マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
中国でスイカが爆発したらしい…(食の安全)
「中国で○○が爆発!」ってのは某巨大掲示板でよく見かけるタイトルだが…
今度はスイカが爆発したらしい…

中国スイカの「怪奇現象」 白い泡を吹く、患者を出す、爆発する…化学物質の多用が原因?

以下抜粋引用。

 中国で、割る前に白い泡が吹き出るスイカの映像がインターネット上に流れ、衝撃を与えている。スイカをめぐっては、今年4月に17人が中毒症状を訴えたり、数年前には畑で栽培中のスイカが次々と爆発する怪現象が起きたり。いずれも農薬の誤った使い方に原因があるとの指摘があるという。食の安全を度外視するという中国の“体質”が改めて浮き彫りになっている。

白い泡がわき出る、食べると中毒を起こす

 動画投稿サイト「You Tube」の映像では、白い泡が出ているスイカが皿の上に載せられ、包丁のようなもので突くと、さらに白い泡がわき出ている。原因はよくわからないが、ネットユーザーによる「告発」とみられる。

 ただ、スイカをめぐる「問題」はこの映像に始まったわけではない。今春には中毒事件が発生し、17人が被害に遭った。

 チャイナ・デーリーや英紙デーリー・ミラー(いずれも電子版)などによると、山東省青島で今春、海南省の業者が生産・販売したスイカ「黒美人」を食べた17人が嘔吐(おうと)などを訴えた。当該のスイカを調べたところ、毒性の強い殺虫剤「アルジカルブ」の残留量が基準値を超えていたことが分かった。

(中略)

 今年6月、中国の犯罪集団が1970、80年代の冷凍肉を湖南省などの冷凍食品の卸売市場で売りさばいていた事件が発覚したが、ニューヨーク・タイムズ(電子版)は、中国における「食の安全」の問題を取り上げて、こう指摘している。

 「子羊にみせかけたネズミ肉から、腐ったミルク、爆発するスイカまで、中国人の消費者は食物スキャンダルで、その胃をかき回されている」

 「食の安全」無視の被害者は消費者でしかない。


スイカに関しては成長促進剤の量が多すぎて爆発…という事のようだ。
基準値以上の使用は無論違法なのだろうが、↑記事からすると当局はあまり熱心に取り締まってはいないような…
勿論、爆発せずとも人体に悪影響もあるのだろう。

最近、会社員を引退後農業に転職した方と知り合って話をする機会が有ったのだが…
なかなか研究熱心な方だった。
ご兄弟が農業をされていたらしく、苗を分けて貰って育てて、収穫時何故兄弟の所と味が異なるのか?等を研究されたようである。
美味しくて安全な(それでいて消費者にも優しい価格の)農産物を提供するべく努力されているようだった。
私個人としては土いじりにはあまり興味がなくて、「はぁ、はぁ」って感じで頷いていただけだが、真摯な態度は感じられた。
関西の博物館とか遺跡の話になった時には私のターンだったが(笑)。

食の安全って例えば交通機関(自動車とか電車とか)の安全性と同じぐらい大切なことだよな、と今さらながらに思うのだが、現中国ではモラルハザードしてるのか。

中国・スイカで思い出したが、キョンシー映画の「幽幻道士」には「スイカ頭」と日本語で翻訳された登場人物がいたな~。
英語の"melon head"は「うすのろ、マヌケ」などの意味になるようだが、"watermelon head"はなんなのだろう?
と思って調べてみたら…

http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/6372/

↑「田舎者、無粋者」という意味らしい。

「戦闘メカザブングル」 の主人公ジロンは英語版ではやたらと"melon head"と呼ばれてるんだが…
あれはジロンの丸顔とも合わせて呼称されていたのかな~?
日本語では「ど饅頭」という表現なのである^^
関連記事

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック