マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
ルンクエ90シナリオ2記録03
ルンクエ90シナリオ2記録02の続き。

翌朝6時、3人はマッケイに叩き起こされる。
商談は昨日のうちに片付いたらしく、鉄インゴットを受け取って今朝早速出発するつもりのようだ。
朝食もそこそこ準備を整えた一行はイサリーズ神殿へ。

イサリーズ神殿前ではカイルが待っていた。
カイル「噂に聞く鉄のインゴットなるものを後学のため拝見したく思いまして」
マッケイは了承する。
まだ眠そうな顔をしているウェルマーをせかしてマッケイは金庫へ。
金庫のある区画への立ち入りは許されず、四人は待つことに。
と、金庫室の方からマッケイとウェルマー司祭の悲鳴が。
ウェルマー「なんだこれは?」
マッケイ「誰かコイツを何とかしてくれ~」
四人は金庫室へ駆け出す。

金庫室へ通じる横幅2mばかりの廊下。
金庫室の前で二人の司祭が頭を抱えている。
その頭上には黒っぽいものが旋回している。
4人に気付くとまっすぐに向かってきた。
体長7~8cmぐらいありそうなゴ○ブリ!
先頭にいたクリストフの顔めがけてまっすぐに飛んで来る(ゴキって何故人の顔に向かって飛んで来るのだろう?)。
クリストフは楯で受ける。
と、クリストフには見えないが楯に貼り付いていた。
ヘイゼリックが「そこ!」と指摘。
グィードはマントを脱ぎ、はらい落とそうとする(呪文同様次ラウンドの行動直前に処理することにした)。
クリストフは楯を壁に押し当てて潰そうとするが、ゴキは回避成功。
再び飛び上がりグィードを目指す。
グィードはマントで祓い落とし、マントの上から踏みつける。
ゴキにとどめを刺した。
マッケイ「あぁ、ワシのインゴットが…」
金庫前に駆け寄ってみると、床に30cm四方の穴が開いており、最後のインゴットが今まさにその穴の中に消えるところだった。
マッケイが穴の中をのぞき込み、「誰か明かりを!」と叫ぶ。
グィードがペリウスから譲られた光のブロードソードを持って金庫室に入ろうとするが、金庫に施されたセキュリティの魔法に阻まれて内部には入れない。
マッケイは剣を奪うようにして穴の内部をのぞき見る。
ウェルマーは金庫室の呪文を解いて、一同は金庫室に入れるようになる。

1mほどの縦穴で、微かに水が流れているようだ。
どうやら下水道の支流らしい。
下水の臭いとは別の凄まじいまでの悪臭が漂っている。
穴の中やその周辺にはべたべたとした粘液状の物がこびりついており、それが悪臭の原因のようだ。
クリストフとグィードは気分が悪くなってしまう(CON×5ロールに失敗。この日の全てのロールに-10%)。

マッケイとウェルマーは口論を始める。
商品を盗難された責任を取れ、ワシは好意で預かりを引き受けただけだ損害賠償する証文など作っていない、誰がイサリーズ神殿の金庫が破られるなどと思うものか、だが実際に破られているお前さんが不信心だからだろう、なに?それを言うならお前が不信心だからだろう!…

やがて我に返ったマッケイが「街の衛兵に届けて捜索を…」と言葉にするがウェルマーは「それはイサリーズ神殿全体の信用を貶めることになる」とマッケイを説得。
マッケイも渋々同意する。
やがて四人に向き直り、「どうかな?インゴットの捜索に協力して貰えればボーナスをはずむが?」
カイルを含む四人は了承。
カイルはランカーマイの図書館で下水道の地図を探してみる、と申し出る。
去り際に「ロスカルム神殿の図書館にも古いこの町の地図があるかもしれんな」
クリストフが図書館をあたってみることとなる。
ウェルマーはイサリーズ神にご神託を給わってみるということになるが、その前にこの街の盗賊カルトへの連絡方法を知っている知り合いの司祭の連絡先をメモしてくれる。
三人からプーキーが昨日会っていた女性に関して質問があった。
仕事の都合で何度も訪れる事になったホルトでの「コレ(小指をたてる)」だとのこと。
酒場女で名前はアイシャという名前だそうだ。

グィードはカイルのあとをつけるが、どうやら直接図書館に向かったようで一旦神殿に戻る。
神託を受ける儀式に入ったウェルマーの代わりにマッケイとプーキーが神殿の雑事にかまけている。
クリストフは昨日の伝道師ロディを訪ね、彼の仲介でフレストル派教会の図書館を利用できることとなった。
ヘイゼリックは周囲の聞き込み。
気さくそうなランプ屋の主人から話を聞くが要領を得ない(というか話を全て語るわけにもいかない)。
魚の腐ったような臭い、ということで何か心当たりはあるようだったが思い出せないようで、ちょうど別のお客さんもあり話は途中になってしまった。
その後、水路をのぞき込んでは人の入れそうな出入り口を捜すが、それらしいものは見つからなかった…


ということで前回のセッションは終了。
正直この先どうなるやらよくわからないのだが(笑)、真相の設定はしているのでインゴットが取り戻せるにしろできないにしろ、それなりの結末を迎えるだろう。
関連記事

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック