マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
ネッシーの正体判明!?「研究者生活24年」の研究者が見解
研究者生活24年…「教師生活25年!」の「ど根性ガエル」(現在実写ドラマ化されているらしい)の町田先生には及ばない…

ネッシーの正体は巨大ナマズ?24年間観察中の「専門家」が見解
2015年07月17日 13:34 発信地:ロンドン/英国


以下引用。

【7月17日 AFP】英北部スコットランド(Scotland)のネス湖(Loch Ness)に生息するとされる伝説上の怪物「ネッシー(Nessie)」の行方を24年間追い続けている「ネッシー専門家」が、ネッシーの正体は巨大なナマズである可能性が高いとの見方を示した。ただし、追跡調査はまだやめないという。

 スティーブ・フェルサム(Steve Feltham)さん(52)は、世界で最も長期間にわたりネッシーを継続観察しているとしてギネス世界記録(Guinness World Record)に認定されている。このほどAFPの取材に、世界中の人々の想像力をかきたててきた謎の生物の正体について、こう語った。

「現時点で最も有力なのは、ヨーロッパオオナマズだ。これが、最もあり得る説明だ」

 フェルサムさんはネッシーの正体を突き止めようと、1991年に恋人を置いて故郷を離れ、ネス湖にやってきた。以来、湖畔にテントを張り、24時間体制でネス湖観察を続けてきた。

 今週のメディア報道では、フェルサムさんがヨーロッパオオナマズ説を本命視したのはネス湖観察を切り上げたからではないかと示唆されたが、当のフェルサムさんは「これが最終的な説明だとは言っていない」と述べ、まだネッシー追跡はあきらめないと断言。世界が注目する謎の完全な解明まで数十年はかかるだろうとの見方を示すとともに、ネッシーの正体は「平凡なナマズより、もっとわくわくするものであってほしい」と語った。

 ヨーロッパオオナマズは欧州中東部が原産で、大きいものは体長4メートル、体重400キロ以上にもなり、最低でも30年生きる。ネス湖にヨーロッパオオナマズが放流された記録がないことはフェルサムさんも認めるが、ビクトリア朝時代(1837~1901)にはネス湖周辺に富裕層の狩猟用別荘がいくつもあったことから、「当時の人たちが釣りを楽しむためにネス湖に持ち込んだと考えられる」という。

 ビクトリア朝(後期)に放流されたと考えれば、ネッシーが最初に話題を集めた1930年代には「十分に大きくなっていたはずだ」と、フェルサムさんは説明している。(c)AFP/Robin MILLARD


ヨーロッパオオナマズ←ウィキペディア。

によれば最大でも体長2mほどの大きさだとか。
う~ん。
リンクしたニュースにもある最も有名なネッシー写真は捏造であると撮影者本人が認めていたはず。
ネッシーは必ずしも首長竜タイプではない、と考えられる。
ヴィクトリア朝に放流…となると中世期からあるネス湖の怪物伝説を説明出来ないが、伝説は単に迷信だったのかも知れないしケルピーだったのかもしれない(笑)。
というか別々の存在だったのかも。

この研究者、恋人をおいて28歳から24年間ネッシーに人生を捧げてきた事になる。
どうやって生活していたのかも気になるが(スポンサーでもいたのか?)結論が「ヨーロッパオオナマズ」…ではちょっとやりきれないものがあるんじゃないだろうか、と人ごとながら心配(汗)。

おそらくヨーロッパオオナマズだと思われるニュース。

ポーランド 釣り上げた巨大ナマズからナチス軍人の遺体発見
2015年04月21日 11時34分


以下抜粋引用。

ロシアサイト「RIDUS」の20日の報道によると、ポーランドの漁師2人がポーランド西部オーデル川にて、体長4m、重さ200kg以上の巨大ナマズを釣り上げた。

驚いたことに、漁師が巨大ナマズをさばくと、お腹の中から一体の遺体とドイツナチス時代の金属製鷲章が発見された。巨大ナマズの腹部から見つかった遺体を調査した結果、この若い軍人は数十年前に死亡した。彼はドイツナチスに所属していた軍人で、ドイツ軍がポーランドに侵略した時期に死亡したと思われる。

これらの事から、このドイツナチス軍人は約1940年にナマズに食べられ、消息不明になっていたと見られる。

(続きは次ページ)
以下略。

これ、ナマズとあるからヨーロッパオオナマズで間違いないと思うんだが。
ロシア発で新華ニュースというのがアレな感じだ…。
4mというのも驚きだが、70年前のナチスの徽章ってのが…
ウィキペディアを信じるならば、寿命は30年程度。
生育環境が良いのはギリシャとある。
ポーランドかぁ。

海老で鯛を釣る、じゃないけどナチス軍人を食べちゃった魚を食物連鎖的にこのナマズが食べちゃった、とか?
合理的に考えればそのぐらいしか考えられない。

ミステリーである^^
関連記事

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック