マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
ISISが北朝鮮の医師夫妻を拉致、身代金を要求
フランスの大規模テロ事件が話題になっている。
「フランスは戦争状態である」とオランド大統領はコメントし、空母をシリア近海に派遣した。
きな臭いことになっているが…
この報道にかき消されたのか?あまり話題にならなかった、というか私も今日知ったのだが、↓のようなニュースが。

北朝鮮、ISに拉致された自国民を事実上「見殺し」
2015年11月14日 | インテリジェンス, イスラム国, リビア


以下引用。

日本人ジャーナリストの後藤健二さんが武装勢力「イスラム国(IS)」に拉致された事件で、安倍政権の対応に批判が集まったことは記憶に新しいが、リビアで北朝鮮人が拉致される事件が起きている。

今年5月の中旬に、リビアの病院で勤務していた北朝鮮出身の医師夫婦が自宅に戻る途中、ISと思われるグループに拉致された。

現地の北朝鮮大使館は、拉致被害者の安否を確認するために各グループとの接触を図るなど情報収集には当たったが、実質的には「見殺し」にしているようだ。

「愛国者」なのに…

北朝鮮の情報筋は米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)に次のように語る。
「夫婦を拉致したグループは北朝鮮大使館に『数十万ドルを払えば解放してやる』と要求を突きつけたが、大使館は応じなかった。行方についてはわからない」(RFAの情報筋)

拉致された夫婦は、リビアの首都トリポリに住居を構え、中東各国の病院に北朝鮮の医師を送り込む人材派遣業を営んでいた。また、リビアとクウェートを行き来して様々な商品を売って、儲けた金を北朝鮮の国家に捧げていた「愛国者」だったが、大使館はあっさりと見殺しにしてしまった。

中略

事件が北朝鮮当局に与えたショックは大きいようだ。その後、当局は各国駐在の大使館を通じて海外駐在員や貿易関係者に「決められた居住地域から離脱せず、外貨稼ぎに励め」という指示を下した。

以下略。

…日本や韓国、アメリカ相手には「核による恫喝」を繰り返す北朝鮮だが、ISIS相手には軍事行動を示唆する声明を出さないのか?
ISIS相手じゃシャレにならない上に金にもならないもんなぁ…
おまけに安倍首相のように「テロに屈服しない」と言える立場じゃないもんね。

フランスのテロ事件の影でこのことが話題になっていないのか?と思ったわけだが、よく読んでみれば拉致されたのは5月とのこと。
しかし5月頃にもこんなニュースが話題になったっけ?
この引用元ニュースサイト「DailyNK」以外では日本で報道されなかったのかな?と検索していたら、同じく「DailyNK」の5月のニュースがヒットした。
↓である。

イスラム国、北朝鮮人医師夫婦を拉致か…リビア地元紙が報じる
2015年05月25日 | インテリジェンス, イスラム国, リビア


以下引用。

北朝鮮出身の医師夫婦が、リビアで「イスラム国(IS)」と思われるグループに拉致されたと現地の新聞「リビア・オブザーバー」が報じた。

同紙によると、事件が起きたのは先週。医師夫婦は、リビアのジャール地区の病院での診察を終え、首都トリポリの自宅に戻る途中、スルト県のアルヌフレーヤでISと思われるグループに拉致された。

以下略。

最初のニュースはこのニュースの後日談的な内容である。

最初のニュース記事が正しければ、医師夫妻は北朝鮮政府にとって外貨獲得のための使い捨ての駒としかみなされていなかったようだ。
そしてアラブ地域に在住する他の北朝鮮の人民(公務員なんだろうな)も同様なようで…

ISISによる日本人人質事件、日本政府はもちろん身代金の支払いには応じなかった。
「テロには屈しない」という大義の下に。
身代金を払えば、仮に人質が解放されたとしてもその後次々日本人がターゲットとされることが予想される。
身代金は支払わなかったが、人道支援の為の援助金を供出した。
「日本をテロに巻き込んだ」「日本人を見殺しにした」と政府を叩く勢力もあったが、この政府の判断は至極当然のことだと思う。
日本が武力行使という外交手段を選択できるならば、人道支援金以外にももっと有効な手段はあったかもしれないとも思う。
…私は別段戦争したいわけじゃないが、相手が「お前らを殺す」と刃を向けてくるのだからそれに備えるのは当然だと思う。
場合によっては殺される前に殺すべきだとも思っている。
話し合いの通じる相手ではないからだ。
こう言う時、武力行使という手段のとれない日本って、つくづく異常な国だと思ってしまう。
いずれにしろ現在の日本政府にはそれなりの覚悟があっての判断だったと思うし、断固として国益を守る意思の表れでもある。

で、北朝鮮は?
捜してみたが、北朝鮮政府のこの件に関するコメントは見つからなかった。
身代金を支払わない、という点では日本と同じだがその意図は全く異なる様に思う。
文字通り人民を見捨てたのだろう。
北朝鮮にとっては人民は外貨獲得の為の消耗品に過ぎないんだろうな…
北政府が何もコメントを出さないのは、国内の人民に事件を知られる事を怖れているのかな。
不満は噴出するだろう。

まぁ、このニュースソースも色々胡散臭そうなサイトなんだけど…(汗)。
関連記事

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック