マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
郵便ポストと性行為で英男性逮捕…で自動車性愛の人を思い出したこと
タイトル通りで・・・あまりお上品なニュースでは無いので、こう言うのがお嫌いな方はご注意下さい。








チン事!英男性、ポストで性器こすり逮捕

以下引用。

 45歳の英国人男性が、郵便ポストと“性行為”をして逮捕された。16日付の英デーリーメール紙電子版によると、英国北部グレーター・マンチェスター州ウィガンのショッピングセンターで、ポール・ベネット容疑者はズボンを足首まで下げ、性器を露出。「ワウ」と叫びながら、性器を郵便ポストにこすりつけたという。酒に酔った状態だった。ポストは赤色の円筒形で、高さは約140センチ程度とみられる。

 目撃者が警察に通報。警官が到着した時も、同容疑者は性器を露出したままだったという。警察によると、ショッピングセンターで知人の女性と口論。女性が立ち去った後、ベンチに横たわり、奇声を発していた。買い物客から注目されながら、郵便ポストに歩み寄り、セックスをするようなしぐさを始めたという。

 公然わいせつや虐待行為などの罪を認め、計260ポンド(約4万8000円)の罰金を支払って釈放された。1年間の社会奉仕活動やアルコール依存症の治療、保護観察が科されている。

 [2015年1月17日22時41分]


闘牛はマタドールの持つ布の赤い色に反応する、なんて話が昔々は信じられていたりもした(実際は布の動きに反応するらしい)
まさかポストの赤色に…劣情を刺激された?…って訳でもないだろうが。
酔っぱらって訳わからなくなっていただけなのか?
あるいは何らかのフェティッシュ?

↑のニュースを読んで自動車性愛の男性の話を思い出した。
検索してみるとあった。

自動車性愛 - 車とセックスする男 英←リンク。結構生々しい画像があるので閲覧注意。

以下引用。

自動車整備工のクリス・ドナルド(38歳)は、心から仕事を愛している。なぜなら、彼の性癖は、車とセックスすることだからである。「おっぱいが好きな男もいます。お尻が好きな男もいます。でも僕は、車体の美しい曲線に魅かれるんです。」これまで20年に及び、既に30台以上の車と関係を持ったクリスは、自分のマシンに対する性的嗜好が、精神的な病にあることを既に認識している。クリスはこれまで、自動車のみならず、二台のモーターボート、更に友人の所有するジェットスキーにまで手を出したことがあるという。「良い車を見ると、ムラムラしてくるんです。匂い、触覚、そして味わいに興奮するんです。例えばゴージャスなメルセデスを見ると、一緒にベッドインしたくなってしまうんです。」
彼の奇妙な性癖は、1993年に投獄された電気技術士カール・ワトキン氏を彷彿させるものである。カールは道路とセックスをしようとして、逮捕された。
(参考:X51.ORG : 恐怖が消え去り、全てが性交の対象になる - クリューバー・ビューシー症候群とは)
クリスは彼の性癖に基づく二つのウェブサイトを運営している。そして現在では、同様の性癖をもった500人程の同好の士を既に見つけたという(その中には女性も含まれている)。クリスが車とセックスをするのは、もちろん、肌寒い駐車場などではない。彼はれっきとした自動車整備工らしく、カーペットとヒーターが完備された広いガレージで車と愛し合うのである。
「全ては想像力とクリエイティビティ次第です。車をふかしてやる、それ以上の愛の表現があるんです。ボディを愛撫し、繊細にタッチしてあげることが、何よりの前戯になるわけです。」そしてクリスは続ける。「自分用に、排棄パイプをカスタムメイドしたこともありました。何故って、普通のは小さすぎるからです。大きくて、丸いやつに変えてやりました。彼女(車)が坂道を上っている姿、彼女がメンテナンスされている姿が好きです。車の全てを愛しているんです。中には、燃料さえ飲もうとするやつもいますが、それはちょっといきすぎというものです。」
(中略)
クリスによれば、彼の性癖を駆り立てたのは、80年代のカルト番組『ナイトライダー』であるという。番組ではデヴィッド・ハッセルホフが優雅に愛車(ナイト2000)を乗りこなしていた。「子供の頃、車を人間と同一視していました。そして成長するにつれ、私は車に対して特別な感情を抱くようになり、彼ら(車)もまた、私の目を捉えるようになりました。」そして17歳のクリスは、目覚めつつあった自分の性癖に不安を抱き、精神科医に相談したが、何も心配することはない、と諭されたという(写真はクリスではない、別の自動車性愛者)。
法廷心理学者にして人間の性行動の専門家であるキース・アシュクロフト氏は次のように分析している。「これは非常に珍しい症状です。しかし、現代の自動車の広告において、車がいかに性的に描かれているかを考えれば、さして驚くことではないのかもしれません。幅広い人間の性行動において、彼の症状はまさにエッジにあると言えるでしょう。しかし、だからといって彼が何らかの治療を必要としているとは思いません。」
【参考】YouTube - Mercury Mistress (Auto-Eroticism)


「ナイトライダー」(笑)


Night Rider - ナイトライダー日本版 OP 投稿者 sheronholk

AIと特殊装備を備えた自動車、ナイト2000が搭乗者マイケルとともに犯罪に挑む、という米ドラマ。
ゼラズニイの「悪魔の車」や日本タツノコアニメの「マッハGOGOGO!」あたりがヒントになっているのではないか?と個人的には思ったりする作品。
結構面白くて時々観ていた(夜遅くに放映されていて毎週は観られなかったのだ)

以前このブログで「下着泥棒の気持ちが私にはわからない」というようなことを書いたと思うのだが、自動車性愛はますますもってわからない。
てか、まだしも下着泥棒の方が理解しやすい。
好意を寄せている相手の持ち物を所持しておきたい、という意味では。
誰の下着でも良い、ということならこれまた話は別だが、それでもまだしも人間の女性の所持品に異性(妄想上の異性かもしれないが)を投影する、と解釈することも出来る。
だが、自動車自体に愛情を寄せ、欲情?する…ってのは…
まして「性行為」まで行ってしまう、というのは全く共感出来ないのだった。
…おそらくこれを読んでいる多くの人がそうだろうが(汗)

しかし自動車性愛に関しては、まだしも無害な性倒錯だとは言えるかも知れない。
なので節操を持って自動車を恋愛対象にするなら(あたり構わず自動車をレイプしてまわるような行為がないなら)非難するつもりはない(笑)

ポストの人は…
迷惑だよな(汗)
手紙を投函しにポストに行ったら、男と性行為中でした、じゃどん引きである。
彼も是非自家用車ならぬ、自家用ポストを購入するべきである。
…ポスト性愛なのであれば。



↑Amazonリンク。
関連記事

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック