マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
イルカの大量死と地震の事02
昨日の続き。
イルカの大量座礁と、地震は関係ないだろう、という話を昨日書いたわけだが・・・
今朝方沖縄近辺で地震があった(汗)
それほど大きな地震でもなかったようで、人的被害があった、という報道は私は目にしてはいない。
アカシックレコードから未来を読み取るゲリー・ボーネル氏の予言は東海大地震の予言だったので、的外れだろう。
日にちも一週間以上異なるし。

しかし、イルカや鯨の座礁と地震に関して本当に因果関係があるのか、ないのか?
一応自分なりに調べることにしてみた。

と、同じような事を考える人はいるようで(笑)、↓のサイトさんがヒットした。

2015-04-11
地震の予兆とクジラやイルカの打ち上げ。過去の大地震の時は?


以下抜粋引用。

過去に起きた大地震の時クジラやイルカの打ち上げは?
■阪神大震災

1995(平成7)年1月17日 M7.2 震度7

⇒1995年1月15日 神戸でイルカ87頭座礁。

■東日本大震災

2011(平成23)年3月11日 M9.0 震度7

⇒2011年3月4日 茨城県海岸で52頭のカズハゴンドウが座礁☆

⇒2011年3月8日 三陸で計348頭のクジラ座礁

ネットではこういったのが出回っていますね。

神戸のイルカ座礁と三陸の鯨座礁についてはソースがはっきりしていないので本当にあったのかどうかはちょっとわからず。

赤く表記しているイルカの座礁は間違いなくありました。(引用注:赤文字の代わりに☆印を付けておきました)

ちなみにイルカの座礁はそんなに珍しくない事がわかる事例もあります。

2001年02月11日 53頭 茨城県鹿島郡波崎町 
2002年02月24日 24頭 茨城県鹿島郡波崎町柳川海岸
2002年02月24日 85頭 茨城県鹿島郡波崎町波崎海水浴場
2011年03月04日 54頭 茨城県鹿嶋市下津海岸

という記録もあります。

海外での大地震時のクジラやイルカの打ち上げ

2011年11月18日 ニュージーランド ノースアイランドでM5.8の地震

⇒2011年11月16日 ニュージーランド ゴンドウクジラ61頭座礁☆

2011年02月22日 ニュージーランド M6.3の地震

⇒2011年02月20日ニュージーランドでクジラ107頭座礁☆

海外ではこういったのが有名でいずれも自信との関係が囁かれています。

トータルで見るとクジラやイルカは結構座礁していることがわかります。なのでそんなに珍しいことではないんですね。

この座礁が起きたタイミングに地震も発生してしまったというのが簡潔なのかなと思います。そこへ現在話題になっているゲリー・ボーネルさんの予言(4月12日に大地震が起きる)と4月10日に起きたイルカの座礁がマッチしてしまい、地震が4月12日に起きる予兆なのではという話題が沸騰しているわけですね。(以上、本文ママ)


私も↑のサイトの意見に基本同意である。
イルカ・鯨の座礁事件は珍しくない。
たまたまそのタイミングで大地震が起きた、と考える方が合理的だと思う。

↑サイトでイルカの磁気センサーのことに言及されている。
イルカは磁気を感じ取って方向を感知しているのではないかという説だ。
これは勿論私も知っていた。
昨日書いたAさんに話をした時にもその話はした。
大きな地磁気の変動があればイルカのセンサーが異常を起こすことはあり得る。
が、それを証明するためには地震と地磁気の変動を証明しなければならない。
勿論、イルカのセンサーに影響を与えるほどの磁気変動があるのかどうか、をだ。

昨日も書いたが、私はイルカの座礁と地震とは全く因果関係がない、と言っているのではない。
ただ、因果関係がある、とするならその因果関係を証明する必要があるのはそのように主張している側にある。
それが証明出来ないならせめて「大地震の前にはイルカの座礁」という納得出来るだけの事例、統計を示して欲しい。
…ってことなのだが。

なお↑サイトでも指摘されているが、イルカ・鯨の座礁に関しては米軍の潜水艦のソナーテストが原因である、との説もある。

イルカやクジラの大量座礁や大量死。米海軍がその関与を認める。訓練や実験による海中の爆音によるもの。

以下抜粋引用。

 クジラやイルカが集団で海岸に大量座礁するというニュースが定期的に世間をにぎわしている。この原因は、米軍の潜水艦から発せられる大音響のソナー音にあるのではとかねてから指摘されていたが、ついに米海軍はこの事実を認めたそうだ。

 米海軍の訓練や実験によって、器官に気泡が生じたりするほどの大音響が海に響き渡る。多数のクジラやイルカたちが、方向感覚を失い、体に傷を負い、脳内出血が起こる。

 米海軍は、事実関係を認めたうえで2014 から2019年の間に行う、アメリカ海洋大気圏局プログラムのための模擬実験で、アメリカの東海岸、メキシコ湾、ハワイ、南カリフォルニアに生息する海の哺乳動物に及ぼす影響を試算した環境影響研究報告を発表した。

 それによると、この模擬実験のせいで、東海岸沖で186頭、ハワイや南カリフォルニアで155頭のクジラやイルカが死に、重症を負うものは11267頭、方向感覚を失うなどの異常行動をきたす個体は2000万頭と試算されている。


2000万頭!
この話は知っていたが、具体的な数字は今知った(汗)
日本の調査捕鯨どころの話じゃねー><

シーシェパードは米軍に抗議するべきである。
…しないだろうけど(笑)
関連記事

テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック