マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
蓮舫vs過去蓮舫「ブーメランの女王」動画(笑)
今日記事になっていた。

2016.9.30 18:08
民進党の蓮舫代表を追及させたら蓮舫代表が一番!? 「蓮舫VS蓮舫」に編集されたパロディー動画「ブーメランの女王」が大人気


以下引用。

 「2位じゃダメなんですか?」など鋭い舌鋒で知られる民進党の蓮舫代表。自身の二重国籍問題で発言が二転三転したのは記憶に新しいが、その蓮舫氏を追及させたら蓮舫氏が一番というパロディー動画が、動画共有サイト「YouTube(ユーチューブ)」で話題になっている。その一部を見てみると…。

 この動画は「もしも蓮舫議員の二重国籍問題を蓮舫議員が追及したとしたら(笑)-ブーメランの女王はガソリーヌでなく私よ!」と題した14分57秒の作品。テレビの複数のニュース番組を編集し、蓮舫氏を蓮舫氏が追及するという仕立てだ。

 動画の冒頭でテレビ司会者が「週刊誌やネット等の噂で、二重国籍で台湾籍を持ちながらなのか?という噂があります」と質問すると、画面が切り替わり、蓮舫氏は「いま、そのような噂が流布されることがホント正直悲しいんです」と回答する。

 すると次の瞬間、再び画面が切り替わり、国会で質問に立つ蓮舫氏が現れて、「週刊誌の報道内容は事実か確認されましたか?」と語気鋭く質問。さらに「確認はされましたか?」と重ねて詰め寄る。

 強い語調でただす蓮舫氏がそっくりそのまま自分自身を容赦なく攻め立てるように見える編集で、動画のタイトルも「ブーメランの女王」と名付けられた。9月24日の公開後、再生回数12万回以上の人気動画となっている。

 評論家の八幡和郎さんは言論プラットホーム「アゴラ」で動画を紹介。「(蓮舫氏に対する)最強の刺客はやはり蓮舫さん自身。あの切れ味で現在の蓮舫さんを追及したら、あっという間にKO間違いなし」と述べている。


↓Youtube動画。



↑のパロディ動画、政治に興味を持っておられる方には結構面白い。
ただ、ちょっと長すぎるかな…。

議員の二重国籍防止に関しては、維新の会から新たに法案が提出されるようである。
…遅すぎるぐらいだが、現行法に照らしてみても蓮舫議員が国会議員であるのは公職選挙法的にも違法な気がする。
経歴の虚偽記載と言われても仕方あるまい。
いくら本人が「私は~(過去に努力していた、父親が手続きしていた)」と言っても法的には意味は無い。
単に情状酌量の余地があるだけ(仮にそれが本当だとしての話だが)。
こんなだから「ノラリクラリオンガール」とか「脱法ハーフ」なんて不名誉な渾名を付けられるんだと思うが。

ま、ご自分の語ったことには責任を取って欲しい。
辞職するのか、公職選挙法違反で起訴されるのか…。
「二番(ダブルスタンダード)ではダメなんですか?」
と言いそうだが(笑)。

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース