マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
毎日暑い!(汗)
今日も大汗かいて帰宅した…。

変な話題で恐縮だが、私も一応男なので(笑)夏の女性達の開放的なファッションは気になったりする。
先日夏祭りがあったが、祭りともなるとなおさら開放的?な印象。
襟ぐりの広いシャツなどで、胸の谷間が見えたりするとやはり気にはなる。
で、思い出した昔話の記録。

20年ぐらい前の話になる。
当時古書店で仕事をしていたわけだが、業績は右肩上がりでとにかく忙しかった。
開店当時から関わっていて、当初は基本私一人だけでやっていた。
その後中卒の男子アルバイトを一人(色々家庭に事情があるようで、彼が稼ぎ頭だったようだ。基本真面目で素質は悪くなかったが、当たり前だが世間知らずで何度叱ったことか/笑。でも嫌われてはいなかったと思う)、さらにその後女子大生の女の子がアルバイトで入った。
二人とも面接は私がした。
男子の方は上記の通りだったが、女子大生はアルバイト経験も豊富で接客業としては即戦力だった。
本も好きみたいだったし。
しかも美人で巨乳!(当時は巨乳なんて表現は無かったと思うが)。
…巨乳だから採用したわけではなかったが、美人だったからというのは少しはあるかもしれない。
接客業だもんね。

古書店の仕事というのは単に店番ではすまない。
大型店舗はいざ知らず、小規模店ではレジにいても買い取った書籍のクリーニングなどの仕事を地味にやる。
私が在庫チェックと棚出し商品の仕分けをしている時に事件は起こった。
ふとレジを見ると彼女が本のクリーニングをしていたのだが…。
前屈みになっていてTシャツの襟から巨乳の谷間が見事に見えていた。
Iの字型に。
…正直ちょっと見入ってしまったのだが(汗)、私に見えると言うことはお客さんにも見えると言うことで。
注意しようとも思ったが、なんと言えばいいんだ?と少し混乱した。
とかやってるうちに彼女の方が私の視線に気付いて、襟を直した。
…セクハラと思われたかな?(当時セクハラという言葉は無かったが)。
まぁ、その子とはその後も仲良くできて上記の男子と一緒に食事に行ったりとかは頻繁にあったのだが。
中卒男子にとっては私は「兄貴」で女子大生は(仕事の上では後輩だが)「姉さん」だったみたいだ。

その子と一度だけデートしたのは秘密だ(笑)。
サッカー好きな子でサッカー観戦に誘われ行ったのだが、私はサッカーはさっぱりで…。
それ以来お誘いはなかったな^^。

テーマ:日記 - ジャンル:日記