マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
ヴァーチャルリアリティなボードゲームをする夢
本日は休日。
先日から少し寝不足だったので、たっぷり就寝しようと思っていたのだが6時には目が覚めてしまった。
で、二度寝してうつらうつらしていたら電話が掛かってきた。
多分8時半ぐらい。
保険の営業だ(汗)。
お断りして三度寝><。

でなんだかヘンテコな夢を見た。

大学のゲームサークルの友人がボードゲームをしようと誘ってきた。
すごろく型ゲームで、テーマ的にはファンタジー版の人生ゲームみたいな感じだ。
ろくすっぽルールを理解しないまま参加する事に。

プレイ前は確かに普通のボードゲームだったのだが、いざゲームを始めるとプレイヤー視点の3Dヴァーチャルリアリティ?なゲームとして始まる。
でっかいD6ダイスをふり出た目に従って双六風の盤面を進んでいく。
双六とはいえ、一本道ではなくてどの道をたどるかはプレイヤー次第。
地形による移動の修正などもある。
所々にイベント発生場所もあるようだ。
最初に振ったダイス目で「転職」するイベントマスにとまる事ができるのでそこに進むと…
いきなり「ブラックドラゴン」になってしまった。
少しラッキーかな、とは思った。
地形効果を無視して飛行移動出来るのだ(確か地形無視でダイス目の二倍まで移動出来た)。
他プレイヤーが人間で細々しているイベントをこなしているのを尻目にずんずん先に進んでいく。
私を誘ったプレイヤーは余裕かましているので、ただ強い種族になっただけではダメなんだろうな、ぐらいの認識はあった。

このゲームは前半と後半に別れており、一通りのイベントを終えてプレイヤーの納得いくまである程度成長すると、一つの橋を渡って次の盤面に移動する。
他プレイヤーが盤面の右側のイベントを主にこなしているので、私は移動力をいかして左側のイベントをこなす事にする。
しかも左端から中央に向かって。
他プレイヤーの移動速度を考えると、左側のイベントを独占できそうだったのだ(ある意味汚いやり方だが、ゲーム上許されているならOKな戦略だと思う/汗)。
「○○のしずく」(○○は忘れた)と「鉄の剣」とされているイベントをパスして盤面一番左側の「黒龍の沼」イベントマスへと進む。
自分もブラックドラゴンだし、何かいい事あるかも!と思ったのだ。
ところが!
沼の黒龍といきなり戦闘!
力の差がありすぎてあっという間に死亡してしまった。
…しまった、各種イベントでアイテム収集や、成長しておかなければダメだったのか!と後悔する。

で、最初からやりなおし。
他プレイヤーは盤面の二段階目に進んでいるが、ブラックドラゴンのままで最初のマスから始める。
私がパスした右側のイベントを試してみるとどうやら各種スキルが手に入るものだった。
が、人間NPCから教わるタイプのものでブラックドラゴンの私には教えて貰えない。
ブラックドラゴン、ラッキー♪が、そもそも間違いだったみたいだ。
左側の私がパスしたイベントがまだ未終了で残っていたので試してみたら「○○のしずく」ではお酒が手に入った(笑)。
「鉄の剣」では宝箱を開けなければならなかったのだが、当然解錠に失敗。
ロックピックの技能が少しだけ上がったが、宝は手に入らなかった。

これ以上どうしようもないので橋の所に行ってみる。
ここでは便宜上「橋」と書いているが、どうも別世界への移動をすることになるようだ。
ここで私同様出遅れていた別プレイヤーと出会う。
…この時点でボードゲームの俯瞰図などは私には認識できなくなっており、完全にゲーム世界の住人になっている。
彼は巨人に転職(てか転生)しており、良かったらこの先を一緒に行かないか、と誘ってくれる。
このゲームの経験があるようだし、私にも異議はない。

一緒に進んだ次の世界は、まるで巨大な鍾乳洞のようだった。
鍾乳石が垂れ下がり、石筍と繋がっている…その高さ数百メートル。
そんなものがいくつもそそり立っている。
光源はないのに妙に明るいが、私達にはそれは気にならなかった。
ブラックドラゴンの私もだが、巨人の友人も宙に浮かんでいる。

何か物音がするのでそちらに進んでみた。
見ると石筍に猫が巣を作っている。
軒下にツバメが作る巣と同じような形で親猫と仔猫が数匹。
石筍とは言え地面からは随分高い位置だ。
どうしたらいいんだろうな?と思っていたら巨人の友人が、「これはゲーム盤の下の世界で、ゲームとは直接関係ない」と言う。


…もう少し続きがあったと思うのだが、これぐらいしか思い出せない。
私をゲームに誘った友人が、悪意をもってルール説明しなかった印象だったのでなんとかそやつをギャフンと言わせたい(←死語)と思っていたような(笑)。
ゲームしている時は楽しかった。
ドラゴンとして空を飛べたし。
失敗はしたもののイベントも面白かったな^^
関連記事

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム


コメント
やってみたいですねえ(笑)
最近では同人ボドゲもすっかり増えましたし、制作も面白いかもですね。
2015/07/22(水) 17:45:06 | URL | @2c #SFo5/nok[ 編集 ]
Re: タイトルなし
夢の中でプレイしていてわりと面白かったですね(笑)。
「火吹き山の魔法使い」ボードゲームに似た感触でした(橋が存在したりとか)。

同人ゲーム…もいいのかな。
モノポリー並みのゲームができれば億万長者ですな(笑)。
2015/07/23(木) 23:11:22 | URL | マッドハッター #QxbLVY.o[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック