マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
最近ドローン関係の事件が多い
最近ドローン関係の事件が多い。

2015.4.24 11:59
英国大使館に東京MXのドローン墜落 官邸で発見と同じ日に


2015.4.24 17:45
米軍ドローンで人質2人巻き添え死 アルカイダ対テロ作戦


2015.4.24 12:45
【官邸ドローン事件】
ドローンで川内原発を空撮 映像作家が動画投稿


数日前も官邸へのテロ事件として取り上げたが、この事件をきっかけに日本でも注目され報道が多くなったのかも知れない。

ニュースはさておき(笑)、私がドローンなる言葉を知ったのはTRPG「シャドウラン」だった。
ラジオコントロールおよび自動操縦可能な小型ビーグル、としてこの時認識した。
ゲームルール的には勿論武装も可能。
最初に作ったキャラクター、デッカー&リガーの「マッドハッター」は彼単体の戦闘能力が極めて低かった(汗)。
ので、ライトマシンガン装備の小型車両型ドローン、同じくミニヘリコプター型の飛行型ドローン、などを装備させた。
おかげさまで視界が広く、ドローンでも行動可能な場所ではサムライとほぼ同等の火力を誇っていた、と思う。
しかも自らにダメージを与えられることはない。
…ただしリッギング中に一人でいるところを狙われたらやばかったかも(汗)。
リッギングとはドローンと電子的に神経接続し、ドローンに「乗りうつって」ドローンを操縦、というか身体の一部として扱う行為。
この間リガーの五感はほぼリッギングしているドローンのセンサーに依存されているので、本体は極めて危険な状態にあるとも言える。
アストラル投射(幽体離脱)中の魔術師ほどではなかったかも知れないが…

ただ、パーティーメンバーが建物内に潜入、というような場面ではデッキング(ハッキング)して建物のセキュリティを無効化したり、ドローンで周囲を警戒したり、で留守番が多かった><
このあたりがデッカー&リガーの限界でもあり、逆に言えば長所なのかも知れない。
勿論、ランをこなした後のパーティーをローンスター警備の追跡を振り切り、安全な場所まで逃走させるのもリガーの役目であった。

私はTRPGでは一つの道を極めたキャラクターよりも、オールマイティーなキャラクターを選択する傾向があるのだが、そういう意味でも「ハッター」はちょっと異色のキャラだった。
…という自分のお気に入りキャラ語り(汗)

米海軍はF35戦闘機を最後に、今後無人戦闘機を開発することになるだろう、と先日発表した。
有人戦闘機は今後無い、ということだ。

F-35が最後の有人戦闘機に──米海軍長官 ランチャーから射出する“群れる”ドローンも公開

…「エリア88」に無人戦闘機って登場したな…
当時最新鋭のF18ホーネットだった、確か。
あれはドローンではなくて、ラジコンだったが、勿論オートパイロットな部分はあるだろう。
ある種のドローンでもある。
どんどん漫画やSFの世界に近づいていくなぁ。


↑Amazonリンク。
関連記事

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック