マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
フォルクス・ワーゲンはぼろくそになってしまうのか??
溜息が出るような偽装ニュース。
あの天下のVW社が…

日本での販売なし=VW、アウディ-排ガス不正車

以下引用。

 【フランクフルト時事】ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)のディーゼル車排ガス不正操作問題をめぐり、VWグループの主力乗用車部門の「VW」と「アウディ」が、日本では対象車を含むディーゼル車を販売していないことが分かった。VW日本法人が23日明らかにした。
 高級車「ポルシェ」についても、対象車は日本で販売されていない可能性が高いという。(2015/09/23-18:24)


二日ばかり前からさかんにニュース報道されている。
このニュースのポイントは…
やはり意図的に排ガス検査の数値をごまかそうとしていた部分にあると思う。
よーするに規制による検査を違法にパスしようとしていたわけで…
確信犯だ。
検査員に賄賂を送るのと変わらない。
カタログデータと実際の値に誤差がある、なんてのは良くあることだがあからさまな詐欺だよな…

アメリカでは制裁金2兆円以上…って…
もちろんこれだけで済むわけもない。
VWのアメリカシェアは4%以下のはず。
主な輸出先はEUや中国のはずで、同じような措置が講じられるだろう。
アメリカでも個人消費者から既に訴訟が起こされているようで…
VW社まじで倒産するかもである。

ドイツといえば自動車産業、ハイテク産業のイメージだったのだが、これはVW社のみに収まらないドイツブランドの失墜になりそうな気がする。

ドイツと言えばここのところあまりいい印象無かったんだよなぁ。
シリア難民の大量受け入れで他のEU諸国の不興を買い、ギリシャからは戦時賠償金を求められ(これは今さらな感じだが)、どちらかと言えば親中国家で(二次大戦時も中国に武器を売っていたし)、EU経済で一人勝ちしているとはいえ、どこか危うさを感じていた。
ドイツ車と言えば日本でも信頼されるブランドだと思うのだが…今後は敬遠されるだろうな、間違いなく。

VWグループの企業って案外幅広いようである。

VWグループ←ウィキペディア。

↑より引用。
自動車部門だけ。

フォルクスワーゲン・グループ自動車部門[編集]
自動車部門はフォルクスワーゲン・グループの利益の90%を占める部門である。乗用車はクラシカルな高級感を強調したVW(フォルクスワーゲン)部門と、ハイテクさとスポーツ路線を強調したアウディ部門の2つに分かれる。どちらのブランドも革新性と品質の高さを強調している。フォルクスワーゲン・ブランドにはフォルクスワーゲン乗用車部門、シュコダ、ベントレー、ブガッティが含まれ、アウディ・ブランドにはアウディ、セアト、ランボルギーニが含まれる。それぞれのブランドは市場で独自のアイデンティティを持ち、また独立した企業運営がなされている。もうひとつどちらにも属さないフォルクスワーゲン商用車(Volkswagen Commercial Vehicles)がある。計8ブランドを有する巨大グループであり、グループ全体では世界第5位の販売台数を誇り(2005年)、2013年にはGMを抜いて、トヨタグループに次ぐ世界第2位となる。また、グループの投資の一環としてスウェーデンのスカニア社、ドイツのMAN社の株主となっている。中国での合弁会社も会計上は投資の一環(equity method)として計上されている。
7ブランドをフォルクスワーゲンとアウディとの2ブランド群に分けている現在のブランドグループ区分(管理区分)を解消する予定であると2007年1月11日に発表されている。ブランドを横断する組織として、R&Dグループ、製造グループ、販売グループなどの新設予定も発表されている。


アウディのディーゼル車でも同様のいかさまをやっていることを認めているようだ。

実はうちの義兄先月までアウディに乗っていた。
ディーゼル車ではなかったそうだが。
というか日本の車検制度のおかげで、問題の車種は日本には入ってきていないらしい。
つまり排ガス偽装ソフトウェアは日本では役に立たないということのようだ。
車検制度って実は偉大だったんだな(笑)。

この事件発覚後だったならアウディブランドイメージの低下もあって高くは売れなかったかも知れない。
絶妙なタイミングだったな…

ベントレーやランボルギーニもVWグループなんだ。

欧州車全体の信用落としそうだな…

今思えばスズキの提携解消も、これを予期していたのかも知れない。
関連記事

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック