マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
デザイナー佐野研二郎氏、ほぼ終了か?
昨日も書いた東京五輪エンブレムの件。
昨夜は気付いていなかったが以下のようなニュースが!
…こりゃもうダメダメ(汗)。

佐野氏五輪エンブレム、原案も「パクリ」と批判噴出
2015年8月30日18時6分 スポーツ報知


以下引用。

 デザイナーの佐野研二郎氏(43)が制作した2020年東京五輪の公式エンブレムが、ベルギーの劇場のロゴなどのデザインに似ていると指摘された問題で、大会組織委員会が28日に公開した佐野氏のデザインの原案に対して、インターネット上で、「パクリの元ネタがあった」などと批判が噴出している。

 「元ネタ」とされているのは、13年11月に東京・銀座で開催された、タイポグラフィ(活字を用いて組版、印刷、製本などを行う技術)の巨匠「ヤン・チヒョルト」の展覧会で使用されたロゴ。元ネタで使われている三角と長方形と円のパーツの形や配置は、原案と似ている。色は、原案の円が赤だったのに対して、元ネタは黒となっている。

 またネット上では、当時、佐野氏とみられる人物が「展覧会いくべしいくべし。ヤン・チヒョルトもやばい」などとツイートした画像が掲載された。

 佐野氏は14日、複数のデザイナーとともにデザインしたサントリーのキャンペーン賞品が模倣だったことを認めていることもあり、今回の「元ネタ発覚」について、ネット上では「パクリ常習犯!」、「エンブレム白紙撤回しろ」などと抗議の声が相次いでいる。

 エンブレムを巡っては、ベルギーのリエージュ劇場とマークを手がけたデザイナーが国際オリンピック委員会(IOC)に使用差し止めを求める訴訟を起こし、9月22日に初公判が開かれる予定。


デザイン画像に関しては某巨大掲示板にわかりやすい比較画像があったので拝借させて頂きました。

ヤン・チヒョルト展

…先日組織委員会が公表した「リエージュ劇場のロゴとは似ていない」とした佐野氏初期デザイン。
実はヤン・チヒョルト氏の展覧会ポスターのパクリだった、という…
なんてオチだよ…

この段階ではTの字の三角に未だアールがついていない。
「似ているデザインがあるから」との審査員の判断で修正したら、三角にアールがついてベルギーのリエージュ劇場のロゴに似てしまった、と。
ヤン・チヒョルト展には佐野氏も行かれたようだし、「知らなかった、見た事もない」という言い訳はもはや通用しない。
この件があったからか、佐野氏を擁護していたデザイナー達も次々手のひら返しているようだ。
あーあ…
少なくともこの方のデザイナーとしての生命は終わったかな、と思った。
学生や同校出身の他デザイナーに迷惑かけないためにも大学は潔く辞職するべきだと思うが…

ついでに同じく某掲示板にあった佐野エンブレムに関する現在までわかっている経緯。

佐野エンブレム経緯

↑クリックで大きく表示されます。

これを見ていたら何故か「火の鳥 鳳凰編」のテーマ曲が頭の中で再生された(笑)。

「茜丸、お前はもう死ぬのです」

という火の鳥の言葉とともに。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース