マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
「キャットルフ」プレイ記録02
「キャットルフ」キャラクター作成、およびプレイ記録01の続き。

前回プレイヤーの選択したトリックについて少し解説。
「使い魔」は魔術師の使い魔であったことを表し、「クトゥルフ神話」5%をあらかじめ獲得している。
また「オカルト」に+ボーナスがあり、技能割り振りポイントを呪文獲得に割り振る事で最初から呪文を獲得している事にも出来る。
ただ呪文コストとなる割り振りポイントは結構ポイントが高い。
なので今回プレイヤーは見送ったようだ。
「影を歩くもの」は影から影へと移動出来る能力。
「使い魔」であることが前提条件になっている。
MP消費が必要で、「目撃者がいないこと」が条件となっている。
私は影から影へとテレポートするトリックだと解釈したが…
「キャットゥルフ」、このトリックに限らず、どうも訳に色々問題がありそうな追加ルールだ(汗)。
あるいは元々の原文のルールが曖昧なのか?

「ドア開け」は文字通り人間用のドアを開けるトリック。
判定は必要ないが、鍵が掛かっているドアは開けられない。
「泥棒猫」はやはり「ドア開け」が前提条件のトリック。
「登攀」と「「忍び歩き」にボーナスがある。

「農家猫」は農家で生まれ育った猫。
ルールブックには書かれていないが、農家猫は住処は人間に提供して貰えるものの通常餌は与えて貰えない。
害獣、害虫駆除が人間の目的だからだ。
CONに+ボーナスがあり、さらに「ドリトル先生」トリックを一つ修得しているお得なトリックだ。
「ドリトル先生」トリックとは文字通り他の動物の言語を一種類修得しているトリック。
魚とか昆虫はやめて欲しかったので(十分な知性を持っているとは思えなかった)「は虫類かほ乳類か鳥類」ってことで今回はお願いした。

以上が私なりのトリックの解釈だったりする。

さて、一回目のストーリー。
…を書こうと思っていたのだが、やたらと眠い。
ちょっと疲れ気味なのでまた後日><。
関連記事

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック