マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
中国のスノーデン、機密文書を持ち出しアメリカへ亡命
あれまー、な事件。
いよいよ中国共産党ヤバイのではないか?

2015.8.10 06:45

胡錦濤・前国家主席の最側近の弟、米で亡命手続き 機密資料2700点持ち出しか?


以下引用。

 【北京=矢板明夫】昨年12月に失脚した中国の共産党の大物政治家、令計画氏の弟で元国営新華社通信記者の令完成氏が、米国に亡命していることが米メディアの報道で明らかになり、中国国内で大きな波紋を広げている。中国国内から共産党の機密資料約2700点を持ち出したとされているためで、米中央情報局(CIA)元職員のスノーデン容疑者による機密暴露の「中国版」に発展しかねない情勢だ。

 米紙ニューヨーク・タイムズなどによれば、令完成氏は妻とカリフォルニア州に滞在し、米国政府に対して政治亡命の申請手続きを進めているという。中国政府は身柄引き渡しを求めているが、米国は態度を留保しているという。

 山西省出身の令計画氏は胡錦濤前国家主席の最側近として知られ、日本の官房長官に当たる政権の大番頭役、党中央弁公庁主任を長年務め、共産党の機密情報を管理していた。

 令計画氏は5人兄妹の4人目で、事故死した長男以外には次男が山西省政治協商会議副主席に就くなどみな各方面で出世を重ねた。ちなみに5人兄妹の名前は共産党の文献によく出てくる言葉を使い、上から「路線」「政策」「方針」「計画」「完成」という。

 しかし、昨年末の計画氏の拘束に伴い、中国国内にいた親族はほとんど捕まり、一番下の弟、完成氏だけが米国に逃れたという。完成氏は中国指導者の海外における不正蓄財に関する機密資料など計2700点を計画氏から託されたとの情報がある。

 完成氏は、一族に重い判決を下せば、これらの情報を公開すると中国当局を脅しているという。共産党関係者は、「令完成氏の機密資料は習近平政権にとって大きな爆弾のようなものだ。対応を誤れば大きな不祥事になりかねない」と指摘している。


内政も経済もうまくいってない習近平政権にとっては大打撃となるだろう。
事実上「人民抑圧軍」になっている人民解放軍の軍事クーデターもありえる。
とか、素人ながら感じているわけだが…

いい事を思いついたぞ!話題を変えよう!!(←昨日のエントリー参照)

…実は凄く気になったのが当事者とその兄妹の名前だったりする。
以前も中国人の名前に関しては中国海軍トップ呉勝利司令官、違法占拠した南シナ海の島の施設を国際共有すると発言というエントリーで取り上げたのだが、この令氏のご兄弟の名前が凄いな、と思った。

ちなみに5人兄妹の名前は共産党の文献によく出てくる言葉を使い、上から「路線」「政策」「方針」「計画」「完成」という。


…日本と中国は同じ漢字圏ではあるが、日本ではちょっと考えられない名前だ。
鈴木路線とか中村方針とか…実際そんな名前の方がいらっしゃったら申し訳ないが、かなり違和感を感じる。
日本語で意味の理解出来る名詞になっているのが、過分に違和感をもたらすのか?
政策…なら「せいさく」で日本でも違和感のない音ではあるが、通常この漢字は当てない。
まぁ、日本人の感覚で捉えようというのが無理があるのだろうが、推測される命名の根拠が「共産党の文献によく出てくる言葉」ってのが…
ってことは以前のエントリーで紹介した常万全氏や呉勝利氏もまた同じような根拠で名付けられたのだろうか?
あるいは「縁起のいい名前」の人(共産党員)が出世できる、という土壌でもあるのか??
なんだかキリスト教圏では聖書に出てくる聖人の名前を名付ける、ってのを思い出してしまった。
勿論全ての人がそうではないが…
共産主義ってそれ自体が宗教なのかな、と。
宗教は麻薬だもんな、共産圏にとっては。

日本のネットで時々話題になっているいわゆる「キラキラネーム」とかとは少し趣が異なるのだろう。

…随分以前に書いたが、私の父親の従兄弟が「○○ーシャ」という名前を娘さんに名付けた。
ネットでの「キラキラネーム」名付けに関しては「低学歴の親がつけるとこうなる」みたいな論調が多いがこの父の従兄弟、旧帝大院卒で某電力会社に勤務していた、まぁエリートと言っていい人。
ただ理系の技術者で…このあたりが問題だったのかな、とか人ごとながら思ったりとか。
某文学作品のヒロインの名前らしいのだが…うーん。

令氏のご兄弟に関しては計算された上で名付けられたのだろうなぁ。
共産党支配の中国でこの名前にどのような意味があるのかは、想像するしかない。
関連記事

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック