マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
マレーシアの金メダリスト女子体操選手にイスラム教徒が批判!
少しばかり下ネタ系で申し訳ないが気になったニュース。

「性器の形見える」と批判の体操選手、擁護の声続々 東南ア大会
2015年06月15日 18:01 発信地:シンガポール


以下引用。

【6月15日 AFP】シンガポールで開催されている東南アジア競技大会(SEA Games)で、露出度の高い服装で試合に臨んだことに対する批判が出ていた体操女子マレーシア代表のファラー・アン・アブドル・ハジ(Farah Ann Abdul Hadi)選手(21)を擁護する声が次々と上がっている。

 イスラム教徒が大多数を占めるマレーシアでは先週、レオタードの上から「アウラット(性器)」の形が露見していると非難する声が一部から上がっていた。

 だがフェイスブック(Facebook)上では、2個の金メダルを獲得した同選手への「称賛と支援」を訴える「Farah Ann Abdul Hadi For Malaysia(マレーシアのためのファラー・アン・アブドル・ハジ)」と題されたページが作られ、15日までに1万1000人分の「いいね」が集まった。

 アブドル・ハジ選手は同ページに、「私を支援してくださった皆さんに、心を込めて感謝の気持ちを伝えたい。皆さんから大きな好意的反響を頂いたことに本当に感動しています」とのメッセージを投稿した。

 今回の大会で計6個のメダルを獲得した同選手は、カイリー・ジャマルディン(Khairy Jamaluddin)青年・スポーツ相など多数の人々の支持を受けている。同相はマイクロブログのツイッター(Twitter)に、「体操競技で、ファラーは審判団をうならせ、母国に金メダルをもたらした。彼女の行いについては、神のみが彼女を裁く。あなたではない。選手らをそっとしておくように」とのツイートを投稿した。

 だが、同国の世論は依然として二分しており、あるイスラム教団体は、イスラム教徒女性の選手らがイスラム法に則った形で競技に臨むための指針を定めるよう求めたとも報じられている。地元紙マレーメール(Malay Mail)によると、全国ムスリム青年協会(National Muslim Youth Association)の女性部門責任者は、「女性がスポーツから排除されるべきではないが、競技用の服装でもイスラム教の規定が優先されなければならない」と述べたという。(c)AFP


体操女子選手のユニフォームに関しては過去にも色々あったように思う。
批判とまではいかなかったが、有名なルーマニアの10点満点コマネチ選手(歳がばれる/汗)なども、日本ではユニフォームが露悪的だと指摘があったと記憶している。
当時としては彼女のユニフォームが微妙に男性心を刺激したからだろう。
私は未だ当時子供だったので10点満点にびっくりしていただけだったが。
ビートたけしが「コマネチ!」ギャグで払拭してしまったような気もするが(笑)…てか逆にたけしのギャグで問題にされたんだったかな?



↑30年後のたけしとコマネチ選手の対談。
まぁ、下品なギャグネタではあるな(汗)

…ロンドンオリンピックの時もイスラム圏の選手に対して同様の批判があった。

サウジ初の女性五輪選手を中傷 ツイッターで「イスラム教徒の女性らしくない」
2012.8.6 14:21 [柔道]


柔道の方がより極端な例だと思えるが…

簡潔に自分の考え方を書いてしまうと、イスラム法をあくまで尊重するのなら国際大会には出場しないべきだ。
あるいは同じ価値観を持つイスラム諸国だけで試合をするべきだ、というべきか。
こんな事を書くと「排外的だ」などと批判を受けそうだが、他国のモラル、価値観を許容しないイスラム社会こそ排外的ではないのか?とも言えるわけで。
価値観相違を自覚した後、相互理解の一定の努力をした上でお互い許容できないなら、あえてスポーツで関わらない方がいい。
単にトラブルの元になるだけだ、とさえ思ってしまう。

スポーツの国際大会、国際交流の目的って、世界一を決めるためだけのものではないだろう。
互いに理解し合うこと、スポーツ親善外交が目的だと思えるが、その部分で根本的な齟齬があり「理解し合えない」上、参加国民に不満が残るならむしろやらない方がまし、とさえ思えてしまう。
極端すぎる意見だろうか?
彼女の活躍を応援している人も多いようだが…

日本ではまず考えられないキルギスの誘拐婚の事例。

「誘拐」された女性が、結婚を受け入れる本当の理由
キルギスの誘拐結婚(後編)
(1/3ページ)2014/7/20 6:30


誘拐された女性は「伝統」ということで無理矢理納得しているようだが、もしキルギスに在住する日本人女性が対象だとすれば重大な人権侵害事件となるだろう。
これはまたこれで極端すぎる例なのかも知れないが…

以前も書いたが「民族や文化の数だけ国がある」で私は良いと思う。
中途半端な「グローバル化」なんてエントロピーに向かうだけだ(笑)
中国の民族浄化じゃないけれども。
それは残念きわまりないことだと思う。
関連記事

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック