マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
水木しげる氏の訃報
今朝方ニュースで知り、「あぁ、とうとう」と思った。

2015.11.30 17:30
「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげるさんが死去 93歳


以下引用。

 「ゲゲゲの鬼太郎」や「悪魔くん」などの人気漫画家で、文化功労者の水木しげる(みずき・しげる、本名・武良茂=むら・しげる)氏が30日午前7時18分、多臓器不全のため東京都三鷹市の病院で死去した。93歳。鳥取県出身。後日、お別れの会を開く。

 11日に東京都調布市の自宅で転倒し、頭を打って入院していた。

 大正11年、大阪で生まれ、間もなく鳥取県境港市に移った。早くから絵の才能を発揮し、13歳で油絵の個展を開き、新聞の地方版に「天才少年」と紹介された。

 高等小学校卒業後、15歳で大阪の石版印刷会社に就職したが2カ月で解雇。美術学校に通った。18年に徴兵され出征し、激戦地ニューブリテン島のラバウル戦線でマラリアを発病、空襲で左腕を失った。

以下略。

故人のご冥福をお祈りいたします。

ご年齢もご年齢だし、大往生かも知れない。
近い将来このニュースを目にする事になるだろうな、と思っていたら今日だったか。

水木氏の作品というとやはり「ゲゲゲの鬼太郎」がどうしても思い浮かんでしまう。
小学生の頃、本放送だったのか再放送だったのか?第一回目のアニメ化作品の印象が強い。
私もそうだが、実際漫画よりもアニメで鬼太郎に親しんだ人が殆どなのではないかな。
本来人の心の中に存在する、形の曖昧な「妖怪」というものを客観的に造形化した現代の作家として、その影響は計り知れないだろう。
良くも悪くも後の漫画を含む造形作品に多大な影響を与えているはず。

水木作品以降の妖怪漫画と言えば最近テレビアニメ化されているらしい「うしおととら」とかドラマ化された「地獄先生ぬ~べ~」などを思い出してしまうが、やはり影響は受けていたよなぁ。
現代を生きる妖怪を主人公としたTRPGの「妖魔夜行」シリーズも間違いなく影響を受けているだろう。

ディフォルメされたキャラクターが特徴的な水木氏だが、実は絵はめちゃめちゃ上手い。
絵が上手いなんて書いたら失礼だが、デッサン力がずばぬけて高いのだ。
適当なサイトが見つからなかったが↓に少年時代の絵が何作か紹介されている。

あの有名漫画家が少年時代に描いた絵、イラストまとめ

何年か毎にリメイクされるアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」。
いずれまたリメイクされるのだろう。
しかし作者の水木氏、目玉親父の声としておなじみだった田の中勇氏、ネズミ男役の大塚周夫氏、子泣き爺役の永井一郎氏、いずれも故人となられてしまった。
寂しいなぁ。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース