マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
地球外発電!太陽エネルギーが実現なるか!?
「未来少年コナン」の太陽エネルギーが実用段階に?

宇宙で発電し地上に送電、実証試験へ JAXAなど
小池竜太2015年2月21日05時12分


以下引用。

 宇宙空間で太陽光発電をして地上に送電するシステムの実現に向け、宇宙航空研究開発機構(JAXA)などは3月1日、兵庫県内で行う、無線で送受電する実証試験を報道関係者向けに公開する。屋外に設置した送電側のアンテナから受電側のアンテナに向けてマイクロ波を送る。

 JAXAは2009年度から宇宙システム開発利用推進機構と協力し、送電側アンテナの向きがずれても正確にマイクロ波が送れる技術などを開発している。送電装置から約55メートル離れた場所に受電装置を設置。送電側から約1800ワットのマイクロ波を発射し、受電側で電気に変換する屋外試験をする。マイクロ波を正確に受け取れれば、数百ワットの電気を取り出せる。

 宇宙太陽光発電システムは、天候に左右されずに発電できる。地上約3万6千キロに直径2~3キロにわたって太陽電池パネルを広げ、原発1基分にあたる100万キロワットの電気を作ることができるとされる。30~40年代の実用化をめざし開発を進めているが、送受電技術のほか、太陽電池パネルの宇宙への輸送や組み立てなど課題も多い。(小池竜太)


…これが可能になればエネルギー問題は一挙に解決するかも知れない。
冒頭に書いた「未来少年コナン」もだが、たしか「ガンダム00」とかも同じような設定になっていたのではないか?(私は観てないんだが)
よーするに地球外に発電パネルを設置し、無線で電力を送受信するわけである。




Watch conan ep23 in アクション・アドベンチャー  |  View More Free Videos Online at Veoh.com

「未来少年コナン」の太陽エネルギー復活場面は結構感動したなぁ。
主人公コナンにとって悪の本拠地であった三角塔が人類の未来を賭けた太陽塔へと意味合いを変化させる、というあたりもうまい、と思った。

これ、兵器としても転用可能…っぽいところがちょっとアレだが(汗)

コナン原作の「のこされた人々」には太陽エネルギーの描写はない。
原作では人類の希望としてコナンとラナのシンパシーが描かれていただけだ。
アニメコナンも基本それがテーマである。
科学文明否定が根本にはあるよーな。
それは人類の無限の可能性が前提ではあるのだが。
アニメの主人公コナンを観ていれば、それなりに説得力はある(笑)
ある種の超人だよな、コナン。
また一度滅亡しかかった世界だからこそ、ある程度説得力をもってそういえるのかもしれない。

宮崎駿作品としてはテーマ的に「風の谷のナウシカ:」や「もののけ姫」などとも通じるところもあるが、私はこの2作品余り好きではない。
映像作品として面白い部分があるのは認めるのだが…テーマ的にどうも。
人類は自然と共存しなければならない、ってのはわかるのだが、その人類も自然の一部のはずだ。
人類が自然科学を極め、自分の為に活用することが「悪」という一方的な描かれ方にはなんだか納得いかないんだよな~。
自然は守られねばならないが、それは人類の為に守られねばならないのだ、って事を忘れてはいけないと思う。
どうきれい事を言おうが、これが事実だ。
でなければ何故害獣害虫駆除なんてできるんだ(笑)

以前も書いたが私はナウシカよりクシャナの考え方に共感しているのだった^^
関連記事

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック