マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
専門書の表紙を差し替えて自著にしてしまう大学教授?
目を疑ったニュース。

韓国の大学教授200人摘発、他人の著書の表紙だけ替え自著として出版=韓国ネット「これが大学教育の現実」「本がこれじゃ、論文は推して知るべし」
配信日時:2015年11月25日(水) 21時20分


以下引用。

2015年11月24日、韓国・聯合ニュースによると、他人の著書の表紙のみをすげ替えて自著として出版したり、こうした行為を黙認したりしたとして、韓国の大学教授200人余りが摘発された。

【そのほかの写真】

韓国の議政府地検は24日、「表紙替え」による著作権法違反・業務妨害などの容疑で、全国50校余りの大学の教授ら200人余りを摘発したと明らかにした。検察は合わせて、こうした犯行を知りながら、新作と偽って図書を発行した出版社3社の社員4人についても捜査を進めている。

「表紙替え」の方法は、すでに出版された専門書の表紙の著者名を自分の名前に変えるという実に単純なもの。一部の教授は疑いを避けるため、タイトルに文字を1、2字付け加えたり、逆に削除したりする手法も取っていた。こうした「表紙替え」は1980年代ごろから教授らの間で横行していたが、本格的な捜査が行われたのは今回が初めて。



論文の盗用とか、引用の出典元を明記しなかったとかは最近よく聞くが…
なんだこりゃ??
目的はやはり大学教員としての実績のため?
お粗末すぎやしないか?
研究者の資質としてもお粗末だし、犯罪者としてもお粗末だ(笑)。
そもそも著者名ってカバーにしか書かれていないのか?
日本の書籍には必ず奥付というものがあるが…
奥付はあってもそのページだけ裁断してしまうのかな。
いや、著者名ってカバーを外した表紙とかタイトルページとかにも普通記されているよなぁ。
韓国では違うんだろうか。

印税とかもどうなっているのか疑問だ。
日本の場合だが、印税は出版部数に対して支払われる。
販売部数ではない。
本の表紙の差し替え…とあるからには改めて本を印刷しているようには思えない。
もし印刷するのなら、それこそ表紙だけでなくてタイトルや著者名も書き換えればいいわけだ。
タイトルに文字を付け加えたり削除したり…ってはの改めて印刷している数少ない例なのかも知れないが、全てが印刷し直されるなら全員タイトルや著者名を変更するだろう。。
で、もし既に印刷されている在庫本のカバーだけ差し替えているのだとしたら…
印税どうなるんだろうな?
出版社側としては新たに出版した本となる…はずだ。
しかし在庫にさらに印税を支払う訳がない。
研究者側は印税は支払われない事を承知の上で工作していたのだろうが、出版社の帳簿はどうなる?
出版社の社員4名逮捕とあるが、関わったのは4名どころではないだろう。

…あるいは。
出版社の社員が裁断処分予定の在庫を持ちだし、カバーを差し替えて研究者に渡す、研究者は大学の教科書として学生に売る…ってことかな。
かなりセコイがこっちの方が有力かな。
この場合はつまり大学研究者は研究実績の為ではなく、小遣い稼ぎのために表紙を差し替えた事になる。
アホか…。

1980年代から横行してたってのも凄い話だ。
30年間放置されていたのか…
逮捕された200人っておそらく現在研究職にある人だろうから、現在引退している人を含めるともっと多い数になる事が予測される。
><。

↓。
やはり韓国の大学関連不祥事のニュースなんだが、こちらはもはや言葉も出ない。

学生に人糞を食べさせ虐待、元大学教授に懲役12年 韓国
2015年11月26日 17:45 発信地:ソウル/韓国
関連記事

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック