マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
東京五輪エンブレムパクリ疑惑問題
ずっと気になっていたニュース。
事件の進展を見守りつつ、デザイナー佐野研二郎氏やJOC、審査員の対応に腹立ちばかりが募っていた。
数日前だが、私の腹立ちの原因をスパッと言い当ててくれている記事があったのでご紹介。

しくじり佐野研二郎氏に足りない「リスペクト」と「許される力」
竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表] 【第140回】 2015年8月25日


以下抜粋引用。

 佐野研二郎とはいったい何者なのか? 世間的には「いま、日本でもっとも有名で旬のアートディレクター」ということになっていて、それはもちろん間違いではないかもしれないが、僕が問うてみたいのは、彼が「何をやってきたのか」ではなくて、彼の「クリエイターとしての本質」である。

 それはつまり、ますます世界を巻き込んで広がっている一連のパクリ疑惑そのもの、つまり佐野氏が何をパクったかということよりも、今回のパクリ騒動がなぜここまで大騒動になったか、ということである。

 結論を先に述べると、いまだに騒ぎが収まりそうにない今回の騒動の本質は、パクリではなく、佐野研二郎というクリエイターの本質と、日本社会の伝統的な美意識の「対立」なのではないかということである。つまり、多くの人が考える「日本人のクリエイティビティに対する感覚」というものに対して、「佐野氏のクリエイターとしての感覚」が真っ向対立しているところに、今回の騒動の根本的原因があると思われるのだ。こんな人間が日本を代表するクリエイターだと評価させていいのか――。執拗に佐野作品の疑惑を追及する人たちの本当に怒りはそこにあると思う。
以下略。

結構長い記事なので省略。
ご興味のある方は是非全文お読み頂きたい。

以前、

これでプロを名乗れるのか??…なら私もOKですか?

なんて記事を書いた。
ここで絵柄の不統一感を私は指摘しているが、問題となった佐野氏のサントリートートバッグデザイン、まさにこれなのである。
統一感とはつまり作者のオリジナリティである。
ニュースで紹介された各トートバッグデザインにはそれが感じられなかった。
つまり複数の作者によって作成された可能性がある、と思った。
結果、佐野氏は「部下がトレースした」という事で一部盗作を認め、トートバッグデザインのいくつかを取り下げた。
トレース?
フランスパンに関してはトレースどころではないだろう。
明らかに素材として使用している。
Adobeイラストレーターのライブトレース機能を使用した、と言いたかったのか(笑)。
ライブトレース機能とはJPGなどのラスタ画像をベクター画像に取り込む機能だ。
…簡単に説明すると…
デジカメで撮った画像はラスタ画像。
ドット(小さな点)の集合体である。
対してベクター画像とは、一本の線しかない画像で説明すればXY軸状のどこが基点でありどこが終点であるか、をデジタルデータ化(数式化)した画像データであると言える。
慣れた人なら一部の色味だけを変換したり、拡大縮小、輪郭線の強弱、変形などを容易に行える。
佐野氏の言う「トレース」とはこの意味でのトレースだろう。
でなければあそこまでフランスパンがそっくりに「トレース」できるはずがない。

「部下が~」ってのもの卑怯だよな~。
「佐野研二郎デザイン」をキャッチコピーにしておきながら、盗作がばれたら「部下の仕事」ってどういうことだ(笑)。
アートディレクターとしての責任はあると明言しているのだから、この件に関しては責任とるべきだろう。
…まだ多摩美の教授職に居座るつもりなのか?

東京五輪エンブレムに関しても…
組織委員会が釈明会見する度にぼろが出てズタボロな感じだ。
先日、佐野エンブレムが選考された過程が明かされ選考されたデザインが他デザインと似ているとのことから修正され最終デザインになったと公表された。
他デザインと似ている、時点で何故キャンセルされないのだろう?
そこまで佐野デザインに固執するのは「佐野デザインにあらかじめ決定されていた」との憶測がある。
つまり審査そのものが出来レースだった、と。
これを補強する状況証拠がいくつかある。
二日間に及んで選考審査は行われたわけだが…
公開された動画、一日目、二日目ともに「審査員の服装が全く同じ」だと指摘されている。
つまりこの選考動画自体が捏造だということであり、まともな選考審査は行われていなかった、と考えられるのだ。
(動画を間違えていたとかいいそうだが)。

五輪エンブレムに関する私の感想。
NHKニュースで見たのが初見だが、正直ピンとこなかった。
文字という元々意味を持った記号をモチーフにする…ってのは手法としてはありだと思うが、やや安易な気がするし著作権、商標権的に問題を起こしやすい(事実起こっているし、佐野氏側はそれを弁明に使用しているようだ)。
何より黒を基調としたデザインで堅いイメージ、スマートさも感じないし、なんだかさえないエンブレムになったなぁ、というのが感想だった。
最初の話に戻るが、オリジナリティと華やかさ(抽象的すぎてデザイン画としての見栄えのよさ)を感じなかったのだ。

ベルギーの王立劇場代理人弁護士(貴族であられる)は、ベルギーでの訴訟と同時にスイスでの訴訟も視点に入れているようだ。
印刷物一点につき50万ユーロの賠償金を請求しておられるようだ。
50万ユーロとは約670万円。
勝訴したとしてもそのままの額が賠償金となるわけではないだろうが…
もし佐野氏側が敗訴したら、これ誰が払うんだ?
JOC?組織委員会?ってことは税金か????

佐野氏敗訴は「もし」なんてレベルじゃないと思うので、さっさと差し替え、再公募で良いと思うんだがなぁ。
少なくともサントリートートバッグの件は認めているわけだし。
ってか、その上で辞退しない佐野氏の神経がわからん。
組織委員会や広告代理店博報堂も。
それがまた談合的審査の状況証拠な感じである。

…さっさと再公募するべきだ…
関連記事

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック