マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
安倍首相訪米ニュースを見て思いだしたこと
現在訪米中の安倍首相。
夕方のニュースにもなっていた。
その後ネットニュースを読むと、ホワイトハウスでの晩餐会にてジョークがウケタとかなんとか(笑)

2015.4.29 20:35
【日米首脳会談】
安倍首相のジョークにホワイトハウスは大爆笑 その内容は… 公式夕食会


ウケをとるのが首相の仕事ではないが、親睦の為の潤滑油としては必要なのかも知れない。

で、数年前来日された某国副大統領のレセプションパーティーに出席した時のことを思い出した。
…別段私は政府の要人でも政財界の大物でもない一般人だが(汗)、仕事の関係で招待状が来たのだ。
主賓は某国副大統領とその夫人。
および某国の政府関係者。
ホストはJ党のK副総裁。
本来は大統領自身が来日される予定になっていたようだが、公務多忙のため副大統領が来られたようだ。

とある施設で式典があり、その後レセプション会場のホテルへ移動。
このホテルの二階にレセプション会場があったのだが…受付のあるホールが間接照明でめちゃめちゃ暗い。
明るい野外から二階に移動すると私には殆ど何も見えなかった(何度も書くようだが私は視力が低い)。
壁沿いにレセプション会場とは別の部屋の扉が開かれており、部屋の明かりが外に漏れている。
目が慣れるまでその入り口のすぐ傍の壁際にいることにして、壁沿いに移動した。
部屋の入り口近くで壁に背をもたれていたら…
「レセプションに参加される方ですか?」と見知らぬ男性に声をかけられた。
背はあまり高くないがごつい感じの男性。
30代後半ぐらいに見えた。
そうです、と答えて招待状を見せる。
「でしたらあちらで受付を済ませて会場へどうぞ」
とのこと。
あちら、と指さされてもぼんやりとしか見えないので(笑)、別の場所に移動してしばらく目を慣らし、その後受付を済ませて会場に入った。
会場の中は明るかったので助かった。

当初はホテルマンかと思ったのだが、あれおそらくSPだ。
私が目指した扉が開けっ放しだった明るい部屋、どうやら副大統領夫妻とK副総裁の控え室だったようなのだ(笑)
民族衣装の女性数名が出入りしているのは見かけた。
おそらく副大統領夫妻のお付き、というと古くさいが身辺のお世話係だったのだろう。
まぁ、挙動不審に見えただろうし髭面長髪だからなぁ。
怪しまれても仕方ないか(汗)。

某施設での副大統領のスピーチ。
…長かった><
というのもいちいち日本語通訳が入るから。
副大統領のスピーチだけならそれほどでもなかったのかも知れないが、本来の三倍ぐらいはかかったんじゃないかな。
英語でのスピーチだったのでヒアリングの練習がてら聞き耳を立てていたのだが…
副大統領事実と異なることをおっしゃった。
単に名前の言い間違いで誰でもあることだし、事情を知っている人なら「あぁ、言い間違えたんだな」ですむ程度のこと。
で、通訳さん。
副大統領のおっしゃったとおりに通訳した。
通訳さんが事情を知っていたかどうかは知らないが…
これはこれでプロの仕事なのかな、と思った。
通訳の判断で言葉をあえて意訳するのは、危険である。
まして一国の政治家の言葉であれば。

とかなんとか思い出したのだった。
ちなみにレセプションでの私の席はほぼ末席だった(笑)

…念のため書いておくが、うちは「家族」や「稼業」として特に政治的な信条はない。
選挙の時などは相談などせずに、家族各々が自分がよいと思った候補に投票している。
党とか議員がらみで仕事があるわけでもない(笑)
招待状が来たのは単に当該施設との仕事上の付き合いからである。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック