マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
現代の探偵七つ道具
先日「クトゥルフ2010」をベースに現代日本舞台のクトゥルフTRPGをプレイすることになったことは書いた。
キャラクターの能力値や技能、職業は決めたものの所持品の詳細については未定だったので、設定していた。
また探偵業の実態というかそういうものも考えてみればよくわかっていない。
私の探偵に関するイメージってやはり「ホームズ」とか「明智小五郎」物から来ている。
現代の探偵では使用する装備品も異なるわけで。

で、色々検索してみた。
まず探偵の依頼料だが、とある興信所には「時給8000円(調査員一人当たり)」とあった。
しかも他社よりも格安!というのが売り文句のようだ。

普通に考えれば時給8000円はかなりの高額だ。
弁護士の相談料が30分5000円ぐらいからだからなぁ。
格安!というのが本当だとすれば、弁護士相談料とほぼ同じか。
まぁ、しかしそんなものかも知れない。
弁護士とは違って仕事が深夜にまでわたることもあるはず。
別のサイトには、着手料○○万円、成功報酬○○万円というのもあった。
期限を区切って初期調査をし、それで成功すれば+成功報酬。
いずれにしろ一旦報告書を出した後に継続するか?、継続するなら追加調査料+成功報酬○○万円なのだろう。
なるほど。
時給8000円を元に考えると、一日12時間の調査で約10万円。
三日の調査で30万円か。
…一応12時間と書いたが、仮に一人でやっていれば実際は24時間働かなきゃならない場合もあるわけで、このぐらい貰わないとやっぱりやってられないかも知れない。
毎日仕事があるわけでもないだろうし。
しかも盗撮、盗聴など脱法行為とみなされることもするわけで。

で、装備品なのだが「2010」ルールブックを元に思いついた物をキャラクターシートに書いてキーパーに送った。
その後、気になって「探偵 道具 通販」などのキーワードで検索してみると…
色んな物がヒットしてびっくりした。
お金には余裕のあるキャラクターなので、日本で入手可能な範囲で追加で装備品を買っておくことにした。
暗視スコープ・カメラに関しては「2010」にも少し記述があるが、私の調べた限りではいわゆるパッシブ型の「スターライトスコープ」は販売されていないようだ。
赤外線式の暗視スコープは結構安く販売されているのだが。
赤外線式を購入することにした。
また、赤外線式隠蔽型ビデオカメラなんてものがあるのにもびっくり。
しかも、WI-FIでネット接続、スマホアプリでスマホから監視できるらしい。
アングル変更も可能だとか。
うへー。
対して、防犯グッズというか盗聴器や盗撮機器をスキャンするアイテムも多かった。

実際には特に使い道もないのに「あ、これ欲しいなぁ」、と思ったものもあった。
腕時計型ビデオカメラ&ICレコーダー(笑)。
以前盗撮事件で使用された、というニュースを見て存在は知っていたのだが思ったよりも高性能で笑えた。
しかもそれほど高価な商品でもない。
2万円以下で購入出来る。
赤外線暗視カメラも3万円程度で購入出来るのにびっくりした。
ふーむ。
悪用も可能なので敢えてここではリンクを貼らないが…

私が子供の頃、スパイメモみたいな商品が流行した。
一見ただのメモ帳なのだが、水に溶けるメモ用紙だとか、一定時間が経過すると文字が消えるメモ用紙とか(思い違いがあるかも知れない)が一つのメモ帳におさめられていた。
今検索してみたが、サンスターから昭和30年代~40年に販売されていたスパイキットとは別物のようだ。
私はその時代生まれていない(笑)。
私が持っていたものは鉄十字だったかハーケンクロイツだったかの紋章が入っていた。
当時はちょっとしたスパイブームで(007映画やスパイ大作戦の影響だろう)なんだかスパイって格好いい!と思っていた(笑)。
水に溶けるメモがすぐになくなってしまって、また買って貰った覚えがある(汗)。
まぁ、一番の消耗品だわなぁ。
そんなスパイへの憧れが時計型ビデオカメラを欲しいと思った理由かも知れない。
今回キャラの装備品設定をしていてなんとなく懐かしく思い出してしまった。

装備品設定も一通り終わり、現在見直し中。
色々調べて書くのは面倒だったが、子供の頃の事を思い出して結構楽しくやらせてもらった^^





↑Amazonリンク。
関連記事

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック