マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」でマーティーが訪れたのは今日だったらしい
基本タイトル通り。
で、↓のようなニュースが。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」で描かれた2015年10月21日が到来 映画と現実の違いは?
The Huffington Post | 執筆者: HuffPost Newsroom


以下抜粋引用。

1989年に公開された『バック・トゥ・ザ・フューチャー 2』で、主人公マーティがタイム・トリップした30年後のその日が、ようやくやってきた。2015年10月21日。マーティがタイムスリップした「2015年の世界」を、現実と比べてみよう。以下略。

映画で描かれた2015年と現実の2015年を比較したものだ。
垂直離陸する空飛ぶ自動車や巨大化する冷凍ピザは未だ開発されていないようだが、既に開発されている物、あるいは現実の方が先行している技術はあるようだ。
少し驚いたのが↓。
上記リンクより引用。

3Dホログラム

未来の街へ繰り出したマーティ。映画館で上映されていたのは、スティーブン・スピルバーグ・Jr監督作品の「ジョーズ 19」。映画の宣伝には飛び出す映像が使われていた。

この技術は現実世界で「3Dホログラム」という形で存在。ボーカロイドの「初音ミク」は3Dホログラム映像だけでコンサートを開けるほど進んでいる。


リンク先にも動画があるが一応埋め込み。



…こんなことになっていようとは…
進んでるなぁ。

インターネットの発展は映画では流石に予測されていなかったみたいで、確かに記憶はないな。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズは今でも好きな映画だが、やはり一作目が一番面白かった。
2・3はアイデア的に少し厳しい気もしたし、何よりヒロインジェニファー役の女優さんが老けていくのが観てて辛かった><
作中では高校生のはずだが、おばさんにしか見えなくなってしまって(汗)
関連記事

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック