マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
「最も有名なUMA、諸君らの愛してくれたネッシーは死んだ!何故だ?」→「カメラが高性能化したからさ」
しばらく前にイギリスの海域でモンスターが目撃されたニュースを取り上げたが…

「消えたネッシー」死んだのか移動したのか

以下引用。

 英国のネス湖にすむとされる世界で最も有名な未確認生物(UMA)のネッシーが、死んだ可能性が浮上した。初目撃から90年、毎月のように目撃されていたネッシーにこの1年半、まったく目撃情報がないというのだ。複数の英国メディアが報じて、騒ぎになっている。

 1925年に初めて目撃されたネッシー。写真に撮られたのは33年で、それ以降、世界的に知られるようになった。以来約90年、コンスタントに目撃・撮影されてきた。

 そのネッシーについて異変を指摘するのが、公認会計士でベテランのネッシー研究家ゲーリー・キャンベル氏だ。

「この18か月間、目撃情報がまったくない。21世紀になってから、目撃数は年々、減っていた。でもゼロというのは25年以降、この90年で初めてのこと。一体どこに行ったのか。ひょっとして死んだのか」

 キャンベル氏は17年前にネッシーを目撃して以降、目撃例や写真と映像を収集・記録し続け、これまで1036もの記録を集め、2012年にも数例集めたという。

 近年は誰もがカメラ付きのスマホや携帯電話を持ち、目撃すればすぐに撮影もしやすい。UFOの写真が年々増えているように、UMAの写真も増えておかしくない。だが、「昨年、寄せられた写真と映像には、ネッシーらしいものは一つもなかった。ちょっとでもネッシーかもと思わせるものさえなかった」と同氏は首をかしげる。

 英大手ブックメーカー、ウイリアムヒルの広報担当ルパート・アダムス氏も「昨年、ネッシー写真の登録は3件あった。でも、単なる波やアヒル、ネス湖じゃない他の湖での写真だった」と現況を明かす。ウイリアムヒルは07年、「ネッシーの存在を証明したら100万ポンド(現レートで約1億7400万円)払います」と発表し、世界中のUMAハンターを熱狂させた。それでも、昨年は的外れな写真が3枚しか送られてこなかったというのだ。

 ネッシーは世界一有名なUMAで、英国では重要な観光資源となっている。世界的旅行雑誌が昨年「2014年に旅行マニアが見たい世界の18の謎」を発表。3位がネッシー、12位がヒマラヤに存在するとされる雪男のようなUMA・イエティで、1位のモアイ像を含めて他はすべてピラミッドなどの建築物だった。

 これを英国の公共放送BBC放送は「ネッシーがイエティに勝った」と喜んで報じたほど。

 UMAに詳しいオカルト作家の山口敏太郎氏は「英国は怪物・UMA伝説を使った町おこし『クリプトツーリズム』を遂行しており、『ネッシー・オブ・ザ・イヤー』はその一環であり、毎年通好みのネッシー写真が寄せられる楽しいイベントである」と指摘する。そのネッシーが死んだとなると、国益の損失でもある。

 ネッシーは一体どうなったのか。「昨年、目撃件数がなくなったのは、いくつかの理由がある。まずは、カメラの性能が上がり、波や流木をネッシーと勘違いしなくなった点が挙げられる」

 山口氏はさらにこう分析した。

「あとは昨夏の英国の異常気象。異常な高温になり、違う場所に行ったのではないか。私の考えによると、ネッシーは日頃は海におり、繁殖などの理由がある場合だけ、度々地下水脈を通じてネス湖に遡上していたと思われる。その遡上がアイルランドなど違うエリアになった可能性はある」

 逆にアイルランドの川や湖では巨大生物の目撃が増えているという。

「イギリスのコーンウォール州沿いの海域、ファルマス湾ではネッシーそっくりな巨大生物が度々目撃されており、ここが海におけるネッシーの拠点だと思える」と山口氏。

 日本のツチノコやカッパなども、本紙に寄せられる目撃例が減ってきたかのように思われる。果たしてカメラの性能アップなのか、気候の変化なのか…。


最近はあまりテレビ番組でUMAやUFO、超能力、心霊特番などはないようだが、1970年代はちょっとしたオカルトブームで頻繁にその手の特集番組をやっていた。
漫画家つのだじろう氏の「恐怖新聞」や「うしろの百太郎」がヒットしたのもその時代。
「釣りキチ三平」で著名な矢口高雄氏の「幻の怪蛇 バチヘビ」(つちのこ)なんて作品もあった。
これに感化されて私は友達と連れだってツチノコのを捜しに行った(汗)
お昼のワイドショーでも「あなたの知らない世界」なんて心霊体験再現ドラマが毎日のように放送されていた。

ニュース記事、ネッシーの生態に関して色々書かれているが・・・
ネス湖に地下水脈があり、海と繋がっている、ネッシーはその水脈を利用して海へ出ている、という部分。
随分昔からある仮説である。
ネス湖自体がネッシーのような巨大生物?が生息するには狭すぎる湖なのだ。
英語版ウィキペディアより引用。

Max. length 36.2 km (22.5 mi)
Max. width 2.7 km (1.7 mi)
Surface area 56 km2 (21.8 sq mi)


イギリス最大の湖ではあるが、最大横幅はわずか2.7kmしかないのだ。

また、プレシオサウルスのような首長竜が現代まで生き延びていたとして、一匹では繁殖できない。
少なくとも数十匹は存在しなければ、繁殖できまい。
そのための…ネッシーの存在を肯定するための仮説だ(笑)

山口敏太郎氏のコメント。

「あとは昨夏の英国の異常気象。異常な高温になり、違う場所に行ったのではないか。私の考えによると、ネッシーは日頃は海におり、繁殖などの理由がある場合だけ、度々地下水脈を通じてネス湖に遡上していたと思われる。その遡上がアイルランドなど違うエリアになった可能性はある」

とあるが、じゃあネス湖で目撃される時期が繁殖期、ということか?
ネッシーの目撃情報に季節による偏倚があるのだろうか??
魚でも両生類でもは虫類でも猫でも繁殖期ってあるんだが…
まして「イギリスが暑かった」で死んでしまうような、あるいは住処を変えてしまうような生物ならなおさらである。
温度によって生態に影響を受けるのだから。
そんなことがあればネッシー信者達が放って置くはずがない、と思うんだが。
まあ寒い地方だろうし(インヴァネスコートのネーミングの元になったインヴァネス地方だ)真冬の目撃情報は少ないだろうが…
そもそも前段で書かれている、

以来約90年、コンスタントに目撃・撮影されてきた。

と矛盾しないか??

カメラに関して。
現代ほどカメラが普及した時代は過去にない。
小学生でもスマホを持っている時代だ。
文中にもあるとおり高性能化もしている。
であるにも関わらず、逆にネッシー写真が減っているというのは…
高性能化により誤認が減った、ということだけでは説明つかないのでは?
「だからネッシーは死んだ」、なのだろうが、むしろ「ネッシーはいなかった」という説も同様の論理で成り立つのである。

そういえば「フライング・フィッシュ」というUMAは、逆にカメラが普及するようになってから登場したと言われている。
胴体の長い飛行するUMAで昆虫のような羽根が何枚もついている。
「風の谷のナウシカ」にそんな蟲が登場してたような気もするが(笑)
これはスローシャッターでぶれた昆虫だろうという説が有力だ。
カメラの普及で姿を隠したネッシーとは対照的だ…

…何度も書くが、私はネッシーというか現代に生き延びた古代の首長竜を観てみたいのだが。
映画「ジョーズ」のようなシチュエーションで出会うのは絶対に嫌だが><
関連記事

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック