マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
難読地名に関してニュースキャスターが語ること
数日前。
うちに取材に来た地元テレビ局のニュースキャスターと話をしていた。
取材も終わり雑談していたのだが…
その時、地名の話が話題に出た。
以前も書いたが、私の地元、東京と同じ地名が多い。
銀座とか新宿とか…
調べてみるとどうやら第二次大戦後、町名変更が行われたようだ。
空襲を受けた町なので(汗)
それ以前にはなかなか風情のある町名であった。
全ては書けないが、幸町とか鐘楼町とか。
それが現在は東京の地名に置き換わっているわけだ。
なんだか妙に切ない、というか恥ずかしい(笑)
まぁ、東京のように繁栄した町になって欲しい、という住民の願いもあったのだろうが…

で、これまた以前調べていたら町名に関してなかなか興味深いことを書かれているサイトさんが。
トップページにたどり着けず、どういう方が書かれているのかわからなかったのだが、文章を読んだ限りでは研究者の方だろう。
現在でも合併などで町名が変更される場合は、行政側から複数の候補が挙げられ、そのうちから町内会で町名を決定するのだそうだ。
…町内会…
つまり(おそらく)学識もさしてない町内会のオヤジどもが町名命名の決定権をもっている、と。
このサイト主さんはそれでは駄目だ、とおっしゃっていた。
文化や歴史の破壊に繋がる、と。
その一つの事例として、東日本大震災を例に挙げていた。
災害地名というのがあって、ようするに災害が起きやすい地域にはその名称が残っているのである。
必ずしも語感や印象の良い名前ではないだろう。
で、町内会の決定で変更される。
と、その地域住民の危機管理意識が希薄になる。
ここはまではっきりは書かれていなかったが、そういう意味で書かれたのだと思う。
また、弥生式土器の名称の元となった弥生町も改名されることとなり、その時は大学教授などの反対運動が起こったとか。
結局変更はされなかった。

そんなことをそのニュースキャスター氏に話をしていたのだが、テレビでも町名に関しては色々あるのだそうだ。
というのが、新聞では活字で報道するので必要ないがテレビニュースでは読み上げなければならない。
正確にだ。
難読の地名などは字面通りに読めないこともある。
また「町」は「まち」なのか「ちょう」なのか。
で、管轄の市町村自治体に問い合わせたことがあるのだそうだ。
だが芳しい答えは返ってこないとのこと。
教えてくれないのだそうだ。
「地名辞典で調べたら?」とか極端な例では、「ネットで調べられたらいかがですか?」なんて返答もあったとか(汗)
勿論、地名辞典で調べた上で確認のため問い合わせたようだが。
キャスター氏がおっしゃるには必ずしも自治体職員の無知や怠慢というわけでもなくて、例えばいわゆる昔の被差別部落とかの問題にも関わってくる可能性があるので面倒を避けたいのだろう、とのことだった。
だとすれば、やっぱり怠慢かな(笑)

昔からの町名にも現在の自治区割りとしての不合理性はあるのだろう。
が、前述したような不合理性もあるわけで…
なんらかの形で昔の地名も残せればいいのにな、とは思う。
碑一つでもいいと思うんだが…
ちなみに今私が住んでいるのは「銀座」だ(笑)
まぁ、「銀座」という地名は珍しくないが…
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック