが…。
同性結婚だとかパートナー証明だとかが欲しい人は、私とは別の意義を認めているのだろうなぁ。

TRPGの話に戻るが、ゲーム内世界での性別による社会的な役割に関してまでフェミ団体への配慮とか、今後ないだろうな?
と、少し心配なのだった。

関連記事

コメント
いろんな多様性があるのは勿論ウェルカムですが、だからと言ってあれこれ気を使わなくちゃならないのも気ぶっせいですね。
まあこう言ってはなんですが所詮は娯楽、自由にやらせて欲しいものです。

今週もよろしくお願いします!
2015/12/09(水) 15:34:52 | URL | @2c #SFo5/nok[ 編集 ]
Re: タイトルなし
「多様性を認めろ」
と言いつつ自分たちに都合の悪い価値観は「認めない」とか「差別」だと言いつのる手合いも存在しますからねぇ(笑)。
配慮もエスカレートしすぎるのはどうかと思ったりはします。

今週末もよろしくお願いいたします!
2015/12/09(水) 22:32:00 | URL | マッドハッター #QxbLVY.o[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック