マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
餌だったはずのヤギに寝床をとられてしまった虎…
仲良くなった?虎と山羊のことがニュースになっていた。

餌になるはずだったヤギとトラが「仲良し」に ロシア
11/28 21:12


以下引用。

ロシア極東のサファリパークの中を歩くアムールトラと、そのあとを追う1頭のヤギ。
このサファリパークのトラたちは、週に2回、生きた動物を餌として与えられることになっていて、このヤギは、そもそも、トラの餌になるはずだったが、2頭は、むしろ仲良くなってしまった。
トラは、自分の寝床をヤギにゆずり、飼育員が近づくと、威嚇さえするという「守り」よう。
とはいえ、2頭の間には微妙な距離もある。
←動画あり。

なんだか微笑ましい光景ではあるが…
納得しがたい。
以前猫の通い妻…相手は動物園の山猫!?なんてのを書いたが・・・
この時のニュースも誤報とまでは言わないまでも報道側メディアの作為を感じてしまった。
これもそんなに微笑ましい話なのか?と猜疑心を抱き、海外ニュースを調べてみた。
と、↓がヒット。

Siberian Tiger Befriends Lunch After Fearless Goat Shows Him Who's Boss
The unlikely friends are apparently thick as thieves.




日本語ニュースではアムールトラとあるが、こちらのニュースではシベリアンタイガーとある。
「えっ、違うニュース?」と思ったらシベリアンタイガーのことをアムールタイガーとも呼ぶ…とハフィントンポスト(英語)のニュースに書いてあった(汗)。
私が無知だっただけか><。
しかしこのタイトル・・・直訳すれば、
「恐れを知らぬ山羊がどちらがボスか思い知らせた後、シベリアンタイガーは昼食と友人になった」
ってところか?
で、内容をざっくり読んでみたところ・・・以下適当に抄訳。

この山羊の名前はチムール(Timur)。
虎の柵囲いに餌として入れられたらしいが、勇敢なチムールは虎の攻撃に角を閃かせて反撃し、用心深い虎は混乱、この山羊とは争わない事を決意したらしい。
気の強いチムールは虎を追い回し、いつも寝ている寝床から虎を追い出しそこで眠っている。
一方虎は追いやられ、その寝床の屋根の上で寝ている。


思った通り。
↑にリンクした日本語ニュースとはかなり趣が異なる。
いわゆる美談とは言えないような…
しかし虎も災難だ。
山羊が虎について歩くのはなついているわけではなくて、常に威嚇しているという事か。
とは言え山羊も命かかってるもんなぁ。

ハフィントンポストのニュースの方が関係者の証言もありFNNのニュースよりも詳細を報道していると言えるだろう。
このニュースを↑の日本語ニュースのように報道する日本のメディアってなんなんだろうな?
昔々宗教勧誘に来た「○ホバ」の人が持ってきたパンフレットには、草食動物と肉食獣が仲良くしている楽園のイラストがあったけどね~。
「エホ○」の人が編集してんのか?(まさか…いや…)。
もし本当にそうだったら、自分の思想を報道に反映しないでいただきたい。

話は唐突に変わるわけだが、マッドハッターの地元の動物園での話。
以前も書いたかも知れないが…
私が体験した話ではなくて姉から聞いた話なのだが、ある時動物園で飼育員さん同士の会話が耳に入ったんだそうな。
「○○(動物の名前)が死んだんだが、ライオンは喰わないかな?」
と、言っていたそうな。
普通にそういう話はあるんだろうな、きっと。
関連記事

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック