マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
紋付き袴姿のヒットラーの写真が発見される!
ちょっと興味深かったので。

“着物姿のヒトラー”の写真が発見される!! 誰も見たことがない衝撃の姿!

以下引用。

 今月22日、かつてナチス・ドイツ(第三帝国)を率いた独裁者アドルフ・ヒトラーが、若かりし頃に描いた水彩画などがオークションにかけられ、合計で5,580万円近くの値をつけたとして話題になっている。しかし今、ヨーロッパではヒトラーの意外な姿を収めた写真が公開され、こちらにも大きな注目が集まっているのだ。早速、その写真をご覧いただこう。

HitlerInKimono.jpg
画像は「The Daily Mail」より引用

 ぐいっと左へと流した髪型と、あのチョビ髭――。写真の人物がヒトラーであることは一目瞭然だ。しかし、何かが違う。そう、彼の服装だ! 日本の紋付袴を着ているではないか!!

 今まで誰も見たことのなかったヒトラーの和装姿は、1936年に大日本帝国とナチス・ドイツの間で調印された日独防共協定(のちに枢軸体制へと発展)を記念して撮影されたと考えられている。撮影者や撮影場所についてハッキリしたことは判明していないが、当時ヒトラーを崇拝する人々の間で出回っていた雑誌に収録されていたという。今年の初めに発見され、ついに一般公開されたのだ。

 軍服姿のイメージが強いヒトラーが着物で正装している様子は、確かに人々の意表をつくものだ。しかし、この写真をもってヒトラーが日本人や日本文化を深く理解していたと考えるのは早計だろう。彼は、著書『わが闘争』において、「一等種(文化創造種)はアーリア民族であり、日本人や他の民族は二等種(文化追従種)に過ぎない」と明確に定義している。いずれにしても、戦後70年の節目となる今年、さまざまな新しい発見がなされているようだ。
(編集部)

参考:「The Daily Mail」、「AFP」、ほか
←画像有り。

正直なところ「フォトショップによるコラージュでは?」とちょっと思った。
今でも少々懐疑的なのだが…
↑のリンク先写真、右手に閉じた扇子を持っているように思える。
昔ちょっとだけ茶道をしていたが、扇子は基本右手で扱うものだ。
暑い時に扇ぐために使用するのではなく、武士の刀のかわりと教わったような気がする。
亭主に挨拶をする時には膝の前に置いて一礼する。
同じ意味でヒトラーが扇子を持っていたのなら、右手で正しい。
ってか、この写真が本物なら着付師などが随伴していただろうなぁ。

もう一つ気になったのは紋である。
通常日本では家紋が使用されるはずだが、ドイツ人(ポーランド系ユダヤ人説もあるが)であるヒトラーに家紋があるはずもない。
貴族出身なら紋章があるだろうが、ヒトラーが貴族出身なんて聞いた事もない。
画像を見ると十字のような紋が描かれているように見えるのだが、ひょっとして逆卍(ハーケンクロイツ)なのか?
逆卍を家紋とする家も日本にはあるはずなので、図案を新たにおこす必要は無いが…

とか、色々気になったのだった。

そー言えばしばらく扇子も袱紗も触っていないな…
先日親戚宅でお茶のお稽古に同席したが、すっかり作法を忘れていた(汗)
関連記事

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック